亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCF0015.jpg
名古屋は伏見に御園座がある。見てくれはビジネスビルヂングに見えるのだが、歌舞伎公演や演歌歌手のコンサートを行う銀座の歌舞伎座と新宿コマ劇場を兼ねたような施設だ。東海地方の老兵の方々にとっては重要な要衝である。拙僧のような関東からの流れ者には用は無いのだが、何故か6月23~24日に小規模ながら中古カメラ市が開かれると聞いて、見過ごすことは出来なくなったのである。初めは何で歌舞伎公演会場と中古カメラが関連するのか分からなかったが、よくよく考えてみるとコアターゲットが重なるのだ。事実、敵の正式な作戦名は「御園座クラシックカメラ博」という仰々しい物なのである。
4月の第三次名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役による大出血に後も、度重なる小・中規模の匪賊討伐作戦による消耗で各師団は定数を大幅に割り込み、組織的な作戦行動をとることはできなかった。しかし、ジェベル250XCの就役の目処がついて以降、徐々に輜重は改善傾向にあった。今回の御園座要塞攻略作戦については、敵の発動計画を1ヶ月ほど早く確認できたお蔭で、有る程度の準備が可能だった。更に、6月の拙僧の誕生日恩赦によって、内地の関東軍から纏まった経済支援を得ることが出来たのだ。かくて2012年6月24日1100時、敵要塞の攻略戦の火ぶたが切って落とされたのである。
敵の要塞構築策戦はあくまでも隠密に行われていた。御園座ラインに辿り着いた拙僧の師団の偵察隊は敵の存在を確認できなかったのである。事前の情報では敵の集結地は「B2 エメラルドホール」と大層な名前が付いていたのだが、御園座の1Fにはつまらないスーベニール屋や饅頭屋が並んでいいるのみである。ふと見ると、玄関に立っている老兵1名がA4程度の大きさの「御園座クラシックカメラ博」のパンフレットを持って立っているのである。なんと、立て看板も立てさせれくれないのか。現地、スタッフの支持の無さを感じてしまうなあ。兎も角、玄関を抜けエレベーターでB2へ向かう。
DSCF0016.jpg

会場は、まあ、寂しい地方都市の地元企業説明会といった広さであった。しかし、一瞥しただけでもブルズアイコンタレックスとか戦車みたいなフル装備のF2チタンとか、それなりの大物が転がっていた。しかし、我軍の相手はあくまでもジャンク物である。パッと見では露骨なジャンクコーナーを発見できなかったのだが、ショウウィンドウの上に無動作に転がっているブツを発見。主力戦車部隊を向けた。6x8のフジカGSなどが目に移ったが、プライスタグが1万円を超えているので拙僧の非力な戦力では相手にならない。戦闘工兵が発見したのはマミヤ645用セコール45mmF2.8である。価格は4000円(現状)、安い!師団参謀本部に緊張が走った。ブツはコーティングにやや疲れがあるものの、撮影に問題がある程度には見えなかった。ただ、ヘリコイドが少々重い。絞りの動作は問題なしである。しかし、ここで作戦を展開してしまえば、会戦から5分もしないうちに手勢の半分を失ってしまう。まずは、麾下の自動車化狙撃兵連隊から1個戦車大隊と2個自動車化狙撃兵大隊を割き、敵情をキープし、主力を敵陣中央に移す。
DSCN1366.jpg

確認するとジャンクコーナーはただ一つだった。最初に発見したのはキヤノンデミEE28である。これはサークルアイがスイーティなハーフ判カメラで以前から欲しかった。いや、ネットオークションでも送料別で1000円も出せば、ひとまず動く(可能性の高い)ブツを手に入れることも可能なのだが、やはりリスクは高いし、なにせレンズは手持ちのデミ初代と同じだから、何か「ジャンク6台セット!」みたいな物件に混ざっていないかと待っていたのだ。外観は汚れて打撃痕もあるのだが、露出計は生きていそうである。プライスタグは1000円。妥当な線だが、まだ兵を動かすには速いだろう。もう一つ目を引いたのは大柄なズームレンズである。これは以前から関心のあったコシナ100~500mmF5.6~8だったのである。これには参ってしまった。既存の装備にはシグマ500mmF7.2があるが、大して明るさが違わないのに、5倍ズームレンズなのでる。マウントはFDでスピゴットリングが開放側でロックしないのだが、締め付ける方ではちゃんとロックはした。その辺に転がっていたキヤノンFXにつけると使えそうである。3000円が高いかどうかは分からないのだが、派手なモールドが安っぽさを強調して魅力的である。
DSCN1364.jpg

 この時点で作戦の方針は決まったのである。速やかにセコール45mmF2.8に向けて展開していた梯団に進軍の命令を発動する。聞けばブツは不具合は無いそうなのだ。つまり、看板として安物を並べたのだという。そうはいってもレンズに若干の汚れが確認できたのだが、速やかに確保してしまう。あとはキヤノンデミEE28とコシナ100~500mmである。他にめぼしい物も無く、戦車部隊を中心とした遊撃部隊を進撃させ、確保した。損害は師団の40%を超え、当初の想定の2倍に相当したが、効果は有効だと判断し、撤収。1120時、作戦開始から20分の電撃作戦であった。
DSCN1348.jpg

それはそれで黙って三河に帰還すればよいのだが、つい大須に向ってしまう。大須は大きな商店街であり、フォトジェネシックなのだ。売却を予定した複数のデジカメのテスト撮影の必要があったのだ。だから、特に攻撃的戦闘を行わなくても良いのだが、元箱付きボルタ判カメラのホビーJと接敵、確保してしまう。損害は800円だった。新品のライトパンカラーのフィルムパッケージ2個でもその位の価値が有ろう。
DSCN1349.jpg

その後は逃げるように名古屋をさる。実はインターネットでオークションで支払いをプールした大物物件もある。まだ6月も終わらないうちからの大出血で、再び作戦行動がとれない状態になってしまった。
スポンサーサイト

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。