亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCN4481_201604281910079a0.jpg
(もう何台目の個体を手に入れたか覚えていない。6台くらいかな)
DSCN4480_2016042819100629d.jpg
(ネガキャリアが壊れてしまって弱ったり)

拙僧がネガ(もはやポジを使うことはあるまい)をPCに読み込むのに使っているのが、エプソンのフラットヘッドスキャナーのGT-X700である。これは拙僧も12年くらい前にHオフの中古で買ったものだ。発売が何時だったのかよく分からないのだが、OSがWindows98時代である。なんで、そんなロートル(老頭兒)なブツを使っているのかというと、今どきのフラットヘッドスキャナーはフィルムを読み込むことなんて考えていないし、フィルムスキャナーというジャンルの商品も現存しているのかもしれないが、多分、拙僧が買える代物ではないだろう。

なんでGT-X700なのかというと、ネガのストリップ4本が一度に読み込める数少ないフラットヘッドスキャナーなのだ。少なくてもネットオークション上では唯一と言っていい程だな。ただ、既に製品寿命が切れかけているので、ちょくちょく壊れる。普通のフラットヘッドスキャナーとして使う分にはエラーは出ないのだが、肝心のネガの読み込みの時に読みそこなって空白の画像を作ってしまうのである。そうなると拙僧としては廃棄だな。かといって他のモデルは見当たらないし、ネットオークションで再びGT-X700を探すことになる。あまり安くなくて2000~4000円くらいするな。送料もかかるのでいい値段になってしまう。それはイイのだが、困ったことに本体のみの場合がほ殆どでアクセサリーの類が一切ないのだ。欲しいのはネガキャリアなのだが、まず付属している物件はない。

DSCN3328.jpg
(アメージングなことに、ブツは元箱付きで届いた)
DSCN4479.jpg
(肝心な壊れていなネガキャリア)

樹脂の経年劣化もあってか、ネガキャリアを破損させてしまったのが3年くらい前だ。一応、テープで補修して使えるのだが精神衛生上よくない。それで付属品のついた物件を探すのだが、まずない。例の如く、使っていたスキャナーが壊れたので予備を同心して、新しい中古物件をネットオークションで探したのだ。そしたら、たまたま付属品のついたブツが出品されていたのである。価格は相場よりもやや高かったが選択肢はない。こんなチャンスは全く無いのだ。ビット入れて、セカンドビッターは現れずに取引を終了した。

その付属品のついたブツだが、スキャナー本体は壊れていた。例の原稿用には使えるがフィルムスキャンではエラーがでる代物だったのだ。しかし、拙僧が渇望していたのはネガキャリアの方だから何の問題もないな。

DSCN5092_20160429081634fa3.jpg
(上位機種とは言い難いGT-X750)
DSCN5097_20160429081635b02.jpg
(GT-X700とは、かなり見劣りするネガキャリア)

それにしても、そろそろ生きたGT-X700の数は少なくない。年式の新しいGT-X750も持っているのだが、これは1度に2本までのストリップしか処理できないし、中判フィルムのスキャンはできるが4x5フィルムのスキャンはできない。

幸いなことは、エプソンは面倒見がいいのでWindowsがグレードアップするたびにドライバーを更新してくれることだ。
拙僧のエプソンへの信頼は高い。
スポンサーサイト

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

このページのトップへ
P4200061.jpg
(我ながら荷物の多さに呆れる)

九州で大変な地震災害が起きた。被害を受けた方の速やかな復興と一日でも早い日常生活の復帰を祈るばかりである。
これで、拙僧の九州・四国キャンプツーリングは白紙化した。幹線道は復旧しても、拙僧の好きな山間部は後回しだろうし、何しろ拙僧のようなチンピラが復旧の邪魔になるのは忍びない。

しかし、いずれにしろ、どこかしらにロングツーリングするのは確実だ。
なので演習をして静岡県の秋葉原神社キャンプ場にて1泊ツーリングをした。無論、R1-Zでのキャンプツーリングは初めてである。

P4200059.jpg
(秋葉神社キャンプ場の芝生サイトにて)

拙僧はとにかく心配性なので荷物は多くなる。今回は1泊ツーリングなので装備を減らすこともできたのだが、ロングツーリングの演習だから、それなりの装備をした。それでもサンダルを忘れている。
実際には予備のコットンパンツと予備の下着が若干増えるだろう。

