亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
少数民族のオンナノコ2
(初心に返って「あおいちゃんパニック」時代の竹本泉風に描いてみたよ)

拙僧のメインブログはありがたい事に、いわゆるヒット率を向上させるSEOなんて考えもしないのに、それなりにアクセス数がある。実際にYahooやグーグルで検索すると、拙僧のブログやコンテンツがビックリするぐらい上位にあったりして嬉しいやら恥ずかしいやら。なので、メインブログでは本当の意味でツマンナイこととかクダラナイこととか、はっきり言ってパーソナリティを疑われちゃうような事って書けないですよ。もともと、大したパーソナリティの持ち主じゃないんですから。

そんなわけで、不定期の本ブログで憂さを晴らしているんです。猫十字社さんだって「小さなお茶会」で素敵なマンガを描く一方で「黒のもんもん組」で本性を発揮なさっていたじゃないですか。

民族衣装と弦楽器1
(お前はどうせライフルしか持たせられないんだろうと、本当のことを言われる前に描いたよ)

で、とあるネットコミュニティで「可愛いオンナノコを描く」というのがプチ流行りしていんですよ。最初は拙僧も妻が出張でいない時に、25年ぶりくらいにペンをとってチョイチョイ描いていたんですが、割とちゃんとした時間を割くようになっちゃったんですよね。また悪いことに画材に凝り始めちゃう。カメラやキャンプ道具と同じじゃないかって話なんですよ。

不思議なことに拙僧は単車本体に関しては改造やカスタムに興味がなくてオリジナルの状態にこだわっているんですが。もっとも、オリジナルの状態を維持するには金も労力も少なからず発生しますよ。なんたって、拙僧のR1-Zは26年落ちだし、四輪のロードスターNA8だって’97モデルですからね。単車の方は純正か常識的なブツなんですが、ロードスターNA8は必要かどうかなんてともかく、オイルはワコーズですわ。任せているロードスター屋がワコーズを使うんで、拙僧も偉くなったなあなんて思いますね。拙僧は単車はモチュール派でしたけど、ワコーズだっていい気分ですよ。

少数民族のオンナノコ1
(お前は素足が描けないんだろうと本当のことを言われる前に素足を描いたよ)

で、「可愛いオンナノコの絵を描く」に話を戻すんですが、まあ、拙僧は軍服か少数民族の衣装が好きなんで、そんな感じなんですよね。ただ、皆さんの方は段々露出が多くなる。その内、「俺は可愛いオトコノコが描きたいんだよ」という方がいらっしゃって、なんだか込み入った方向に行きそうな具合なんですよ。

宴会1
(ソードファンタジーとSFの中間くらいのパーティーを組んでみる)

で、BLですわ。んなこたメインブログは絶対に書けませんよ。いや、別にそのコミュニティにBLが発生しているわけではないんですが、半裸のボーイズのイラストとか出始めているんで、ちょっとヤベエなって感じなんですよ。それにBLってのは拙僧も、満更、全く知らないわけではない。ちなみにBLってのは「ボーイズラブ」のことですな。

あちこちで書き散らしたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれないんですが、拙僧が幼少期に初めて手にしたマンガの単行本は「ドラえもん」でもなければ「ゲームセンターあらし」でもなく、「ポーの一族」と「けっこう仮面」なんですよね。拙僧の実家は貧乏でケチだったからマンガなんて買ってくれませんよ。叔母さんと叔父さんがくれたのでショウ。幼稚園児だったか小学生低学年だったか忘れましたが、性的なモチベーションなんて全くクリアな幼年期でもエドガーさんとアランさんがバラのエッセンスを交換するくだりは「けっこう仮面」さんが「身体はみんな知っている」よりもヤベエんじゃないかなと思いましたよ。それで「けっこう仮面」方面に行けば、まだ早熟な少年で済んだんですが(多分)、拙僧は「ポーの一族」の方に行っちゃった。あれは拙僧のパーソナリティを形成するにおいて悲劇的な影響を与えましたね。

ペリシュテ1
(25年ぶりにカラーマーカーを手に入れたので描いてみた)

それで拙僧が少年趣味に走ったかというと、そんなことは無いですよ。ちゃんと「スカートめくりの帝王」と呼ばれていたし、実際に仲良くなった女子の「スカートめくり」よりも一歩踏み込んだモノも拝見させて頂きましたからね。なんだか、拙僧が日本人女性にモテたのは、あの頃がピークだった気がするなあ。その20年後に漢族や朝鮮族の女子に好んで頂けるようになるんですが。

それでBLに話を戻すんですが、「BL進化論」という本を図書館で借りたんですよね。攻めているなあ拙僧の自治体の図書館は。それはBL好きのレズビアンの方が書いた本で、今、このブログを書いている拙僧も自分のマインドに混乱をきたしているのですが、とにかく、それを読んだんですよ。一足早い冬を迎え始めた奥飛騨温泉キャンプ場で。

彼女によるとBLの歴史は「美少年マンガ期」、「やおい期」、「近代的BL期」へ変化変貌しているとおっしゃるんですよね。それに拙僧は違和感を覚えるんですよ。

よー、ビアンのねーちゃん。俺は幼稚園児の頃から萩尾望都と竹宮恵子を読んでんだよ。

走っている士官
(走っているオンナノコというテーマを頂いたんだが、拙僧が描くとこんな感じになりますな)

彼女の言う「美少年マンガ期」というのは、拙僧からすると後年になってカテゴライズした際に命名したものだ。拙僧の認識では「花の24年組」というものだった。確かに大局的には「美少年マンガ期」における「花の24年組」という一ジャンルに過ぎないのだろう。しかし、拙僧のように前線で弾を掻い潜って生き残ったモノとしては、その「BL進化論」に「花の24年組」のくだりが全く欠けている、あるいは簡単に触れているのが面白くない。吾妻ひでおがポルノでしかSFを描くことができず、竹本泉が少女漫画でしかSFが描けなかったように、時代というものがある。

確かに黎明期のBL文化を「美少年マンガ期」とするのは歴史的には妥当であろうが、少なくてもマンガ・コミックにおける開拓者は確実に「花の24年組」であり、それを軽視することはできない。拙僧に「ポーの一族」や「綿の国星」をくれた叔母さんは萩尾望都の知り合いだったらしい。

既に故人なのでその事実は不明だが、仮に御存命だっととしても、拙僧はどこまで何をしたいんだ?

ただ、つくづく思い知らされたのは、拙僧の知っている幼少期の「花の24年組」と近代のBLは全く隔世のあるものですな。「花の24年組」のお話ってのは、性的なシーンは無かったですよ。そういうのを匂わせるシーンはあったけど露骨には無かった。大体、そういうのが露骨に露出し始めたのは「パタリロ」辺りからじゃないですか。そういう意味で言うと魔夜峰央の開拓は打撃力がありましたね。あれが、夕飯時のお茶の間のアニメになったのもすごい。スゲーよ旧世紀。コダクロームよりもスゲエ。

それが「やおい期」になると、「聖闘士星矢」とか「キャプテン翼」とか、後は「月刊OUT」とかになるんですが、長くなるので切り上げます。

多分、続きはないです。多分。
スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
翡翠売り
(鉛筆からシャープペンにグロウアップしたぜ)

なんだか9月に入ってから3日以上晴れが連続したことって無くないっすか。

不思議とモデル撮影会の日は晴れるし、天気予報が雨でもゲリラ的に晴れて洗濯ができたりして、そんなにふて腐れるほどではないんですが、単車に乗れないんっすよ。いや、短距離ツーリングなら行けるんですが、4~5泊のキャンプツーリングを予定しているんですよ。短距離ツーリングってったって調子に乗って300kmくらい走ると拙僧のハニーであるR1-Zは2stオイルを0.5Lくらい消費するんですよね。もう、近所ツーリングなんて2stオイル代が惜しくて出せないんです。

やっぱり、ジェベル250XCかXR-250Bajaを追加で買うしかないかなあ。

ライフルと民族衣装1カラー
(25年ぶりくらいにカラーイラストを描いたよ)

それでオンナノコの絵とか描いて憂さを晴らしていたんですよ。
ちゃんとブログとかコンテンツを書けってて話なんですが、やっぱり雨だと撮影もできないしモチベーションも上がらないんですよね。

民族衣装とナイフ1カラー
(これはペン入れを考えていなかったので、かなり線が厳しいな)

正直な話、オンナノコの絵を描くってのは憂さが晴れるんですよ。
そんな事をするのが25年ぶりくらいなので新鮮な感じなんですよね。
オンナノコの写真を撮るのも好きなんですが、ちょっと前までは液温が高くて現像ができなくてモノクロフィルムが使えなくて、殆どデジだったんですよね。
やっぱり、デジの画像って萌え度がイマイチなんですよね。

DSCN5355.jpg
(100円ショップも、色々な画材が手に入るようになったなあ)

それで、鉛筆やシャープペンで落書きをしているうちは良かったんですが、発泡酒を1Lとワインを半瓶くらい飲んだら「ペン入れしねーと意味ねーっスよ」と頭の中で声が聞こえたんですよね。それはそれで、マッキーでペン入れしていたんですが、なんだかカラーイラストにしたくなってきちゃった。

DSCN5356.jpg
(なんだか冗談では済まなくなってきたような)

それで25年前に買った水彩色鉛筆とか水彩クレヨンを出しましたよ。筆は出てこなかったので数本のマーカーと共に100円ショップで確保。拙僧は民族衣装が好きなので図書館で中央アジアとか雲南省とかの資料本も借りてきちゃった。

ああ、帰り道が分からなくなる前に1週間くらい晴れて、拙僧にキャンプツーリングをさせてくれ。






テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

09 « 2016/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。