亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCF0021.jpg
皇紀2672年12月20日。今年最後の戦争が勃発した。幸い、拙僧の師団はカシオのエクシリムEX-F1が良い値段で売れたのでひとまず十分な戦力を保持しての参戦である。初日からの参戦は何度か行ったが、今回はいつもよりもギラついた初老科枢軸軍が多かった気がする。恐らくボーナス支給で戦力を増強したのであろう。関心深いのは初老科の方々がジャンク指向なの対し、カップルで参戦する様な若い連中は新品同様の近代物件を敵としている事であった。もっとも、俯瞰で戦場を眺めると、今回の敵ブースは東海民族系ブースと西日本系ブースが目立ち、関東軍は少なかったようだ。前回は拙僧の知っている日東商事とか銀座系連合軍の参戦を確認できなかった。相場としてはやや高めという印象が残る。拙僧の戦果は下記の通りだ。
DSCF0022.jpg

まずはシグマの70~210mmF2.8である。光学系は綺麗だが、例のシグマのZEN仕上げが朽ち果てており、べとべとと鏡筒を汚している代物だ。プライスタグが無かったので聞いたら300円だという。無論、速攻で戦車連隊を投入しGETだ。前後キャップがついていて、これだけだって300円はしそうだ。憧れの大口径望遠ズームレンズを廉価に確保でき、気を良くする。
実は、今回は明確な目的があった。それは、キヤノンの廉価Lマウントボディである。月初めの新宿・中野長征では共闘なさった先輩諸氏の壮絶な戦いに気持ちは引っ張られど、戦力不足で効果的な打撃を与えることが出来なかった。今回はキヤノンの安いボディくらいなら、撃破が可能な戦力を確保してある。しかし、新宿・中野・銀座を転戦した「肥えた目」では、適当なボディは見つからな適った。10000円のキヤノン7とか9800円のキヤノンPを見せてもらったのだが、シャッター膜に油が浮いていたり、距離計が縦にずれていたりと、虎の子の親衛部隊を投入するのには躊躇が有ったのである。そこで、目を付けたのだが「保証は無しですが、撮影できます」と書かれたオープンコーナーに転がっていたキヤノンL1だ。こいつが8000円で、ショウウィンドウの中にあった7やPよりも程度がいいくらいなのである。8000円と言えば拙僧の師団の半分を失う強敵である。一度は戦場を離れ、ジャンクコーナーで小規模な戦闘に切り替えた。その時、拾ったのがタムロン38~100mmF3.5(マウント無し)であり、500円である。頭を冷やすのにはちょうどいい小競り合いだ。それに、結構、初期のF値の変わらない標準ズームレンズって、好きでマメに拾うのだ。
DSCN3148.jpg

冷静なコンディションでL1の前線に部隊を展開した。このL1が比較的安い理由ははっきりしていた。軍艦部に「建設 営林 No・・・18」と刻印があるのだ。つまり、前オーナーは法人であった。こういう場合、法人だから酷使している場合と、逆にロクに使っていなかった可能性もある。外観は大きな傷も無く、酷使した感じではなかった。同じオープンコーナーにあるLマウントレンズ(キヤノンの135mm)をつけて、距離計が合っていることは確認できた。シャッターはその辺に転がっている、ペンタックスKMやミノルタSRT101と比べてみるのだが、正直言って良くわからない。スローはきちんと出ているようであった。敵との睨み合いは1時間にも及んだ。そして、ついに拙僧は部隊を前進し、ブツを確保したのである。時刻は12:30を示していた。
DSCN3141.jpg

キヤノンのLマウント機が欲しい理由の一つがファインダーに35mmを用意していることだ。手持ちのユピチェリ(ジュピター)9の運用に便利だと思ったのだ。今まではボディの上にコンパクトカメラを分解して取り出したファインダーを両面テープやガムテープで付けていた。これはこれで貧乏臭くて気に入っていたのだが、カバンの中で剥がれていたりして、上手く運用が出来なかったのだ。35mmをファインダーに持つ、ベッサR2にはユピチェリは後玉が大きすぎて入らない。そういう可能性はキヤノンにも有ったのだが、幸にL1にユピチェリをつけることはできた。

拙僧の組織的な戦闘は今年はこれが最後になろう。日曜日にも参戦するのだが、主な敵は半値になったジャンクコーナーであり、戦闘は小規模になるだろう。思えば、ことしは年末になって大規模な戦闘を繰り返した。コニカIII、ベッサマチック、今回のL1などである。
来年は撮影という闘争の年にしたいものだ。毎年、そういっているのだが。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

東京侵攻に続き名古屋での戦闘お疲れ様でした。
中々シブいのを入手されましたね。
私は国産RFは手が出ないので、もっぱらロシアもので急場を凌いでます(笑)

そうそう、先日コニカFTAにヘキサノン50mm f2が付いたものがジャンクで500円でしたので迷わずサルベージしました。
低速が効かない以外は速度も出ているみたいですし、ヘキサノンも良いレンズですから楽しみです。

  • 2012/12/22(土) 16:10:23 |
  • URL |
  • KOH #-
  • [編集]

どもども、KOH殿。

いえいえ、拙僧もレンズは全てソビエト物です。せめて、キヤノン50mmF1.8でも就役できればと思っているのですが。

レンズ付きのFTAを500円とは素晴らしい戦果ですね。ARマウントの50mmF2って、結構珍しいのではないでしょうか。52mmF1.8とか50mmF1.7は良く見かけますが。
個人的にはT3が欲しいのですが、なかなか良い価格の物が出ない。

  • 2012/12/22(土) 17:24:56 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

おっ?
間違えました。
52mm f1.8でした。

T3はまだ修理期間が残っていますからね~
レンズはT2の方が良いのではないですか?

  • 2012/12/22(土) 21:35:54 |
  • URL |
  • KOH #-
  • [編集]

どもども、KOH殿。

片手落ちでスミマセン。T3はオートレックスT3です。なんでもレリーズの節度が飛躍的に良くなっているらしいんですよ。
コンタックスT2は良いカメラで、最高のサブカメラですね。

  • 2012/12/23(日) 05:25:20 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]

どうも。私も初日参戦でした。
私と同行した先生はminolta35modelIIを8000円で確保してました。かなりきれいですぐにでも使えそうな感じでした。Lマウントボディはカッコイイですが、レンズが怖いですね。

  • 2012/12/30(日) 00:22:54 |
  • URL |
  • まさ #jYbOzkUY
  • [編集]

どもども、まさ殿。

8000円のミノルタ35がありましたか。それは気づきませんでした。
あれも独特な風声が有りますよね。
ロッコールもい一時期は1万位で普通に転がっていましたが、最近は見ませんねえ。

ともあれ、おめでとうございます(mm。

  • 2012/12/30(日) 05:40:49 |
  • URL |
  • Rikkie #1Nt04ABk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。