亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

久々の裏ブログの更新なのですが、ちょっとネタがないんですよね。
正確にはネタはあるんだけどあるんだけど時間とマンパワーの問題で、本ブログを優先すると余力がないんですよ。

なので、今夏はmixiに載せたマンガを掲載します。
拙僧のマンガなんて興味はないでしょうが、本ブログはそう言うブログなので、ご了承ください。

以前にラフを上げた話なのですが、とても本描きは出来そうもないので、ラフに手を加えて仕上げました。
案の定、10ページになってしまいましたね。

そもそも、ラフ画なので線が汚かったり補助線が残っているのはご了承を。
絵がイイ加減なのはともかく、あっしの下手な字が読めるか不安です。

===================================

登場人物の3人は馴染みの傭兵仲間の設定。

舞台は何処かの山岳地帯の戦場。主人公たちは士官として雇われていいますが、他の将兵の殆どは正規兵。つまり、この戦区は味方も重視していない辺境地方の国境警備隊です。

敵の主力部隊に随伴した戦車・装甲兵員輸送車を破壊し、対戦車兵器が底払いした後に敵の予備(正確には第二梯団から派遣した)部隊の旧式戦車が現れ、排除するのが主なストーリー。

細かい設定はそれぞれのページのコメント欄で捕捉します。

大した銃撃戦にならなかったんですが、力量不足と言うことでご理解を。

1ページ目
(せんが酷くて原稿が汚いのはご了承を)

敵部隊は3単位の1個大隊で3個中隊に戦車小隊を増強しています。明確には書いていないのですが、戦車小隊は59式戦車x3。他に63式装甲兵員輸送車x3を装備しています。恐らく、1個中隊だけ機械化していて、他の兵士は戦車か装甲兵員輸送車(APC)の天井にしがみついて移動したのでしょう。

このページでは全ての装甲車両は破壊されていますが、代わりに主人公の部隊は対戦車兵器を使いきっています。
主人公達の部隊は2個中隊で1個大隊を形成しています。主人公の「ユミ少佐」が少佐なのは雇われる時の報酬に有利だからで大隊長かどうかは分かりません。ペリシュテ中尉も同様です。アルマは階級が嫌いなので階級を持つことを拒否していますが、契約上は尉官でしょう。

主人公達:

・ユミ=サオトメ(由美=早乙女)
    ・・・ 某国外国人義勇軍士官学校(要するにテロリスト養成学校)を伝説的な成績で卒業し、世界中の戦場で「特攻ユミ」
       として恐れられている。
       日系人で実家は大規模ワインシャトー主で富豪。
       あらゆる射撃・爆発物・格闘戦術・機械操作・情報技術に精通するが、エリート意識と尊大な態度が隠し切れず
       恐れられても、あまり尊敬されていないのが残念だ。
       過剰な熱血漢の一面を他の2人のパーソナリティーが補完している。

・ペリシュテ=アフロメーエフ(拍麗扎提)
    ・・・ 彼女の国では戦時下では女性でも予備役として軍務につくので義務教育に戦闘訓練を組み込んでいるが、
       実際に軍隊に所属していたわけではない。
       苦学生で科学アカデミーを卒業したが、他の連中に巻き込まれているうちに戦闘能力がついてしまった。
       基本的には兵隊ではないと自認しているので積極的には戦闘に加わらないが、ユミが独断専行するので
       渋々、射撃で支援する。クールを気取っているが、お人よしなのだ。

・アルマ=ドゥーロン=ジノー(阿魯馬=独龍=基諸)
    ・・・射撃と剣術の名手。特に狙撃と投げナイフを得意とするが、彼女にとってナイフは”投げるモノ”なので、格闘戦
      は人並み。職人気質。
      古くに滅ぼされた王朝の姫だが、彼女の一族は姫でも戦果を挙げるか実力者の男性と結婚しないと、王(父親)との
      謁見も許されないのだ。なので、傭兵家業に身を投じている。
      かつての王朝の領土が権威官僚的な全体主義国家に占領されているため、王族だが権威主義が嫌いだ。
      対人コミュニケーション能力が苦手なので他の2人に付き添うが、それは2人を彼女が能力を高く評価している
      からだ。


・RPG ・・・ ソビエト/ロシア製対戦車ロケット。世界中で模造品を製造しており、安価で容易に手に入る。
        彼女の部隊に配備していたのは中国製の69式ロケットランチャーだろう。

・サンンパチ ・・・ 三八式歩兵銃のこと。実際にはアルマの小銃は三八式歩兵銃をベースとして改良した九七式狙撃銃
            なのだが、大幅な改修を行ったわけではないので、ユミの性格上、厳密に区別していない。

・AP弾 ・・・ 徹甲弾。対装甲用弾頭を持つ。

・C4 ・・・ 強力なプラスチック爆弾。

新たに登場した戦車は旧式で、後衛の第二梯団所属の部隊を第一梯団が苦戦しているので先行投入した物。T-34をモデルにしている。
この戦車兵は後から参戦しているので、ユミの第2中隊の存在に気づいていない。

2ページ目
(捕捉文もmixiに添付しました。本ブログの読者にとっては不要な記述が多いですが)

ペリシュテ中尉(?)が持っているのはAKでは無く軽機関銃のRPK。彼女は最前線に立つのが嫌なのだ。

ユミの持っている拳銃はサイレンサーを内蔵し、ブローバック無しで反動を吸収する特殊な物。どんなメカニズムか、まだ、ちゃんと考えていません。標準的な9mmパラベラム弾も使えるが、サイレンサー内蔵でも威力が落ちない強力な特殊弾を使用する。

後述:
ブローバック無しは難しいのでグロック17系をベースと今は考えています。
女子には重いかなとも思うのですが、身体能力を持った訓練を受けた主人公なので問題ないでしょう。

3ページ目

このページのユミだけ、ランドセル型背嚢を背負っています。
胸のポーチは起爆装置その他のケースで、C4や手榴弾などの装備は背嚢に入れていることにしたのですが、描くのが面倒なので以降は省略しています。
そもそも、ラフ画だったんですよ。

4ページ目

戦車(旧式戦車)が敵の第1中隊から距離をとっているのはRPGなどの対戦車兵器を警戒しているから。歩兵支援で十分に敵部隊に打撃を与えた後に蹂躙するつもりでいます。
ということは既に破壊された車両は、この戦車の前にいなければならないのですが、そこは柔らか目で観て頂きたい。

第二梯団の戦車小隊も3台の戦車を保有しているはずなのですが、旧式戦車を急送した為、故障などで脱落し1台しか前線にたどり着けなかったことにしましょう。

敵の士官が日本語をしゃべっているのは、敵は架空の言葉をしゃべる設定を忘れていました。

書き忘れましたが、ペリシュテ配下の第2中隊を発見したのは敵の第二梯団。2個中隊なのは1個中隊は第一梯団に引き抜かれたのだろう。この敵軍の第二梯団は装備が第一梯団に劣る。

5ページ目

ユミはC4のパックに電気式雷管をつけてC4(プラスチック爆弾)を有線操作で爆破させて戦車を破壊しています。
このように爆発物を戦車にとって脆弱なエンジンルーム上部に乗せて破壊するのは有効な対戦車攻撃です。
この辺の描写はもっと丁寧に描くべきですね。

アルマは1000m以上離れた高地から狙撃していますが、ボルトアクションの97式狙撃銃で兵士2名を連射して射殺するのは、相当の腕前です。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

コメント

まいどでっす Rikkie師匠。

いやぁ・・・なんとも面映いですね^^;)。

どうも時代背景がはっきりしませんが、
戦車に肉薄できるくらい近づけるなら、
車体底面か足回りを狙うべきですね。

>1000m以上離れた・・・97式狙撃銃
6.5mmでそれは無いでしょう ーー)。

  • 2017/04/04(火) 21:51:25 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

時代考証は意図的によく分からなくしています。
狙撃兵の彼女が97式狙撃銃にこだわっているとしてもRPKや63式APCの時代に弾はどうするのよ、となってしまいますしね。

実は、この話はSFの話のスピンオフで彼女らは未来から来ています。カーク時代のスタートレックからピカードの中間くらいですね。「何故?24~26世紀の彼女らが旧世紀の傭兵に」というのは謎なのですが、とにかく、狙撃兵の彼女が97式狙撃銃を持っているのはレプリケーターで作ったのでしょう。他の将兵はそのことを知りません。

主人公の彼女が戦車のエンジン上部で爆発させたのは士気高揚のためのパフォーマンスです。なので、彼女は「畏れられているが尊敬されない」んですよね。しかし、戦場ではパフォーマンスが必要と考えました。

Wikiだと97式狙撃銃の有効射程は1500mと書いてあります。拙僧はそこまで図々しくないですが、彼女が狙撃の天才で、高台からの弾道降下と炎上する車両から風などの弾道に対する影響を正確に計算できたら、ソフトターゲットを行動不能にするのはギリギリOkかなと判断しました。マンガでは描写していませんが、後編では狙撃兵の彼女は残弾が少なくなって戦車を撃破した主人公と合流します。他のターゲットに射撃しているので、補正ができたのでしょう。

実際に射撃距離は考えました。マンガ的には600mではインパクトが無いですからね。リアルに書けばホーワで動的目標を600mで狙撃できたら、たいしたものでショウ。

その辺はマンガなので問題ではないのですが、mixiにアップロードを前提としているので「トンム」とか「チョッパリ」とか「ウエノム」という敵兵のセリフが造語でないことが分かると面倒ですね。

そうそう、書き忘れていましたが、対戦車地雷か工兵用の爆薬を戦車の下に潜り込ませるより、C4をほおり投げる方が、女子の行動として可愛いのではという意味もあります。

もいどっすRikkie師匠。

いやぁ・・・"設定"とか、イタくていいっすね^^;)。

>Wikiだと97式狙撃銃の有効射程は1500mと書いてあります。
それは、38式実包(6.5mmJAP)の最大射程・・・・そこらまでは当たったら"痛い"距離(米.30-06や独8mmは、2,000~2,500mとか言われてますね)って事っすね。
実際に狙撃できるのは300mくらいでしょう。
いかな脅威の精度を誇る97式でも、500mを必中(狙撃という意味で)は無理でしょうね。

まぁ宇宙人(未来人?)だったなら、何か得体の知れない能力を発揮してるのでせう。

  • 2017/04/05(水) 16:27:03 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

”設定”ではなくて”プロット”ですね。

迷ったのは命中するのはできるのだからしょうがないとして、弾が届くかです。命中できるのが彼女の特殊能力なのか何かしらのアイテムが補完するとして弾が届かなければ何ともしがたいですね。

実際に最高のスキルを持った自衛官の能力とマンガを比べるのに意味はないのですが、フィクションだけど”よもや”と思わせるギリギリのラインは難しいところです。

なので高台というよりは戦場を見渡せる高地に崖をよじ登ってもらいました。弾丸がホットロードだとして、届けば当てられると言うことですね。

しかし、この程度でイタいと感じになるなら「幼女戦記」は悶絶するのでは。

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR