亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN0854.jpg
(はたして動く物は幾つか?)

第一次次会戦と第二次会戦はメインブログで報告している。なんで第三次会戦だけ本ブログで報告することにしたかというと、ブツがジャンク物件ばかりで花が無いからだ。そいうと本ブログを軽視しているようだが、本ブログの趣旨はジャンクカメラのトホホサーフィンなので、本ブログの方が適切と判断したのである。
どうかお付き合いいただきたい。

DSCN0855_20150422090209f58.jpg
(ニコンL135 ”ピカイチメイト”に一番期待していたのだが)

作戦の発動は最終日の午後であった。既に敵の大陸軍と神聖王国連合は撤収に入っており、戦闘は散発的で閑散としていた。拙僧も特に関心のあるブツは無かったのだが、200~300円のジャンクコンパクトカメラが半値のコーナーがあり、ヤシカ35MFとニコンL135を求めたのだ。そしたら店員将校がジャンクコンパクトカメラは5台で200円だという。そうなると拙僧の師団も少しは色めき立つよな。
戦果は下記の通りである。

・ニコン L135 ”ピカイチメイト”
・ヤシカ 35MF
・オリンパス AFL-S
・オリンパス 35DC
・フジフィルム ワークレコード

DSCN0857_20150422090212c8f.jpg
(まずお亡くなりになっている”ピカソ”)

実は一番欲しかったのがニコンL135AFなのだ。これはニコンL35AFピカイチ(初代)の次に登場した廉価機で、その3群4枚のレンズに関心があったのだ。しかし、こいつは完全なジャンクであった。電池室の蓋が破損しているのが原因ではないと思うのだが、モーターがたまにしか回らない。合焦のランプ(多分)が点灯しているところを見ると電源は生きているのだが、モーターが不良なのであろう。残念である。

DSCN0858.jpg
(300円は奢り過ぎだ)

これは絶対に動かないだろうなと思って覚悟していたのがオリンパスAFL-S”ピカソ”である。これは電池交換ができないAFLの電池交換を可能にしたモデルだが、全てのAFLが壊れて不動なのと同様、やっぱり不動であった。AFLもAFL-Sもウントモスントモ言わないのが憎たらしい。しかし、レンズが日東光学らしいので「よもや」と思ってしまうのだ。
300円だったら絶対に手を出さない危険物だが、5個セットで200円なら冒険してもイイだろう。

DSCN0856.jpg
(唯一光るのが、このオリンパス35DCか)

幸いなことにオリンパス35DCとフジフィルムのワークレコードは生きていた。これだけでも200円の価値はあるだろう。
問題は本当にこのような安カメラに、今や高価なフィルムを通すのかなのだが。

DSCN0912.jpg
(新旧の工事カメラ)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR