亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN2171.jpg
(ナンバー周りフック関係のアイテム)

ヤマハ車のテイル周りというのは割とスリムで美しいものだ。しかし、拙僧のようにガサツに荷物を積むには悩ましいものがある。前回のブログでは無理目に振り分けバックを積んだが、やはりリュックサックなどを積むためにネットやストラップをかけたい。

しかし、シートフレームにフックがあるものの実用的とは言えないのだ。そこで思い出したのがナンバープレート回りに増設するフックマウントだ。

思えばKDX200SRも積載には苦労した単車だったが、ナンバープレートを留めるボルトを使用したフックを重宝してキャンプツーリングをした。今から考えればKDXでキャンプツーリングはCRM250Rでのキャンプツーリングよりも、よっぽどリスキーだった筈だが、若さで切り抜けたのだろう。

DSCN2173.jpg
(ナンバープレートを留めるボルトを利用したモトフィズのフックマウント)

なので早速バイク屋に行って相談したのだ。アマゾンで探した方が安いのは分かっているが、この種の物は現物を見てみないと後悔するかもしれないからな。もっとも、バイク用品屋なら兎も角、今どきのバイク屋にそんな物は常備していないのが普通だろう。ところが拙僧の主治医に相談するとブツが店舗にあったのだ。しかも、プレート式のフックも有った。早速、R1-Zのナンバーと照らし合わせてみると、なんか良さそうだ。なので、プレートとボルトの両方を確保した。両方で2500円くらいかな。

Dscn2174a.jpg
(なんか具合が良さそう)

ブランドは両方ともモトフィズ。なんか、バイク用品はモトフィズかキジマくらいしか残っていないのかな。あとはラフ&ロードか。
プレートフックは兎も角、ナンバープレートのフックマウントは構造的にちょっとヤワそう。しかし、つけてみるとなんだかいい感じ。拙僧はキャンプツーリングとなると、かなり積載する方なのでフェンダーが持つかちょっと不安だが、これでダートを走る訳ではないので、まず大丈夫だろう。

DSCF8871.jpg
(ちなみに、中には数台のカメラとホースマンプレスが入っている)

取りあえずカメラバックを積んでみた。今は紅葉のシーズンなのである。ネットと2本のゴムベルトを併用したが、これがなかなか良い感じだ。とても安定する。これなら多少単車を振り回しても安心だな。いや、中身がカメラなので乱暴に扱ってはいけないのだが。
兎に角、フックマウントとしては上出来である。

DSCF8725.jpg
(紅葉のシーズンである)

紅葉している場所と言えば山の中だから必然的に山道・峠道を走ることになる。何しろ、拙僧もロード車は久しぶりだから、あまり調子に乗ってはいけないよな。しかし、やっぱりフィーリングの異なる単車だからそれなりに回したくなってしまうのだ。
例のハイグリップタイヤだというダンロップTT900が効いているのか、確かに拙僧のようなへたっぴでも簡単に単車が寝る。そこからアクセルを開けてもそのまま加速する感じが快感だな。しかし、後で調子に乗り過ぎて後悔するのだが。

ポジションが低く、タイトなので自分が速く走っているような気分になる。サウンドも相乗効果があるな。しかし、スピードメーターを見るとCRMよりも遅いくらいだな。拙僧の趣向は中低速の連続するコーナーだからCRMの方がパフォーマンスを発揮できるだろう。基本的には6000回転以下だと満足な仕事をしない。これはテクニックと覚悟が必要な単車である。

香嵐渓は愛知県有数の紅葉地なので平日にもかかわらず、車は多かった。拙僧は裏山から入ったので車は少なく抜きまくって駐車場に着いたな。

ところで、帰り際に50代くらいのオジサンに声をかけられたのだ。何でも彼のVTRのエンジンがかからないのだという。チョークだのキルスイッチだのをチェックすると、電装は問題なさそうなのだがセルだけが回らないのだ。ひとまず押しがけでエンジンンをかけて、エンジンを止めずにバイク屋へ行くようにアドバイスした。

DSCF8872.jpg
(2st車の宿命なのだが)

それで、帰りもイイ具合にエンジンを回して駐屯地へ帰還する。その前にガソリンをチャージするとリッター14kmくらいだった。山メインでもちょっと燃費が悪いな。もしかしたらCRMと大して航続距離が変わらないかもしれないな。せめてリッター16km走ってくれると嬉しいのだが。

帰還後、サイレンサー周りを見ると酷くオイルで汚れていて嬉しくなってしまうな。それはイイのだが、シートを外して2stオイルの量をチェックするとタンクの半分くらいが無くなっていた。150kmの道のりで1Lの2stオイルタンクの1/3近くを消費している。これはちょっとシンドイな。キャンプツーリングでは1Lのタンクが2缶は必要になりそうだ。

DSCN2227.jpg
(ヤマハの2stオイルは昔から評判がイイ)

兎も角、1Lで2600円くらいするヤマハの2stオイル「スーパーRS(赤缶)」を使い続けるのは難しい。今後は「スーパー(青缶)」を使うことになるだろう。これだって1Lで1400円くらいするのだが、致し方無しだ。CRMにも使っているホンダのGR2も今は高くなって1Lで1800円くらいするのだが、CRMの方が2stオイルの消費量が少ない気がするな。

段々、ツーリングに向いているのはCRMの気がしてきたなあ。当然と言えば、その通りなんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ

コメント

まいどでっす Rikkie師匠。

2st Twinで14Km/Lは、上々なんじゃないですか?。
オイル量もそれくらいな気がしますが。

最近、師匠の影響で余計に気にするようになりましたが、
ほんと街中で"バイク"を見なくなりましたね。
デカスクーターも、言われてるほど普及してる感もないし・・・。

  • 2015/11/29(日) 13:40:40 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

SNS系で質問したのですが、やっぱりそんな物みたいですね。CRMより燃費も2stオイルの消費量も激しいのは、やっぱりCRMは’97と高年式だからでしょうか。ガソリンに重きを置くか2stオイルに重きを置くか、ロングツーリングでは悩ましいですね。

今日、SNS系のツーリングに参加したのですが35台の中で拙僧より若いと思われるライダーは2~3名くらいでしたね。北海道でも初老のハーレーやBMWの方々ばかりだったし、今の若い連中は可処分所得が低いから単車なんて買えないですよ。

クルマ離れなんて言いますが、結局買えないんじゃないでしょうか。軽自動車がせいぜいで。

地方で若者が車に乗っているのは必須なのと親が買ってくれるのでしょう。

Rikkie師匠。

>可処分所得の減少・・・
っと言われてますが、じぶんはちょっと違う気はします。

自分らの頃より所得が下がってるなんてありえないし
(自分の初任給なんて8万円台/月でしたよ^^;)、相対的な
物価はむしろ下がってる分けですから。
金が無ければ、それこそ解体屋で拾ってきて2個一3個一して
でも"乗る"ってましたよね。
今や2輪にしろ4輪にしろ旧車なんて"ゴミ"扱いですから、
"その気があれば"何とでもなります。
やはりようは"気持ちの離れ"が、最大因だと思います。
 

  • 2015/11/29(日) 22:01:46 |
  • URL |
  • 鍛冶屋 #xw27v.Lk
  • [編集]

どもども、鍛冶屋殿。

可処分所得は下がっていますよ。
拙僧の初任給に比べると2/3以下ですね。

ただ、やっぱり”気持ちの離れ”でしょう。
解体屋で拾ってきた廃車をこつこつ直すのがカッコ悪いんですよね。パズドラやったほうがイイ。

そういう意味で言うとカーシェアリングには抵抗が無くても中古車には抵抗があるみたいですね。
そういうムーブメントなので文句を言うつもりはないのですが、妙に教科書的でツマラナイなと思ってしまいます。

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR