亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN1078.jpg
(春季名古屋中古カメラ大バーゲン市戦役の戦利品の一部)

 このところ、カメラやレンズの新規確保のペースが落ちている。先日の春季名古屋中古カメラ戦役でも、カメラやレンズよりはアクセサリー系の大量確保にモチベーションが上がってしまったな。ビスカワイドを手に入れた充実感と比べちゃったら、500円だろうか750円だろうがペンタックスMEとかキヤノンAE-1なんて感心がなくなっちゃうよな。結局、電池をつめたら動いたので買っちゃったけど。

DSCN0959.jpg
(書籍系も最近割と買ってしまうな)

 師団装備も充実どころがオーバーフローして師団長兼小紅旗が深刻にご立腹で粛清の嵐が吹き荒れている。兌換性の高い高画素デジカメは処分が進んでいるし、残っているのはガラばかりが大きいフィルムカメラなので減ったよう見は見えないんだな。ネットオークションだってタマしか見ていないんだが。いや、履歴を見るとペンタックスSPが1円とかミノルタハイマチック7とかを1円落札しているなあ。それが、同じセラーだったりすると、相対的に送料を安くしたいから、マミヤEEとかリコーAD-1とか追加してしまうので、あっという間に増えてしまう。それでも、最近はカメラはあまり見ないのだが、暗室用品はちょくちょく見て、こないだは藤本の引伸ばし機であるラッキー90M用のガラスキャリアを落札し損ねた。落札時間が深夜だったのでリアルタイムに対応できなかったのである。何せ、家庭内小紅旗が起床なさっているから迂闊にPCなど開けない。ラッキー90MS用のガラスキャリアは、手持ちを割ってから探し始めて5~6年経つ。帰京の際に必ずフジヤカメラと日東商事を覗くのだが、全く発見できない。すでに確保は絶望的だが仕方ないな。

DSCN1176.jpg
(バックを整理していて入れっぱなしで忘れていたフィルムやバッテリーが出てくるのはよくあることだ)

 カメラやレンズは使い物になるものが幾つもあるが、カメラバックは意外とフィットするものが見つからないのではないだろうか。カメラバックもジャンクで300~500円で転がっているから、中古カメラ市などで大量のブツを確保すると、紙の手提げ袋で運ぶのが面倒でカメラバックも買っちゃうから、やっぱり数は増えるのだ。カメラバックにブツを積めておけば、家庭内ヤードでも移動が楽だしな。しかし、戦場に携帯するカメラバックは限られている。実際に使ってみて不満の無いカメラバックは少ないのだ。

DSCN1182.jpg
(このバックは状態はいいのだがサイドポケットが無いなど使い勝手がイマイチなのだ)
(なので移動式カメラボックスになっている)

 カメラバックもリュックサック型と肩さげ型のバックに2分できるな。ウェストバック型もあるが、どちらかというと登山とかツーリングとか、撮影とは別の目的から派生したものが多いと思う。アルミ製の丈夫なバックも今回のブログでは除外したい。拙僧の場合はトヨビュー専用で、苦労してしぶしぶ運ぶ時しか使わないからな。リュックサック型は両手がフリーになるので当初は重宝していた。拙僧は日常的に使うのもリュックサックで、手にセカンドバックを持ったりしない。これは常時、敵の急襲に備えるためだ。これだと、そこそこ重い機材でも歩けるのだが、海外では背後から奇襲を受け、中身を盗まれる可能性がある。実際、拙僧が海外でリュックサックを使う場合も、バック側を前にして使っていた。特別おかしな使い方ではなく、バンクーバーでは普通に白人もそうしていた。日本ほどセキュリティーがしっかりした地域は無いのだ。また、リュックサック型は、拙僧のように1ダースのカメラ・レンズを場面ごとに使いまわす場合には、背後のブツを取り出すために一度バックを下さなければいけない。これは運用上の脆弱である。リュックサック型も3~4個は転がっているのだが、現在の稼働は殆どない。

DSCN1171.jpg
(リュックサック型も幾つもある)

 拙僧の装備で多いのは肩さげ型である。小さいのは一眼レフ+レンズ2本とフィルムが入るくらいの大きさから、マミヤRB67+レンズ2本とライカ判一眼レフカメラ+レンズ3本、それにコンパクトカメラ2台と十分なフィルムを詰め込むことが可能な大きなものもある。前者はブランドは様々だが、大型のカメラバックだと、春季の中古カメラ市戦争で「f64」ブランドの物を手に入れてチョット嬉しいのだ。今では知らないけど「f64」ブランドのバックは大判カメラのキャリーを考慮したバックとしてフィルム時代には知られていた。比較的高額なカメラ雑誌の裏表紙に本気度の高い広告があったものである。大判カメラのレンズがF64まで絞ることが出来て、シリアス写真家の中でムーブメントになったらしい。そういう経緯があり、「f64」ブランドは高級ブランドだったのだが、かなり使い込んだ物が1500円だったのだ。拙僧は北京や上海以外では滅多に値引き交渉をしないのだが、その時は1000円に負けてもらったな。中古カメラ市戦争も末期で、そこのセラーで大量の残り物のアクセサリーやジャンクカメラを買ったのでサジ加減をしてくれたのだろう。お蔭で帰りのフェリーも楽になった。

DSCN1153.jpg
(f64のバック。中判一眼レフや多くのカメラを積みこめるが、フルに活用したら重くて拙僧だと動けなくなるな)

 バックの肝心は幾つかある。まずはポケットだが、やはりそれなりに多い方が良い。ビジネス用文具ホルダーや衣料品だと、スリットを切ってジッパーがついているだけで使い物にならない場合があるが、カメラバックでは少ない。しかし、ポケットにジッパーやベルクロ(面ファスナー)でロック出来ない物が意外と多く、そういうのは必ずバックが逆さまになった時に、ポケットに入れていたアイテムをばら撒いて後悔する。撮影に夢中になると、バックの向き何て考えていないし、海外旅行やツーリングでは様々なシチュエーションが考えられる。だから、ポケットのロックは必須だ。シグマやタムロンの小型のバックで適度なサイズのモノがよくハードオフなどで格安で出るのだが、ポケットのロックを満たしていないモノが多いな。また、バックの前面にポケットがあっても側面に無い物がある。これはかなり重要な要因なのだが、カメラバックはカメラやレンズを入れることしたか考慮していない。なので、食べ物とかガイドブックを入れようとすると、途端に入れ場所が無くなってしまうのだ。特に、ペットボトルの入れ場所は重要であり、大抵の場合はバックの側面に設置したサイドポケットに入れる。これが有ると無いでは大違いである。ここを省略したデザイナーは夏の海外旅行の撮影経験がないのだろう。

DSCN1169.jpg
(この程度の小型バックがスマートだと思うのだが、拙僧はやたらとカメラの数を増やしたくなるので足りない)

 忘れがちなのはバックの内側のメッシュ部分である。ここのコンパクトデジカメの予備記録媒体とか予備バッテリーを入れておく。場合によっては小型コンパクトデジカメを入れる場合もあるな。そんなこんなでカメラバックは意外とニーズにパーフェクトに応えるモノがないのである。

DSCN1187.jpg
(このバックは割と考えてデザインしており、稼働率が高い)

 今回、カメラバックを真剣に検証したのは7月に発動するイタリヤ上陸作戦の装備である。拙僧も妻も欧州の経験がない。とにかく気をつけなければいけないのはスリや掻っ払いが多いというのだ。そんなのは北京もウルムチも同様なのだが、連中の仕事は手が込んでいるらしい。複数の欧州経験の多い方から、かなり真剣に助言を頂いたのでシリアスなのだろう。とはいえ、拙僧も好き物だからコンパクトデジカメ2台という訳にはいかないよな。しかし、師団長からも厳命を受けているのだが、今回の装備は軽量にしなければならないだろう。

DSCN1174.jpg
(こんな若気の至りのワッペンが)

 それで露骨にカメラが入っていると分かるようなカメラバックではなく、カジュアルなモノを探していた。しかし、前述のように気の利いたカメラバックは少ないし、あっても新品は普通に1万円くらいするから拙僧の調達能力を超える。そんな時にハードオフで見つけたのがタムラックである。これなら一見、普通のバックに見える。価格は2980円と拙僧にしては痛い出費だったが、妥当な線だろう。

DSCN1195.jpg
(ちょっと色あせているけど、しっかりした物件)

 イタリア上陸作戦でのカメラ・レンズ編成はまだ決めていない。中判カメラは諦めたのだが一眼レフカメラも難しいかもしれないな。このバックで無理なく運用できる編成を検討中である。

DSCN1209.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ご無沙汰しています
今回の記事、とてもタメになります
カメラ用バッグ、欲しいんですけどね

色々ハードルが高くて持ってないです
欧州旅行、楽しんできてください!





  • 2014/06/15(日) 23:23:03 |
  • URL |
  • キシヤン #-
  • [編集]

どもども、キシヤン殿。

カメラバック選びは兎に角、500mmlのペットボトルとおにぎりの入るスペースがあるかが重要ですね。この辺り、余裕がないのが多いんですよ。

欧州上陸は一眼レフは諦めかけています。
呑気にファインダーを覗いて50mm以上のレンズでフォーカシングはムリな気がしました。

コンタックスT2とリコーGR10に、もう一台、安めのズームレンズ小型コンパクトカメラを加えたいのですが。
ティアラズームかなあ。

  • 2014/06/16(月) 00:37:26 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR