亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

Image4.jpg
拙僧は出来の良い人間ではない。かなり残念なレベルだろうなあ。それでも通したい筋はあるものだ。例えば嘘をつかないとかだな。なんだか小学生のルールだが、別に拙僧が良い人間と見せたいのではなく、拙僧の記憶能力や状況把握能力からして、嘘をついたら憶えているのも難しいし、簡単に整合性を失うだろうな。嘘はリスキーな戦術なのだ。だから、拙僧は誇張したり誤解を招きそうな表現をするが、全くの嘘はつかない。同じように拙僧は隠れてこそこそ悪口を言うのが嫌いだ。これは不要な恨みを買いたくないのだが、もっと困るのは悪口を言うことで不安定な派閥に組み込まれたくないからだ。拙僧は自分自身が不安定なので、なるべく簡単には敵対とも同志とも思ってほしくないのだ。理想的にはフェアでありたいが、実際のところ面倒くさいから立ち位置を確定したくないのだな。無論、拙僧のWeb上の画像やコンテンツを見ていただく方は友人であり、尊敬する先輩である。そういう環境下で友人のネットワークに加えていただくのは光栄だ。拙僧の言うのはあくまでも「悪口を言うことで団結する」程度のセクションは関わり合いになりたくないということだ。

DSC_0074.jpg

普段から名古屋の中古カメラ屋をけちょんけちょんに言っているのだ。もしも、買いたいカメラが5万円くらいなら、新幹線代を出しても東京の中古カメラ屋に行った方がイイ。本音を言うと拙僧なら3万円くらいでも東京に行くな。それは拙僧が東京遊びが大好きというアンフェアな評価も含めてだが。そうなると、東京に行くには面倒なら東京の中古カメラ屋のネット通販が現実的だろうか。例えば、MAPとかは高いわなあ。でも、市場やBOXで人生を選択するような集中力で品定めをするのは、誰にでもお勧めできる方法ではないな。正直言って、そんなカメラに人生を投入しちゃう人間になるくらいなら、高めの金を払う方がマシだよなあ。キタムラのネット中古もひとまず安心できると思うな。なので、名古屋の若い連中から中古カメラやレンズに関して相談を受けた時には、東京のネット通販かキタムラのネット中古をお勧めする。名古屋のカエルカメラなんてのは論外よ。そこんちは、高くて汚くて確実に壊れているからな。それは事実なんだけど、ネットで一方的に言っているのは「隠れて悪口を言っている」という感覚があて、あんまち気持ちよくないのだ。パナソニックやソニーなら、相手がデカすぎるので向こうも拙僧の様なムシケラを相手にはしてくれないだろう。でも、カエルカメラならなあ。拙僧だってコケにしたいのではなくて、名古屋でも辛うじてカエルカメラでなら手に入るブツとかもあるのだ。110判のモノクロネガとかね。安くはないけどイルフォードの感材だって置いてある。なので、長く良好な関係を保ちたいものだ。キタムラじゃイルフォードは手に入らないのだ。

Image93.jpg
(コンテッサLKE”テッサー”を使用。肝心のモデル撮影会で使うカメラではないよな。)

昨日、カエルカメラのモデル撮影会に参加した。流石に晩夏のファミリー牧場なので水着モデル撮影と言う訳にはいかないな。いや、拙僧は小物なので本当にモデルを家族連れの目前で水着にひん剥いたらどうしようと思ってはいたのだが。本来なら、そのモデル撮影の結果を報告したり、実際の撮影写真や画像を掲載したい。拙僧の理屈をこねたツマラナイ文章よりも、皆様も遥かに関心があるだろう。しかし、今回は順延させていただきたい。というのも現在(9/2)には一部のモノクロネガの現像も終えているのだが、その辺りは別枠で設けさせて頂きたいのだ。拙僧の都合で申し訳ないのだが。凄まじく悪天候だったりメキシコ人と喧嘩をしたり、複数の報告事項があるのだが今しばらく時間を頂きたい。拙僧も覚悟を決めてISO3200のイルフォードを用意したのだが、幸にもISO400で事足りたな。我ながら、そこまでしてフィルムで撮りたいかと自問自答したのだが、大したデジカメが無いのでねえ。シグマDP-1とか絵作りは素晴らしいけど、あれはあれでちゃんとしたAFや高感度モードが必要な悪天候下のモデル撮影には都合が悪いし。

PICT0052.jpg
(けっこうな降りっぷりだったんですよ。)

今回、話題としたいのはカエルカメラなのだ。撮影会は名古屋の民族系バスツアー会社の貸切ツアーの体であった。拙僧は図々しいオヤジなので席の最前列席を陣取ったな。本来はカエルカメラの同行スタッフと「写真の先生」の席なのだろうが、知ったことではない。観光バスの最前列席の前には「稼働したのを見たことが無い」冷蔵庫があって、それをテーブル代わりにカメラ・レンズをチェックしたのだ。つまり、前回のビーチモデル撮影会の教訓も無為にして、ちゃんと稼働するかどうか怪しい装備で実戦の投入となった。勿論、ちゃんと「駄目かもしれないカメラ」は「駄目」だったのだが。カエルカメラの同行スタッフは前回と同じだった。向こうも「ペンタックス6x7を主軸として1ダースのカメラやレンズを展開する茶髪の年齢不詳のアロハ男」は覚えていたらしく、極めて友好的だった。拙僧の後席に座ってらっしゃたのだが、「写真の先生」に

「この方は有名なんです」

PICT0058.jpg
(”ジュリー”ですよね、このポーズは。別に平成生まれの方に分かって頂かなくても結構。)

と紹介されたのだが、カエルカメラの撮影会の参加は今回で2回目なんだがなあ。もしかしたら、値付けの高いカエルカメラの中古/ジャンク物の中でも、ひとまず使えそうな例外的に安いブツばかりを拾う要注意人物として、カエルカメラないでも警戒されているのだろうか。しかし、コニカARマウントのサンアクション28mmF3.5なんて、1998円でも疲労のは拙僧くらいぜよ。大幅に時間軸を省略して撤収時の話だ。拙僧は後席のカエルカメラの同行スタッフに話しかけたんですよ。あなたはカエルカメラの中古コーナーは担当外ですか?

「担当ではないですが、責任のある立場です。」

P1010121.jpg
(びしょびしょですわ。よくキヤノンの白レンズなんて雨に曝せる方がいらっしゃるなあ。)

と仰るのだな。なので拙僧は話したのよ。あの中古コーナーのカメラって実際に手に取って使ってみたことはありますか?あの物件は殆ど壊れているよ。特に海外製の中級レンズシャッター機。国産のレンズシャッター機も壊れている方が多いですねえ。あと、ペンタックスのMF一眼レフは全部壊れていますな。委託だから?いや、そういうことではないです。委託だろうがショップ保証付きだろうが殆ど壊れている。レンズだったら無視できないクモリがあるとかねえ。いや、1万円とか2万円の物件は知らないっすよ。そんなカメラは絶対に買わないしねえ。それに、今どきビトーBが1万円以上は高過ぎよ。だって、今日持ってきたコンテッサLKE(テッサー付き、こういうカメラを肝心のモデル撮影会に動員する拙僧ってキュートだなあ)なんて、新宿に帰った時に買ったんだけど、1週間の保証がついて4200円すよ。今日は持ってきてないけど革ケース付き。ここの軍艦部についている傷は、今日拙僧が落下して付けたもの(泣きたいよ、本当に)だから、買った時はパーフェクトなコンディションだったのよ。露出計も距離計もね。

「その話はぜひ聞かせてください。」

DSC_0150.jpg
(最後のツーショット。)

と、穏やかながらも真剣なのよ。例えばさあ、あの中古コーナーに委託で置いてある1年くらい不動のペンタックスSPとかME、あとミノルタのSRシリーズもかなあ。1500円くらいじゃないですか。あれが売れてもカエルカメラさんの利益は150円とか300円とかですよねえ。もう、商売にならないじゃないですか。ペンタックスSPとかミノルタSR-1やSRT101なら買う時に壊れていれば分かるけど、ペンタックスMEは撮ってみないと分からないじゃないっすか。あっしはイイっすよ。オート絞り不動のオートレビュノン50mmF2だって2000円なら安いと思って買うから。マニアル絞りで使えばいいしねえ。でも、6000円越えなのに絞りが全く動かないポルスト135mmF2.8は問題じゃないっすか。いや、拙僧なら問題ないですよ。ジャンク半額セールで500円のミノルタX-500だって、博打気分で買うから。夜店の露天商のくじ引きよりもよっぽど期待が持てるしねえ。でも、このデジカメ時代に今更フィルムカメラを買いたい若い連中もいるじゃないですか。連中は「店モノ」と「委託品」の違いなんて、幾ら掲示してあっても理解できないっすよ。1500円で買ったカメラが壊れていたら騙されたと思いますよ。別に安く売れって言っているんじゃないんですよ。1500円の委託品のカメラなんかでカエルカメラさんのブランド力が落ちるのは惜しいじゃないですか。リスキーですよ。日本人は言わないけど、1500円のカメラで騙されたと思ったら二度と来ないですよ。新品のデジカメだって買わなくなりますよ。今ならネットコミュニティ―で瞬く間に評判落ちまくりじゃないですか。1500円でブランド力が落ちるのは割に合わないっすよ。この際、1500円のペンタックスES(多分、露出計はダメだろう)も、2100円の凄まじいカビのMDロッコール50mmF1.7も、空シャッターも切れない6000円のブラウンパクセットオートマチック、あとフォーカスリングがピックリも動かない4000円台のエキザクタマウントのエナ35mmF2.8も全部捨てましょうよ。「カエルカメラは高いけど大丈夫」っていう方が遥かにブランド力が維持できて儲かりますって。今の若い連中は可処分所得は低いから単車や四ツ輪は買えないけど、カメラやレンズは金を払いますよ。5~6万円くらいじゃないですか。それなら払えますから。今の若い連中は知識は豊富でスキルもあるんだけど、メンタルダメージには著しく弱いんすよ。「肖像権」とかメンドくせーことを気にしてスナップも撮らなければ、撮影画像の露出なんてしないんですよ。「カフェ会」でミラーレス一眼の液晶ビュワーの映し出した画像を見せ合っている。金になる価値観は「人間的な信頼感」なんすよ。

DSC_0158.jpg
(”ドラゴンボール”っていう、写真のスタイリングがあるらしいんですわ。”かめはめ破”ですか。拙僧はそういう子供だましは好きではないのだが。)

正直に言うと、「今の若い連中の可処分所得」以降のくだりは、そこまで率直には言わなかった。でも、そういうファクトを伝えたのは事実である。例の「カフェフォト撮影の為に5万円のマクロレンズを買う」とか「今更、フィルムカメラに関心を持つ若い連中はモチベーションは高いが極めてナーバス」とか具体的に伝えたよ。そうしたら

「Rikkieさん。その事実は全く把握していませんでした。今後も是非、教えてください。」

と、にこやかながらも慎重な表情で言ってくれたので、サービストーク以上のコメントとして認識していいんじゃないだろうか。店的にも不確定な事情を教えてくれたし。拙僧としても「一方的なネット上の悪口」なのではという不快的な感触を解消できてよかったわあ。ちなみに1990年代ならニコンのようなパワーメーカーも、拙僧の様なチンピラの言うことをひとまず聞いてくれるシチュエーションは用意してくれたよ。ニフティの「SNIKON」の時代ですな。残念ながら、当時のニコンの薩長主導の強権的な組織では殆ど生かしてもらえなかったようだが。ペンタックスのサービスステーションの女子の制服が確かピンクで可愛かったなあ。今は無いだろうなあ。

P1010123.jpg
(こういうカメラを肝心なモデル撮影会で動員するって、拙僧もスイートだなあ。)

今回のブログはセンテンスを短くと思っていたのだが、やっぱり長くなったなあ。拙僧の不徳の至りである。ラストに付け加えさせていただきたいのは「写真の先生」である。拙僧は自分が卑しいので、およそどのようなジャンルでも「先生」と呼ばれて喜んでいる方は敵対的なのだ。自分がなれない存在に嫌悪感を感じるというのは有機生命体として、ある程度は仕方ないよなあ。でも、mixiで普段自慢げな方が「自分は先生と呼ばれている」というくだりを見つけて、徹底的に苛めちゃったのは良くないよなあ。話題の主要が「中国の流通の質と(中国人にとっての)国内・海外向けのビジネスに対するさじ加減の違い」だったので、拙僧も圧倒的な打撃力で粉砕しちゃったんですよ。あれ以降、mixiのコミュニティで軽口を叩いていた「先生」の発言が全くなくなってしまったので少しは気にしているのですが。何のジャンルの「先生」か知らないんですが。多分、アカデミックだと思うんですがねえ。政治家はmixiで理屈をこねるほど暇じゃないだろうし。我ながら、これじゃやり口は「ソビエト地上軍」と代わらないっすよねえ。「写真の先生」の方も、ファーストコンタクトが「鼻歌でブランキージェットシティを歌いながらブロニカS用ニッコール50mmF3.5を覗きこみ、”チッ、こいつはカビが出ていやがる”と呟く茶髪中年。」だから、関わり合いになりたくないっすよね。

Image60.jpg
(こいつは、フジフィルムの”クラッセ”。いいレンズですわ。個々だけの話、ローライ35のゾナーよりもイイっすよ。)

そもそも、拙僧は「先生に教えてもらって安心するような連中」の写真は大したことはないと思っているんですよ。レンズの前に立っている人間をどかすとか、人通りの小路で三脚を立てるとかも同様なのですが。だって、「教えてもらうまで撮影を中断する」ってことでしょう?後者も「他人がどくまで待っている」とか「呑気に三脚でフレーミングする」ちゅー事でしょう?拙僧にとって撮影は迅速な機動なんですよ。ファインダーを覗いて「違う」と思ったら、「教えてもらうと」か「どいてもらう」よりも即効で回避機動ですよ。勿論、露出とか被写界深度とか基礎的な知識やスキルが未熟な方は別ですよ。ひとまず、キヤノンのフルサイズ撮像素子一眼レフに白レンズをつけていて、今更、教えを請うなんて呑気も程がありますわ。なんですが、その「写真の先生」はフジフィルム出身の引退老師だと仰るんですよね。いい気分の「写真家」なら微塵も興味がないんですが、フジフィルムの方(多分、エンジニア)だったら敬意の対象ですわ。だって、9月に終了するとはいえ2013年までシングル8の現像を受け付けてくれるんですよ。本当に頭が下がりますわ。

Image85.jpg
(これも”クラッセ”。難しい露出なんだが、ほぼパーフェクトじゃないです。)

それで、「いやあ、クラッセは素晴らしいレンズですよ。」とか「最近手に入れた中ではGA645Ziは最高っすね。ISO400のモノクロネガを詰めたら無敵」とか伝えたんですよね。世辞じゃないですよ。本当にそう思っているから。それで、動員したフジカST-Fを出したんですよ。懐かしいと言っていましたね。でも、この安普請なカメラのレンズがイイんですわ。

PICT0056.jpg

苦手な「写真の先生」と交流が出来たのも嬉しいのですが。もっとも、フジフィルムの方は「お偉い写真家」とは違いますよね。

無論、拙僧は権威主義は無関心なのだが、楽しい時間を共有できた。

DSCN8170.jpg
(そりゃあ、濡れまくったカメラを帰還後に乾かしたのだ。)

と言う線でまとまったかなあ、と、思っていたのだが、やっぱりダラダラと展開してしまうのだ。我ながら自己制限能力の無さに泣きたくなるのだが。
宮崎駿が引退宣言をした。本ブログを見ていただいた方なら再読なのだが、今やアニメなどと言う「女子供向け」のメディアも米人や大陸人の市場受けを意識しなければ成り立たないからな。「トージョー・ゼロ」をテーマにした映画を作るとは、宮崎駿も彼なりに先が見えたのだなあと思った。実際その通りになったのだが。彼らの世代にとっては日の丸の付いた航空機を、アニメとはいえ動画にして世界中に発信するのは悲願だったろう。それはYS-11ですら果たせなかったのだから。偏屈な癖に妙に商売上手になって、国粋主義色を巧みに欺瞞して展開し、21世紀もご活発な松本零士に比べたら覚悟がいるよな。
拙僧はメディア発信者に対して批判的だ。とりわけTV業界はな。メディア発信者というのは「かーちゃんが投身自殺して、そうでなくても精神的に不安定な娘さんが荼毘に現れるかどうか、火事場見物宜しくリアルタイムでカメラを回す恥知らずな連中」の事だ。ところが、宮崎駿の引退のセレモニーとしてTV放送を決定したのが「紅の豚」というのは感心したな。宮崎駿が大喜びで作ったムービー映画は「風の谷のナウシカ」「紅の豚」、そして今回の「トージョー・ゼロ」だろう。「風の谷のナウシカ」は幾分妥協的な線はある。なにしろ、拙僧が小学生の頃の映画だから宮崎駿も権限が限定的だったろう。TV局的には「となりのトトロ」か「千と千尋の神隠し」あたりを流せば、数字的にもスポンサー受けも良かったと思う。しかし、恐らく宮崎駿もこれで最後の見納めだ。メディア発信者としては、死と同等であろう。三鷹の限定された小屋で流すムービー映画なんて素人仕事だろうからな。

コブラ2

宮崎駿に引導を渡すのが「紅の豚」っていうのは、TV業界の連中にしては気の利いた選択だなあ。人間並に情緒があるとは感心したよ。見直した。
権威主義が大嫌いな拙僧も、本当に消えてしまうとちょっと寂しいな。終わったなあ、神聖徳間書店帝国も。実の父親の死亡よりも悲しいよ。

DCP_0426.jpg
(流石に零戦の画像は拙僧の手持ちに無いのだ。)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

2枚目の赤い服のお姉さんの、口元がエロっぽくて好き!^^)。

  • 2013/09/04(水) 15:33:45 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

おお、2枚目っすか。個人的にはエロ度としては1枚目だと思っていたのですが。
この日本人の方の娘さんの「不完全な表情」とか「不安定な表情」ってのは拙僧もフィットしたんですよね。

なるべく早く、コンテンツを報告させていただく予定です(mm。

  • 2013/09/04(水) 16:36:13 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

撮影会についてコメントしようと写真をよくみていたら、いつしかFUJICA ST-Fに目がいって・・・
クラッセ、そんなにいいですか。
前にキタムラで1漱石だったのをスルーしたのが悔やまれます >_<

  • 2013/09/08(日) 23:22:16 |
  • URL |
  • ぴんぼけ #-
  • [編集]

どもども、ぴんぼけ殿。

フジカST-Fの40mmF2.8はイイですよ。
このさい、プリミティブなプログラムAEなのは問題ないですね。
案外、開放に近い線でもエッジが経つんですよね。
プリズムの腐食なんて、イイじゃないですか。ただ、メカニズム的な信頼性は問題ありですね。今回も巻き上げが怪しかったのですが、ちゃんと細かぶりしていましたね。
もしかしたら24枚撮りでないと、きついカメしれません。
もっとも、モデル撮影のような過酷な戦場を任せるにはハードウェアが耐久性に問題ありです。そろそろ、製品寿命的に安心しきれないですね。
そもそも、安くて古いカメラですからフジフィルムが手を抜いたということではないですね。

クラッセもイイですよ。近距離だとAFが若干怪しいですが、大抵の場合はAEもAFも任せられて問題なしです。
それほどシャープじゃないんですが、雰囲気のある絵作りですね。ポジでバキバキが好きな方だと、物足りないかもしれません。
1諭吉も払うのはどうかと思いますが、1漱石は惜しい魚を逃しましたねえ。

  • 2013/09/09(月) 05:39:17 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR