亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN8818.jpg
(到着早々から、このような状態に。幸先が悪いなあ。)

諸般の事情から名古屋へ赴いていた。特に作戦の予定も無く、当面の戦闘は回避が基本的なステータスだった。そうは言っても、折角、名古屋まで足を運んでいるのだから、敵情偵察を全くしないという訳にはいかないよな。それに、幾つかの「早急に処分すべし」とした兌換性のありそうなカメラをさっさと使って手放したいし。しかし、拙僧のドニエプル(BMWのRシリーズのコピー)装備の偵察隊は伏見の小教皇領の玄関口で神聖名古屋中古カメラ同盟の戦争発動を知る。しかも開戦は9月18日である。って、今日は何日よ。ああ、17日じゃないか。ええっ?明日からジャン。

DSCN8820.jpg
(こいつが稼働状態になるのは気が遠くなるほど先だな。)

東京長征では限定的な時間と戦力ながらも満足な展開を得た。その後、当面は総力戦となる様な大戦、或いは戦役は無いものと思っていた。名古屋での諸公侯と教皇領、及び共和国軍の全面戦争は歳末まで動きはないものと予想していた。なので、長征から帰投後も、「レンズの絞りが悲観的なコンディションのペンティナ」とか「絞りが動かないので、継続的にベンジンを投入して続けたら、最近は安定してきたニコレックス」とか「外観はボロボロ、ひとまず撮影は出来そうだが、1/100より速い速度だと変化してないような気がするエディクサ」とか戦略的な成果と結びつかない消耗戦でイタズラに戦力を消耗していた。それで、拙僧の師団も組織的な作戦に動員されるとは予測していなかったから、帝国主義者の「開戦の詔勅」は寝耳に水だった。幸いしたのは、ネットオークション機関から纏まった数の戦車と兵員が動員可能であった。それでも、師団の定員には届かないのだが、1回ならば組織的な戦闘が行えそうだった。

P1030062.jpg
(戦場はこのビルディングの8Fである)

名古屋における戦役は伝統的には梯団を組み連続2次攻撃をポリシーとしていた。つまり、開戦初日の第1次攻撃では損害に構わず「スイートなブツ」を確保し、週末を越えた第2次攻撃で「半値ジャンク物」を大量確保する。しかし、今回は動員した兵力からして作戦は1度しか行えそうになかった。なので「初戦で撃破」か「追撃戦で敵抵抗力の無力化」を決めなければならない。三河駐屯地へ向かう名古屋鉄道の車内で拙僧は閣僚と複数のシミュレーションを試みた。当初は週末を見送り、戦争終盤に落穂拾いのような消極的な攻撃を考えていた。しかし、名古屋では貴重な大戦であり、関東や関西の諸公侯兵力が終結する機会は滅多にない。なので、戦力は限定的ながらも、開戦初日、初動起動攻撃で「そこそこスイーツなブツ」を確保し、ジャンク小公主領には一切目をくれずに撤退と決めた。開戦前日は飲酒も控えて、師団のコンディションを維持した。

P1030064.jpg

開戦当日、拙僧の師団は少し出遅れた。開戦は10:00であるが、師団の先鋒隊の到着は10:30になりそうだった。これは拙僧も迂闊だったわけではなく、なにしろ昨日の今日で急造で編成した師団だから、急激な展開で貴重な戦力を浮足立たせたくなかったからだ。それに、東海地区の諸侯勢力がいかに領地に飢えていようにも、ボーナス供給から1カ月以上も経過しているのだ。諸侯勢力の戦争継続能力も限定的なのではないか。拙僧は、そう予測していた。つまり、迂闊だったわけだ。

P1030065.jpg

拙僧のオートバイ隊とBRDM-2で編成する偵察部隊が前線に到着した時、拙僧の呑気なプランは一気に粉砕された。凄まじい打撃戦なのである。エスカレーターで戦場に到達するや、複数の師団から軍団規模の戦闘部隊が激しい戦いを展開していた。名古屋中古カメラ戦争においては、諸公侯と教皇側の陣営はほぼ確定しており、ジャンク戦闘が最も激しい地区は入り口と、奥手右壁である。最も熱い入り口付近の戦場では封建主義陣営も共和国軍も乱れており、戦場の奥の方は確認もできなかった。我師団の主力が鉄道輸送を完了する前に作戦を変更しなければならない。

P1030068.jpg

既に初戦を展開した共和国軍の部隊が樹脂製のカゴを傍らから外さず、端からジャンク物件を確保していた。拙僧の師団も色めきだった。よくよく考えれば「スイートなブツ」なら、適切な価格帯で新宿か中野、或いは有楽町で確保した方が遥かに良い。総合的には出血量も抑えられる。今できるのは限定的な戦力ながらも迅速に展開し、「名古屋の田舎者の目から逃れた将来の花」の確保だ。師団のポリシーを打撃突破からジャンクゲリラ戦にシフトしたのだ。

DSCN8353.jpg
(参考:トリオプランを搭載したバルダ。)

まず目についたのはヤシカルーキーやビューティ―フレックス、プラウドIII(コミナー付き)それにバルダックスと言った中判モノである。価格はそれぞれ2000円である。ヤシカルーキーはいずれ欲しかったのだが、なにしろヤシマールは幾つも転がっているしなあ。プラウドも迷ったのだが、蛇腹に穴が開いていた。拙僧の工兵隊で何とかなりそうだったが、逡巡。バルダックスが関心深かったのは、レンズがF2.8だったのだ。ブランドがバルダナーだった気がするのだが、よく覚えていない。テッサーやトリオプランではなかった。そこが、拙僧にとってはスーティーだったのだ。テッサーやトリオプランなら既に確保してあるしな。蛇腹は大丈夫のようだが、あまり大切にしていなかったのは確かでボロボロ。レンズもカビや汚れが確認できたが、分解しなくても大丈夫そうだった。シャッターもひとまず切れたのだが、名古屋の地方公侯なら簡単に相手にしないと思ってその場は後にした。

DSC_0152.jpg

中判モノの確保に躊躇したのが、拙僧のフィルム輜重の変化であった。拙僧の大陸からの補給元である楽凱(ラッキー)がとうとう民生フィルムの製造を終了したのだ。なので120判もライカ判も、廉価で安定したモノクロ供給元を失ったのである。更にコダックが120判TMAX400の製造も終了してしまい、キタムラで確保できる120判モノクロフィルムが事実上アクロスだけになってしまった。アクロスに不満があるわけではないのだが、以前よりは120判フィルムの運用に制限を生じるだろう。なので、現段階で中判モノを増やすのには抵抗があったのだ。

Image06_01.jpg

しかし、戦争と税務署は待ってはくれない。まずはライカ判カメラで橋頭堡を築くことにした。右壁ジャンク領に辿り着いた師団はリコーのスーパーショット2.4に遭遇する。これは「シャッターがお亡くなりになっていなければ奇跡」と言われるスーパーショットと基本的には同じスタイリングのボディに常識的な機械式シャッターとF2.4の「そこそこイイ」レンズを組み合わせたものだ。イギリス人の水平対向エンジンのコピーは無理と悟って、T-64をベースに手堅くまとめたT-72のようなものだ。スーパーショットの「リノケン43mmF1.7」の圧倒的な打撃力には叶わないが、ダイヤフォーカスというユニークなギミックを搭載している。今回は説明を避けるが関心深い物だ。勿論、効果は疑問な代物だ。シャッターはちゃんと切れてファインダーも綺麗。ダイヤフォーカスも「動く」ことを確認した。1000円の出血なら確保だろう。ただちに多連装ロケット大隊による制圧と共に空中機動急襲部隊を投入して確保だ。

DSCN3591.jpg
(参考:リコーオートショットもあったのだが、リコーのゼンマイ物は幾つも確保してあるので接敵を回避。)

1000円のキヤノンT-90も色めき立った。しかし、絶対に完全ジャンクだろうな。それでもネットオークションで売ればジャンクと知っていても3000円くらいで処分できそうだ。しかし、師団将兵の戦意維持のためには、そういう出血は避けた方がイイだろうな。勿論、そのT-90は速やかに無くなっていた。ヤシカルーキーも目の前で共和国諸兵に奪われたが、師団の消耗を防げた理由には適切だった。暫く、善戦を続けたていたバルダも地方諸軍に確保されたようだ。やはり、現在の我が師団ではヒンジ金具がギシギシ音を立てる中判目測蛇腹カメラの運用は展開しない方がイイだろう。同様の事情からプラウドIIIも諦めた。コーワのカロ181が3800円で相当関心深かったんだけど、あちこちミシミシいってすごく怖い。ひとまず、シャッターは切れるんだが、リングというリングが鬼のように固く、特に感度を設定する思われるリングが正常と開思えない廻り方をするので退散した。ちょっと、惜しかったかなあア。でも、あれは使い方を知らないで無理に動かし続けたら確実に壊れるな。

DSCN9307.jpg

戦果は下記の通りだ。

リコー オートショット2.4ダイヤフォーカス
ペトリ プレスト
ミノルタ M3
コニカ ヘキサノン35mF2.8(旧ロゴ、ARマウント)
サンマーキュリーの電池 MR-9の代用品(中国製)x2
マミヤ セコールC 180mmF4.5(バルサム切れ、RBマウント)

ペトリプレストは拾いモノではないだろうか。一応、露出計も生きているようだ。初めはどこにも巻き上げレバーが無いので、分解ジャンクかと思った。こいつは巻き上げレバーがボディ底部にあるのだが、どういう訳かペトリ7(1.8)のケースに無理やり入れてあったので、セラーも気づかなかったのかもな。このセラーはジャンクの割には異様に高いのだ。こいつだけ1000円と妥当な価格帯であった。ミノルタM3は既に師団には予備も含めて配備済みなのだが、かなり綺麗な個体で500円だったので確保。ヘキサノンはロゴが旧活字体だったのでコニカFマウントだと思ったのだが、ARマウントだった。こいつはジャンクと言うよりはB級品の扱いで3000円と安くは無かった。しかし、スタイリングとロゴが旧態然としていて、もしかしたらコニカFマウント時代の光学系を継承しているのかもと思うと、魅かれたのだ。同じショウケースに転がっていた52mmF1.8付きFTAのレンズを勝手に外して動作チェックをして確保。ちなみに、ブースは名古屋民族系セラーで、先ほどの52mm付きのFTAは8000円のプライスタグをつけていたよ。高けえよ、はっとりカメラ。

DSCN9440.jpg

気づけば、時計は12:00を回り戦場を後にしたのは12:30だった。緒戦で打撃力を発揮し、迅速に撤収という当初の作戦は完全に覆った。しかし、定員に満たない師団戦力の割には、よい戦争だったな。そのまま、戦場である栄から三河に撤収してもよかったのだが、大須観音まで転戦してスナップ攻撃を行う。セコール180mmF4.5は中古カメラ大戦の戦場で確保したのではなく、爾後の転戦先であるコメ兵帝国との小競り合いの中で確保したものだ。以前から存在は気にしていたのだが、20%引きセール作戦をコメ兵帝国が展開していたのだ。前玉周辺にバルサム切れが確認できるのだが、それで写真が下手ならレンズのせいではなく、拙僧が下手なのは明白だ。1600円なら相応と思い確保したのだ。

DSCN9309.jpg

ちなみに、サンマーキュリーの電池はMR9と書いてあるが確実にアルカリ電池だろうな。1.5Vとも書いてあるし625Aとも書いてある。裏面はハングル語で埋めているが中国製だ。この電池のマークは見たことがあって、LR44の物は一度使うと電撃的に膨らんで使い物にならなくなる。それでも、急場しのぎにはなるし、150円なら確保してもイイだろう。カメラバックに常備してけば、不測の事態に対処できるかもしれないしな。

DSCN9311.jpg

例年なら、名古屋では歳末に大戦を控えている。今度こそ、師団をまともな編成として維持しなければなのだが。そういう今日も、ツマらんモノが届いて頭を抱えているのだ。バグラチオンの成功はいかに。

DSCN9458.jpg
(例のモーターマチックからモーターと露出計を省いた安物だと思われる。詳細は不明。)

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

お疲れ様です。
忙しくて忘れてましたが、そういえば私も初日参戦でしっかりしたペンタ67の200mmf4とあとはゴミを持って帰ってきてました。
着実にバケペンのシステムが大きくなってます。

  • 2013/10/03(木) 20:20:34 |
  • URL |
  • まさ #jYbOzkUY
  • [編集]

はじめまして

こんばんは
はじめまして、色々回っていたらコチラに辿り着いた初心者です
僕もたまたま初日に出かけました
予算も度量もないので、アクセサリーのみ買い求めました
レンズフードとレンズキャップの購入で大変満足しました

楽しいHPですねー(物量に圧倒されています)
それではまたm(_ _)m

  • 2013/10/03(木) 21:06:58 |
  • URL |
  • キシヤン #-
  • [編集]

どもども、まさ殿。

ペンタックス200mmF4は姪の運動会で活躍していますよ。ポートレイト撮影だと、寄りが今一歩なのですが。写りもパリッとしていますよ。線も細すぎず太すぎず、理想的なタクマーですね。

やっぱり、機動的な中判カメラとなるとペンタックス6x7(67)ですよね。
拙僧も、夏季の東京遠征でタクマー150mmF2.8を確保しました。165mmF2.8と、撮り分けが楽しみです。

  • 2013/10/04(金) 09:52:17 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

どもども、キンヤン殿。

御来訪ありがとうございます。

本ブログは、あまりリコメントやヒット率にこだわらないで、厄介なことを厄介に述べのがポリシーなのですが、流石に「コメント0」はうろ立ていました。コメントは本当にうれしいです。

中古カメラ大バーゲンのセラーはちょっと高いので、普段手に入らないアクセサリーに集中するのは、正しい戦い方という気がします。東京も中古カメラ市は場所代を含む都合上、ちょっと高かったと記憶しています。

当方の稚拙なHPもご覧いただき、ありがとうございます。
よかったら、メインブログもお立ち寄りください。

意してプラカメ拾う者なし
http://rikkie.air-nifty.com/

  • 2013/10/04(金) 09:59:58 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

Rikkieさん、私はタクマーではなくて寄れる方の67を買いました。
タクマーは最短が2.5mですが、67は1.5mまで寄れます。
今回数本あったんでいくつも見比べてじっくり考えることが出来ました。
165mmと迷ったんですけどね、165mmは1つしか見つけられなくて高かったんで200mmにしました。
あとはそのうち300EDを。。。と考えてますが、これはすぐに嫁にばれますね。

  • 2013/10/05(土) 21:54:25 |
  • URL |
  • まさ #jYbOzkUY
  • [編集]

どもども、まさ殿。

ありゃりゃ、67用は寄れるんですか。1.5mだと迫力のあるポートレイトが撮れそうですねえ。ちょっと悪いことを聞いたかなあ(笑。

300mmも欲しくなりますよね。姪が運動会に誘ってくれるうちにはと思うのですが。でも、運動会くらいしか使わないだろうから、姪が誘ってくれなくなったら稼働しないでしょうしねえ。

ちなみにペンタックス6x7(67)で最大の効果を得るなら45mmF4だと思います。
これの近接ポートレイトはシビレますよ。

  • 2013/10/07(月) 09:02:20 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR