亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSC03531.jpg

ほぼ、毎日CRM250Rとジェベル250XCを転がしてはいるのだが、もっぱらスーパーの買い物や図書館利用ばかりである。拙僧は四ツ輪の駐車が面倒なので日常的に可能なら単車を出すのだ。それでタウンバトルで、それなりにパワーソースを回しているんだけど、やっぱり折角のパフォーマンスはツーリングで発揮したいものだ。

SANY0002.jpg

極めて三重に近い名古屋へ嫁いでしまった友人と久しぶりにツーリングに行ったのだ。メインはR477「鈴鹿スカイライン」とR421「八風街道」である。拙僧は三重県(実際には滋賀県だった)に詳しくないので初めから目的地は聞かず、集合場所で初めて知った。なんだかパワーソースの回しがいのある雰囲気である。
集合場所は湾岸の長嶋で、拙僧の三河からだと1.5時間くらいは掛かりそうだった。なので回して向かったら40分くらいで着いてしまったな。地元の友人から言わせると、そのペースは信じられないそうだな。
アクセルはほぼ全開で、車がつまってくると90km/hくらいで車の間を抜けたり、信号待ちでアクセルを緩めて青信号になってからアクセルを全開にして右折レーンから一気に抜くという様な事を夢で想像した。夢の中くらい、いいじゃないっすか。

DSCF0013.jpg

ルートは友人の旦那さんがルーティングしてくれたので、どこをどう通ったのか全く分からないな。しかし、マメな彼のルートだから景色も素晴らしく、混雑もほとんどなく快適に走れた。ツーリングってのはいい物だなあ。
それで鈴鹿スカイラインである。ベスパ125とアドレス125の友人夫婦からは先に行かせてもらって、登りを挑戦したのだ。急こう配のフルターンの連続で、そうでなくても下手な拙僧は久しぶりの峠とあって、上手くリズムに載ることができなかった。それに減速帯が結構怖いのだ。拙僧のフロントは3年くらい前に中古で2000円で買ったD604だから、とても不安である。
それでも、誰にも抜かれることが無かったのだから、そこそこのペースで走ったのだろうか。この峠は界隈の結構な走り屋ゾーンらしいのだ。

DSCN5889.jpg

峠の駐車場で休憩をとって、滋賀県側の下りとなる。元イナズマ1200オーナーの旦那さんは「下りならイケるっすよ」とかなりやる気なので、ちょっと怖いなあ。
トンネルを抜けて暫くは急こう配と急ターンの連続だったので、ペースが上がらなかった。しかし、だんだん体がほぐれて来たのかリズムがつかめるようになり始めた。タイトな180度ターンをリーンインで曲がろうとしてフロントが滑ってヒヤリとしたが、そういう時はリーンアウトで走ればいいのだ。

DSCN1748.jpg

勾配がながらかになり、コーナー速度が上がり始めた頃にバックミラーにCBR1000(?)が写ったので避けたのだ。そしたら、その後ろにアドレス125が追いついているのである。これは困った。拙僧は単車を速く走らせることにそれほど関心はないのだが、流石にアドレス125に舐められるのは痛い。

拙僧が困っていたのは道を知らないのでコーナーの先がどうなっているのか分からないからペースが読めないのだ。そこで先ほどのCBR1000に先導してもらうことにした。CBR1000がコーナーの入り口でブレーキをかければコーナーの先はタイトだし、ノーブレーキならイケるということだから更にアクセルを開けて単車を寝かせればいいのだ。フロントのD604は心配だったが、リアは最近交換したGP-210なので安心である。もっとも、拙僧がイイ加減にはめたモノなので過信は禁物だが。

CBR1000氏も本気で走った訳ではないだろうが、そこはパフォーマンスが全く違うからアクセルは極めて全開でないとついていけなかったな。しかし、エンジン(パワーソース)を思う存分回してやったのは楽しかった。

オイルはモチュールの5100を奢っており、’96のクタビレたジェベル250XCも気持ちよく回せた。

P1110972.jpg

ひとまずアドレス125の旦那さんに面目の立つ走りが出来て良かったな。彼に言わせると前後のサスペンションが大地震のように上下に暴れまくっている状態で臆もせずコーナーに突入する拙僧の走りはそれはそれで驚愕だったそうだ。規制前の31馬力のジェベル250XCのパワーソースなんだから速いのは当たり前なのだ。例え状況は悲観的でも不都合は人間の力量で解決するのである。

すっかりと晴れた9月の素晴らしいツーリングだった。
コーディネートしてくれた友人夫婦に感謝である。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

Rikkie師匠 若ぉすなぁ^^;)。

  • 2014/09/22(月) 14:22:13 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋連合兵科教官殿。

いやあ、こういうのは大人げないですよ。
でも、体力が落ちて単車がガレージから押して出せなくなったら寂しいでしょうねえ。

  • 2014/09/22(月) 23:53:23 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR