亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN5245.jpg
(ひとまず光学系は綺麗に見えるのだが)

まずは、現在、かなり酔っ払っているの乱筆をご了承頂きたい。

メインブログではまだ紹介できていないのだが、コンタックスマウントのゾナー50mmF2を確保したのだ。他にも様々なつまらないモノを確保しているのだが、酔っ払っているので整理ができない。

コンタックスマウントのゾナー50mmF2といってもヤシコンではない。ヤシコンはプラナーだけど、とにかく戦前から続くコンタックスマウントだ。

DSCN5246.jpg
(こういうカメラが手元にあるのが不思議な気もする)

話はメインブログで展開したのだが、盆前に傷だらけのゾナー50mmF2付きのコンタックスIIを確保したのだ。無論、それで真面目に撮影するつもりはなかったのだが、帰省時にアクロスを通したらそれなりに写ったのだ。何の問題もないかというと、勿論、そんなことはなくて、巻き上げノブをゆっくり回さないとフィルムがジャムってしまう。逆に言えば巻き上げノブをゆっくり回せばシャッターも大丈夫だし、距離計も概ね合っているようだった。

ただし、傷やカビに鷹揚な拙僧でもゾナーの傷はちょっと無視できない程度だった。
撮影結果では、よっぽと光線状態が悪くなければ、それなりに写っているのだが、やっぱり気持ちよくない。

DSCN5247.jpg
(割と自分が間違っているのではという自覚がないわけではない)

それで間違いでもあったらゾナー50mmF2かゾナー50mmF1.5でも拾ってもイイなと思ってはいたのだ。だが、思ったよりもはるかに早く間違ってしまった。名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争である。
そこで2万円のゾナー50mmF2を発見したのだ。

DSCN5248.jpg
(カニ目の傷がきになるが)

そうは言っても、拙僧も少しは常識人だ。コンタックスIIなんて何時壊れるか分かったものではない。なので、軽率に拾ってしまうのは抵抗があった。2万円は拙僧の師団としては大出血である。そこで共闘したniconico殿と寿がきやラーメンで戦局に対し協議したのだが、コンタックスIIが壊れてもキエフで使えばよいのではという、建設的なアイデアが浮かんだ。熟考したのだが買わず後悔は避けたい。niconico殿と分かれ、再び戦場に向かうのである。

ブツは光学系は綺麗に見えた。2万円ならスイートな感じだと思ったのだが、とてもプロがつけたとは思えないカニ目の傷がある。うーむ、これはちょっとなあとマルエイの1階までエスカレーターを降りた。しかし、やっぱり気になるのだ。再びエスカレーターを上がった。

店員氏に再び出してもらうと、2.4万円のLマウントニッコール5cmF2よりも遥かにコンディションが良いように思える。問題のカニ目の傷だが、店員氏の「50年前のレンズですから、いろいろとありますよ」という言葉に傾いてしまった。半世紀前のレンズを使うのは某共和国の半世紀前のIl-28(もしくはH-5)を使うがごとしだが、これも縁であろう。なのでナケナシの2万円を払った。

兎に角、ピントが合えばよいのだが。


スポンサーサイト

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
DSCN0418.jpg
(これが今回の主役のEOS-M(初代)+EF-M22mmF2だ)

そもそも、拙僧はデジ一眼レフとかミラーレス一眼はポートレイト撮影くらいにしかつかわないのだが、最近の拙僧はフォーサーズ機のオリンパスE-520をメインにしている。今更、マイクロでないフォーサーズ機を使うのは笑ってしまうが、その話は後日にさせて頂きたい。
フィルムカメラをメインにしたいのだが、液温が高くて現像できないのだ。
モノクロフィルムの現像をキタムラに任せても良いのだが、やっぱり高くつくし、モデル撮影会の主催者との約束で2週間以内に撮影結果をネットスペースにアップロードしなければならない。
今更、モノクロフィルムの現像には結構時間がかかるから、時間的に間に合うか微妙なのだ。大抵の場合は予定日よりも早く返ってくるのだが。

IMG_2483.jpg
(なんだか歪んでいるなあ)

そもそも、EOS-M(初代)を買おうとしたのはEF-M22mmF2を使ってみたかったからだ。勿論、標準ズームレンズも付属したのだが封も明けていない。当初は、それで満足していたのだが、ポートレイト撮影だとちょっと困った次第になった。周辺が歪むのである。
これはスナップ撮影だったら大した問題にならないのだが、モデルさんに観てもらう撮影画像としては問題がある。なので、EF-M22mmF2の稼働率は下がると思われた。

IMG_2459.jpg
(勝手に露出補正がアンダーになった例)

そもそも、EOS-M(初代)だって気に入ったものではなかった。いや、描写力は優れている。真面目に比べていないが、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼よりは精密度が高い気がする。しかし、このボディはタッチパネルを前提としていて、サブインターフェイスとしてダイヤルやボタンを併用するのだが、気づくととんでもない露出補正を設定している場合があるのだ。そもそも拙僧は、どんな撮影シチュエーションでも露出補正なんかしない。なので勝手に露出補正していると、戻す方法がスグに頭に浮かばなくて困ったことになる。
モデル撮影会は、待った無しの熾烈な戦場なのだ。

IMG_2720.jpg
(ひとまず、ちゃんと写っているが、このチャペルは凄く暗い)

それで、EOS-M(初代)の稼働率が下がるかというと、そうでもないのだ。
モデル撮影会のメンバーは暗い室内とか日陰を好むのである。要するに被写体のモデルさんにあたる光源がフラットになって都合がよいということなのだが、拙僧はくっきりと影が写る晴天下が良い。しかし、そこは誘って頂いた身分なので、積極的に場所を移動するわけにはいかない。
皆さんのデジ一眼レフは比較的に新しいモデルだから、暗い室内でもISO感度をゲインアップするのは容易だが、拙僧の師団の装備は旧式装備をかき集めたものだから、そう簡単にはいかないのだ。

IMG_2843.jpg
(こんな感じの画像を皆さんはお好みなのだ)

無論、そういうシチュエーションではフィルムカメラでは、どうにも対応できない。拙僧の標準装備のの旧式デジ一眼レフやミラーレス一眼でも難しく、比較的新しいEOS-M(初代)を動員させるしかないのだ。EOS-M(初代)にEF-M22mmF2を組み合わせれば、大抵の暗いシチュエーションでも対応できる。

IMG_2927.jpg
(被写界深度は浅いのだが、可能な限り顔にフォーカスをあてているのは流石)

それに、実際のところEOS-M(初代)はクレバーだ。暗くてEF-M22mmF2では絞りが開放になり、被写界深度が浅くなっても可能な限りモデルさんの顔にフォーカスが合うようになっている。着物は完全にアウトフォーカスなのだが、顔にはフォーカスが合っているのだ。無論、拙僧はプログラムAEしか使っていない。流石、新鋭カメラである。世の中にとっては旧式でも、我が師団の中では最新鋭なのだ。

IMG_3113.jpg
(こんな撮影もできる。デジカメは凄いなあ)

世間では評判がイマイチなEOS-M(初代)だが、拙僧の戦闘では十分だ。驚くほどに暗いシチュエーションでも撮影ができる。デジカメって本当に凄いな。

それでEF-Mマウントのレンズを増やそうと思うかというと、そんなことは全く無いのだが。






テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08 « 2016/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR