亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DCP_0425.jpg

今年の「宮崎アニメ」は「零戦」、つまり帝国海軍の零式艦上戦闘機の設計者が主人公である。「宮崎アニメ」と親密でない拙僧も「零戦」と聞くと無視し辛いよな。だが、主人公の声をあてているのが「エヴァ」の庵野だと聞いて一気に冷めた。宮崎駿のような偏屈なジジイは庵野のような「一山あてた若者」を芋虫みたいに嫌っていると思っていたのだが、どういう風の吹き回しだろう。いや、吹き回ったのは「風」ではなく「金」かもしれないな。庵野なんて金も時間もあるんだろうから、例の大好きな「女子こーせー」相手にレンズでも向けてプライベートVでも撮ってりゃあいいのに。庵野起用が宮崎側からのアプローチなのか庵野側のアプローチなのかは知らないし、調べたくもないのだが、アニメなんてのは大の大人が真面目に相手にするものではないことが確認はできたな。拙僧が「金」説を唱えたいのは、今回の「宮崎アニメ」のテーマが商売的には難しいのではと思ったのだ。今どき、アニメ映画を作ろうと思ったら海外市場を意識しない訳にはいかないな。金を持っている外国人と言えばアメリカ人かちゅー国人か、ごく一部のかーん国人だ。何れにしろ「トージョーゼロ」をポジティブに受け取ってくれる連中とは思えないな。思うに、宮崎も老い先を感じて「自分が好きなような(アニメ)映画」を元気なうちに作っておきたいと思ったのかもしれないな。前大戦の象徴たる「零戦」をテーマにするのはマーケティングからすると、かなり難しいのだ。時代はグローバルなので裕次郎さんの映画に自衛隊が協力できるほど寛容ではないのだ。あの偏屈な松本零士だって「宇宙戦艦ヤマト」とか「コスモファイターゼロ」を登場させるのがやっとである。もっとも、元々の「宇宙ゼロ戦」というネーミングセンスの無さも図られるところだが。

DCP_0325.jpg

「宮崎アニメ」の同一的なテーマは「事態(世界・環境)の遷移と立場の変わらない主人公」であろう。最近までは「死と再生」のような重めなテーマなのかと思っていたのだが、考えを変えた。「再生」などという大きな変化ではなく、「事態(世界・環境)の遷移」という程度だろうな。別に、だから高尚でなくて低俗だとかそういうことではない。「主人公(人間だったりたぬきだったり)あたりが、個人の能力で頑張ったって事態(世界・環境)が、そうそう変わるものかよ。」というのが宮崎あたりの言いたいところなのだろう。「ナウシカさん」は人間の環境の激変を一時的に食い止めたが、それで人類の行く末が明るくなったわけではない。トルメキアが改心した姫様の手で柔軟に人類の領域を広げることも無ければ、依然「風の谷」の行く末が悲観的なのは変わらない。「天空の城」だって、グライダーがどこかの土地に不時着しても、若いカップルが結ばれて新たな世界観を作るかと言えば、そんなことはないだろうな。今でもそうなのかはしらないないが、90年代までは「宮崎アニメ」を発表する度に徳間書店が「オマージュ・ムック」を発行していた。そのムックで宮崎本人が言っていたのだが、「魔女さん」が「飛行機青年」と結ばれることはないだろうとのことだ。魔女という存在が消え去る「事態(世界・環境)の遷移」に変化があるわけではない。多分、宮崎本人が第二次性徴という「事態(世界・環境)の遷移」の際に恋愛が実らないという「立場が変わらない」経験をしたのではないかな。いや、フロイト辺りはそう言うんじゃないですか。

DCP_0386.jpg

拙僧が考えを変えたのは妻と「たぬきさんの話」をTVで見た時だ。初めから見ていたわけではない。四国からの援軍を呼び寄せるくだり辺りからだ。妻は、どういう話なのか分からないというのだな。つまりねえ、ちゅーか人民共和国が設立したのは何時よ?西暦で?

mx26.jpg

「死の国だよ。」

上手いこと言うねえ。確かに、今更ながら気づいたのだが四国、つまり「死の国」からの援軍は結局「並みのたぬき」達の「死の国」への引導を渡したに過ぎないのだ。だから四国からの援軍だったのかあ。それは兎も角としてちゅーか人民共和国が設立したのは何年よ?ちゅーかソビエトではないよ。人民共和国として。

DCP_0485_2013080521214688a.jpg

聞き直したら「1949年」で「死の国」なのだそうだ。上手いことを言うなあ、それはメジャーなジョークなのだろうか。ともかく、1949年に人民共和国が成立して翌年には東ウィグル(トルメキスタン)が消滅して新疆ウィグル自治区になるよねえ。戦前は一緒になって吐藩を苛めていたのに。つまり、多摩ニュータウンに人間が入植するのも同じことよ。それまで暮らしていた「たぬきさん」はどうするかって?同化するか、テロを起して死んじゃうか、穏やかに死んじゃうか、或いは天山山脈の麓で「どっこい生きている」かもしれないよね。塩湖辺りは高速道路が出来て「交通事故」で死んじゃうかもしれないけど、天水やハザック村辺りなら、上手く葡萄でも売っているんじゃないの。ああ、また話が訳分からなくなってしまったな。「多摩の山奥」の環境の遷移は止められず、「たぬきさん」の悲観的な立場は変わらないな。思うに「豚さんの飛行艇」は例外だ。あれは、宮崎流の「皮肉な商売」を弱めて「自分が作りたかったアニメ映像」を作った形跡がある。最後の方で「大きな戦争が有って環境も変わったけど、相変わらず旧態的な飛行艇で飛んでいるオヤジ。」という風に纏めたけど、あれは主テーマではないな。主テーマは「熟年の青春」だろう。NHKも良くやる手で、今や偉くなったプロディーサーが「黒木ひとみさん」に性的なセリフを吐かせている。あながち、宮崎と同様に不遇な第二次性徴時代のウサを晴らしているのだろう。個人的にはNHKの「熟年の性的行為」と「障碍者・要介護者」と「セクシャルマイノリティ」の話題をローテーションで組むやり口は民放には出来ないので持続してほしい物だ。

DSC00013.jpg

もっとも、不遇な第二次性徴時代は拙僧も同様だしな。結婚も10年を経過して、いまだにちょいちょい女子の携帯アドレスをゲットして、家に呼ぶのはイルクーツクの友人からすると「浮気」だそうだ。いや、拙僧だって女子と二人っきりと言うのは滅多にない。大抵の場合は「妻の手料理」で招待するのだ。拙僧の妻が満足に作れるのは餃子と饅頭くらいだけど、概ね好評だ。妻も「自分を餌に女子を釣ってる」と言うのだが、別に不満では無い様だ。むしろ、「もう40(歳)も過ぎて遊んでくれる女子何て居ないんだからマメにメールをしなさいよ」と窘められるくらいだ。そういうのは、イルクーツクの友人からすると「更に深刻な事態」らしいのだが、その辺は拙僧は国際結婚なので多少の感覚の違いはしょうがないよな。我々は子供もいない夫婦だし、外の風を入れないと苔むすしねえ。拙僧の努力は褒めていただきたい。

DSCN0003.jpg

なので「水着女子のビーチ撮影会」だって、妻は快く金を出してくれた。その辺の商店街で「市井の肖像権」を撮影するより、よっぽどリスクが低いという認識なのだろう。そのビーチへと向かう名鉄のローカル線で読むためにバックに突っ込んだのが図書館で借りた「唐沢俊一」と「大塚英二」のサブカル本だった。自分の脳が第二次性徴時代から全く進化していない事実には泣きたくなる。唐沢の文章はご活発である。信憑性はかなり怪しいのだが、本人も言っているように唐沢の文章を真に受けるとロクな大人にはならないな、拙僧も含めて。挿絵が「ソルボンヌK子」なのは「吉田照美」と「小俣雅子」がリアルな関係だと知った時くらい胸が鬼悪くなったが、彼の文章は消費財として(錯誤的ではあるが、ある程度は)時代に適応しているようだ。相変わらずなのは大塚だな。「萌え系キャラのビジュアルを構成するパーツは要素に還元できる。この形式性は近代に発生したものではなく、ロシアアバンギャルド時代にさかのぼる。」という事を説明するのに8頁くらい割いて分かり辛く説明している。そういうのってSNS系ネット時代には響かないっすよ、と助言差し上げたいぐらいだが、彼はそのまま人生を全うなさるだろう。会うとイヤミなジジイだろうしな。大塚が「宮崎アニメ」のロールモデルとしている例として「婆ガワ」を挙げていた。生い立ちの恵まれない美しい娘さんが、環境の遷移の弊害を受けないように「婆」に見える革を被って生活し、しかるべき王子様が現れた時に正体を現すモデルである。そういう話は古今東西を問わず存在する。立場を変えれば「美女とビースト」だしな。拙僧は宮崎の青春時代の不具合がそこまでではないと思っていた。でも、考えてみたら「旧体制の王族(もしくはテクノクラート)の娘さんが身分を隠して漂流」というのは「天空の城の王女さん」だって「未来世界の”らな”さん」だって同じだしな。「風の谷の王女さん」を初めて見た時には防毒マスクの余りにもグロテスクなデザインに閉口したのだが、あれも「婆ガワ」に見えなくもない。それが宮崎のロリター趣味の趣向なのか、何かしらの(皮肉めいた)メッセージなのかは、市井のブロガーの拙僧は断言しないことにしよう。ダディと違って2馬力フォロワーは健全で敵にするには危険だろうからな。

Image18.jpg

宮崎が「風の谷」を作った頃、既に彼は拙僧から見ればジジイの年代だった。当時、3大ロリターアニメ作家として宮崎と「富士夫のF」と「ナントか」は有名だった。「ナントか」が思い出せない。都築和彦なんつーのはひよこの頃ですよ。「事態(世界・環境)の遷移と立場の変わらない主人公」だが、現実世界に照らし合わせると「事態(世界・環境)の遷移」に対して「立場の変わらない主人公」ってのは難しいよな。「主人公」を「我々」に替えたら「写真のデジカメ化への遷移と立場の変わらないフィルム者の我々」なんてのは難しい。そうあって欲しいという願望だな。そういう意味だと、拙僧も歳を取ってジジイに近づいているから宮崎の気分が理解できるようになったのかもな。所詮、髪を赤くして若い連中とオフ会に参加しても中年よねえ。それでも、最新の「ダイ・ハード」でフィルムシネカメラ(恐らくアリフレックス)を使っているのは一筋の希望がある。無論、結局はデジタル化しているのだが、拙僧だってモノクロネガをスキャナーで読んでコンテンツに貼りつけているではないか。「立場が変わらない」なんてのが不可能なのは会津の八重さんも、我々も同じだな。

DSCN4240.jpg

現実に、シングル8の現像サービスがとうとう本年の9月で終了となった。ああ、もう1カ月ではないか。盆の帰京では在庫を使い切らないとなあ。

156-5667_IMG.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

まいどです Rikkie師匠。

今回も、かなり燃料が入っていますねぇ。 よきかな よきかな^^)。

最近は人間のドラマは全く見ませんが、唯一深夜アニメは楽しみです。
もちろん、今度の宮崎アニメも期待しています。

所詮はお伽話、王子様が悪い魔女を倒してお姫様を救い出したらそれで
お仕舞い。その後に続く、平凡で退屈な日常など知った事ではありません。
ラノベにマンガにアニメ・・・低俗でも軽薄でも稚拙でも、まぁ面白ければ
それで宜し!。

近頃は、現実世界の方こそ冗談みたいな方便がまかり通っていて、まだ
落ちが在るだけ、作り話の方がなんぼかリアリティがあるやも^^;)。

  • 2013/08/06(火) 16:33:25 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

いえいえ、ふと気づくと「48も”じゃにー”系の若者に比べればお遊戯のクオリティも安定的か」などと多数派に日和見的になる自分に、マイノリティーとしてのカツを入れなければかしらなどと自己闘争(逃走)しているのですが。

深夜アニメも今はどんなのですかねえ。拙僧が最後に観ていたのが「ベルセルク」かなあ。蝕まで観ていないんですが。蝕まで話は続いたのかなあ。ちょっと映画は見てみたい。「キリン」は見る勇気がないのですが。「SS」はああいう感じでしたしねえ。「ヅラ刑事」くらいは充実感を得られるのだろうか。

押守の「自分の作品」なんかを見せられると、「せめて観ている時くらい幸せな思いにさせてくれよと」と思わされますよね。「商売の映画」はちゃんと金を払ったくらいに楽しませてくれるのですが。

現実世界の世知が無さに比べたら、拙僧の拙い頭で考えたジョークなんて些細ですわ。
Facebookで国家を転覆させたら、今更、「信頼できる指導者」なんて信じることができませんしねえ。国体ってのはいいシステムだなあ。

  • 2013/08/06(火) 17:13:00 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

もうすぐシングル8の現像終了ですか

どうもyohでございます。

近頃DVDを観ていてFUJIFILMのクレジットで気になったことがあります。
『ジェーン・エア』(2011)ではFUJIFILMとKodakがエンドロールに出てくるのに驚きました。そして、Kodakの方はRELEASED ONと表示されてます。この映画ではARRIのロゴもありましたね。
『キット・キトリッジ』(2008)という映画は、Kodak、FUJIFILMと表示されて、こっちはRELEASEがFUJIFILM。カメラはPANAVISION CANADA。
ヨーロッパの映画ですが、『クリムト』(2006)は、FUJIFILMとARRIの組み合わせ。
今でもアナモレンズを使ってると思われるボケが楕円形の映画は大体PANAVISIONですけど、そういうときは撮影でFUJIFILMが使われることがない?、そんな法則があったりするんじゃないでしょうか。
フィルムがFUJIだと、カメラはARRIという感じで。

アニメの話ですが、今年に入ってから秩父アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と、シングル8アニメ『あの夏で待ってる』を観ました。観る前は気乗りがしなかったけど、物語の中に入ってみたら、いろいろと良いとこを見つけて楽しめたという感じです。特に『あの夏で待ってる』は、背景と人物のとけ込み方がよくて、ハレ切りしてない感じのコントラストの低い映像とか、背景画の画像処理、建物の影に入った時の人物の色の選択とか、製作の現場で誰が気にしてどう指示を出してるんだろうとか気になりましたね。普通に8ミリカメラのファインダーを覗くとゴミだらけの感じとか、ちょっとニヤニヤするとこもあるんですが。あと、テレビシリーズなのに作画が大きく崩壊する回がないとか、今のアニメはすごいなと思いましたね。

137MDの奇妙な革ですけど、一時期流行りましたね。私も黒い革(合皮だったかな?)を137MA用にヤフオクで買ったことがあります。
もしかしたら、↓この業者だったかもしれません。
http://aki-asahi.com/index.html

  • 2013/08/07(水) 03:38:57 |
  • URL |
  • yoh #YG9ONXHE
  • [編集]

どもども、yoh殿。

稚拙ながら、拙僧は既に商用映画にシネフィルムを使うのは、よっぽど「効果」を期待したい時くらいだと思っていのですが、今でもシネフィルムと現像サービスは健全(?)なんですねえ。「ダイ・ハード」もハンガリーのコダックのスタジオは使っていたみたいですね。フジフィルムも画像処理的な機材(ソフトウェア)を提供しているのかなとも思うのですが。

「あの日見た花の名前・・・」は、何せ地元に帰ると、あのペナントが人民広場の赤旗みたいに翻っていて、恥ずかしくて観ることができないですね。こないだの帰郷時には飯能も似たような町おこしをしていて苦笑いでした。
「あの夏で待ってる」は知らなかったですね。一時期、フジカP300が高値で売れたのですが、あれと関係あるんでしょうか。ちょっと、久しぶりにアニメを見てみようかなあ。今、GEOがレンタル50円キャンペーンなんですよね。そういえばシングル8が登場する青春映画みたいなのも最近ありましたねえ。

作画が荒れていないのは、コンピュータ化と韓国や台湾の外注のクオリティが一定以上なのではないでしょうか。例のモード学園系の留学生の中でも、手先が器用な人間が本国ではひとまず食えるくらいな所得を確保できるのかなあと想像しています。
映画版の「ナルト」というのを少しだけ見たんですが、レイヤーが5段くらいになっていたのはびっくりしましたねえ。映像的には、とても美しかった。

そういえば、最近見たのは「スカイ・クロラ」ですね。TVCMで見た印象が全くそのままのストーリーが眠くなりましたけど、爆撃機を投入した侵攻作戦はちょっと得した気分になりました。あのくらい、分かり易くて意外性を無くさないと、商業映画は難しいんでしょうかね。

どうも、原作の「スカイ・クロラ」に至るまでは、ちょっと面白そうなんですが。

  • 2013/08/07(水) 09:30:51 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。