キャンプ道具一覧:

・テント(ドッペルギャンガー
・シェラフ
・シェラフカバー(イスカ)
・Z字マット(キャプテンスタッグ)
・東ドイツ製ポンチョ
・3脚椅子

・ガスストーブ(イワタニ、カセットボンベ用)
・カセットボンベx2(1本は使用中)
・カセットボンベ(ハーフサイズ、緊急用)
・ライターx4
・虫よけスキンガード
・殺虫剤
・コッヘルセット
・フォーク・スプーン・小型ナイフ・缶切り/栓抜きセット
・箸
・割り箸x2
・まな板セット
・サバイバル風ナイフ
・コーヒードリッパー&コップセット
・レギュラーコーヒー
・塩
・胡椒
・キャノーラ油
・米
・1L水筒(水入り)
・700l赤ワイン
・緊急用水バック
・缶詰x3(肉、魚)
・インスタントカレーx2
・レトルトリゾット
・インスタント味噌汁x6
・軍手
・アルミ製エマジーエンシーシート
・折り畳み式帽子
・予備ペグx6
・カードサイズ緊急ナイフ
・電池式ランタンx2
・LEDライト
・電池x沢山
・アルミホイル
・組み立て式テーブル
・木ハンマー
・ロープ
・携帯ティッシュx3
・トイレットペーパー(使い減ったもの)
・ウェットティッシュx2
・絆創膏
・包帯
・ガーゼ
・コットンスティック
・正露丸
・頭痛薬
・胃薬
・風邪薬
・葛根湯
・かゆみ止め
・常陽薬
・耳栓
・予備眼鏡
・リンス/シャンプー
・歯磨きセット
・日焼け止め
・アウトドアソープ
・石鹸
・シェイブフォーム
・髭剃り
・スポンジ
・食器洗剤
・小型洗濯物干し

・下着セットx2
・バスタオルx2
・フェイスタオルx2
・トレーナー上下(寝間着兼)
・パーカー
・ウィンドブレーカー
・ユニクロウルトラダウンベスト

・合羽
・ブーツカバー
・防水グローブ
・傘
・パンク修理キット
・ロッキングプライヤー
・ハンマー型マルチツール

・ガラケー
・iPad
・ウォークマン
・緊急電源(iPad、ガラケー用)
・コンパクトスピーカー
・イヤホン

・オリンパス μ725
・予備電池x2
・ニコン クールピクス5600

・エンデューロジャケット
・MA-1風オーバーパンツ
・厚手のパーカー
・穴の開いたコットンパンツ
・ウィンターグローブ
・ヤマハのジェットヘル

P4190048.jpg
(いろいろと安普請なドッペルギャンガーのテント)

そもそも、これらがキュートなR1-Zに積めるのかという不安があったが、その辺は長年の経験で積むことができた。
運動性能の劣化も実際のところ大した影響はなかった。上り坂での発進と思ったよりもリーンがきつくなるのに注意が必要なくらいだ。
もっとも、走る方は問題なくても制動(ブレーキング)には大いに不安なのでトップスピードは通常時の7~8割とした。特に急勾配の下りでタイトコーナーが連続すると、かなり怖い思いができる。なのでペースは抑制的でないとな。

困ったのは荷物が前方向にスライドするので人間が座りシート面積が狭くなってしまうのだ。具体的に言うと股間がタンクに当たって痛い。これはメインバックの後ろ側のストレッチを調整することで、ある程度はマシになった。

P4200062.jpg
(芝地では不安なので平たい石を見つけてサイドステップの下に敷いた)
P4200058.jpg
(グランドシートとフライシートを繋ぐフックのナイロンベルトが抜けてしまったので、結び目でタイコを作る)

秋葉神社キャンプ場は600円サイトと300円サイトがある。600円サイトの方が炊事場やトイレに近いのだが、炊事場といっても簡単な水道があるだけだし、トイレの臭いがきつくて風向きによっては臭ってくる。街灯(?)があるのがありがたいが、拙僧は300円サイトを選択した。300円サイトも整地した河原サイトと芝生サイトがあるのだが、河原サイトはペグが打てないし、万が一夕立でも降って増水でもしたら目も当てられないので、1段上の芝生サイトを選んだ。トイレや炊事場からは遠いし、夜中には真っ暗になってしまうのだが300円の値段からすれば妥当か。拙僧はいわゆる野営ではなく、キャンプ場で張る派だからな。

P4190049.jpg
(ガスボンベに傷がついているのが気になる)
P4190053.jpg
(米とサバ缶のゴージャスなディナー)

ランタンはLED式のものと豆電球式のモノを用意した。LED式のモノはいわゆるランタンを小型化したものでリサイクルショップで100円だった。豆電球式は100円ショップのミニランタンで、これは懐中電灯としても使える。LED式のモノは電池消耗が極めて少ないが、豆電球式のモノはそれなりに減る。

ストーブはカセットガス用のイワタニを使用。従来、拙僧はコールマンのガソリンストーブを常用しているのだが、今回は装備を少しでも少なくしたくてイワタニをチョイスした。カセットガスは予備や防虫スプレーと隣通しにバックに放りこんだのだが、ペイントが削れたり、若干変形していたのでパッキングは少し慎重になる必要がありそうだ。

当日は事にはことさら風が強く、時折、砂を巻き上げ突風が吹くようなコンディションだったが、意外とカセットガスのイワタニのストーブでちゃんとコメは炊けた。北海道ツーリングのようにジンギスカンを作るならイマイチ不安だが、米を炊くのと簡単な調理では十分のようだ。

P4190051.jpg
(テントを設置して15時頃には始めてしまう)

秋葉神社キャンプ場の近くには温泉のようなものが無いので、アルコールテッシュで体を拭くのに止めた。売店はR473を2kmほど北上するとスーパーがある。テントの設置が完了したのが15時くらいだったのだが、ビールを始めてしまう。それにしても風が強く、安普請なドッペルギャンガーのテントが突風に堪えるのかが心配だ。ドッペルギャンガーは幅広く廉価なアウトドア用品を展開しているが、イメージキャラクターに芸人の「ヒロシ」を起用しているあたりからも不安が残る。

心配しても仕方がないので17時まで本を読んだりiPadでラジオを聞いたりして時間をつぶして米を炊いた。おかずはサバ缶のみのシンプルかつゴージャスである。それにしてもiPadというのは時間が潰せてありがたいなあ。

突風は深夜まで続いたが、アメージングなことにドッペルギャンガーのテントは耐えた。意外と使い物になるなあ。ウォークマンを聞きながら寝たが、夜中に何度も起きて睡眠は不安定だった。深夜には風は収まっていたのでバタバタとフライシートがめくれるからではないのだが、拙僧は睡眠が浅いのだ。

P4200054.jpg
(あって嬉しいレトルト食品)

30分おきに起きながらも朝を迎える。
朝飯は昨日の残り物のコメにレトルトのグリーンカレーだ。拙僧のキャンプ飯なんてこんなものである。

テントとキャンプ道具を撤収するのに1.5時間もかかってしまった。ドッペルギャンガーのテントが多少複雑なところもあるが、拙僧がもたもたしているからだろう。ちなみに秋葉神社キャンプ場から自宅最寄りのR248までは2時間10分で着いたから、1/3は撤収に時間がかかったことになる。

テント内の最低気温は9度だった。イスカのシェラフカバーとユニクロウルトラダウンのベスト、それに東ドイツ製のポンチョが功を奏したのか寒くはなかった。夏でも5度以下になる北海道ほど寒さに神経質にならなくて済むかもしれないな。もっとも、行きは厚手のパーカーだったが、帰りは薄手のパーカーにしたのだが、寒くて参った。キャンプ場では暑いくらいだったのだが、常に風に曝されるライディングは寒い方を想定しないとな。

ひとまず、R1-Zでキャンプツーリングができることが証明できた。GW開け頃に紀伊半島を中断するつもりである。去年はテントをなくして撤退したからな。

DSCN1076_20160420184909ee3.jpg
(5000円以下の安テントだが、北海道キャンプツーリングで実績がある)

ドッペルギャンガーのテントを全面的に信頼できるかというとそうでもないので、次回はバンドックを動員するつもりだ。バンドックは作りは粗暴だがシンプルで信頼性が高そうだ。

いずれにしろGW開けが楽しみである。

テーマ:キャンプツーリング - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ
P4120001.jpg
(南信州は桜が満開でした)

過日、4/12~13に、行きはR152を使って下道オンリー、帰りは高速道路一部使って帰ってきた。

いつもより遅めの9:15にO市の自宅を出発、県道477からR031、県道77から県道363からR473といつものコース。設楽町の新段戸トンネルまでは45分で着いたので、いくらかは回してやる事ができたのでは。

R151に出てから北上。工事が多く、片側1車線の交通規制でしばしば四つ輪の団子を抱えたが、軽くスルー、家から2時間もかからないで長野県の県境を超える事ができましたわ。

P4120006.jpg
(どうも、長野県と静岡県がグルになって横移動を阻止しているのではと思うのだが)

ところが順調に行ったのはここまで。R151からR418へ左折するとR152方面は全面交通止め。なんだかR473のR151~R152間も全面交通止めだったし、わざと横移動ができないように工事しているのだろう。
交通警備員のおっちゃんに聞くと道が悪い林道だが、抜け道があるという。あっしは20代のころはオフ車でダートを走っていたこともあるし、インパルスでダート経験もあるので気さくに迂回。

P4120004.jpg
(画像では急勾配が表現できないのが残念だ)

ところが林道はあっしの想像したような優しいダート路ではなく、コンクリート舗装が崩壊したなかの荒れっぷり、それはそれでいいんだけど、急勾配の下り坂は参りました。こんな道でも軽四輪(4WDでしょうなあ)は上がってくるので路肩に寄せたのだが、ブレーキをかけた状態でも単車がずりずり下がっていく始末。これは下るのは何とかなっても、道を違えたとなれば登るのは相当困難だと頭を悩ませている。すると、登ってきた軽ワゴンのおっちゃんから、ひとまず道の先には「おきよめの湯」というR418に出られると情報を得たので、心配ながらも下る。幸い、R418に出ることはできましたね。

P4120008.jpg
(どっかの迂回路で見つけた滝)

R152に出てから快走して北上。いつの間にか三東南信自動車道に出てしまいました。いずれにしろ矢筈ダムキャンプ場をした見るる予定だったのですが、見落とすとは気分がハイになっているのだろうか。

蛇洞林道をサクサク上ると、さっきまで桜が綺麗だったのに季節はまだ冬。オーバーパンツにフル防寒装備でなければ泣いていたでしょうね。しらびそ高原へ向かう道は冬季閉鎖中。

P4120012.jpg
(冬季閉鎖のゲート)

予定では県道59から県道210へ進むつもりだったのだが、県道59への侵入路をまたもや見逃し、気づくと分抗峠を越えてしまう。仕方なく県道49で駒ケ根方面へ下ることに。

P4120013.jpg
(分抗峠。この先に0磁場とかいう怪しげなプレイスがあり、警備員が侵入を拒んでいた)

困ったのはまだ14:00で、どう考えても本日の宿である駒ヶ江YHにはチェックイン前にはついてしまうことだった。案の定、R153バイパスには15:30も満たないうちに着いてしまう。ここでビールとサラダパスタを確保。

YHについたのが15;30。チェックインは16:00だというので県道75で見かけたキタムラに戻る。ここでマミヤユニバーサルプレスという中古カメラが気になったのだ。マミヤユニバーサルプレスをご存知ない方少なくないと思うが、すごく大きいカメラだ。これをツーリング中で買うのは常識では考えられないのだが、やっぱり買ってしまいましたね。キタムラ氏が親切でクッション材を敷き詰めた段ボール箱に入れてくれ、すっぽり入るビニール袋でパッキングして下さる。明日の天気は不良と予測されたのだ。

P4120017_20160414192927d90.jpg
(流石にネットだけでは不安だったのでDIYショップでゴムバンドを買って補強した)

何はともあれ駒ヶ岳YHにチェックインです。


                  ☆              ☆

P4130023.jpg
(単車は朝からしっとりと濡れていた)

駒ケ根YHは9:00に出発。

帰りは中央道で南下して飯田山本からR153を南下する予定が、またもや見逃して中津川ICまで出てしまう。しぶしぶR363を南下します。ところがR363も通行止め。迂回路は時折軽四輪とすれ違うのもためらってしまうような狭いくねくね道で、道のりも長く道を間違えていないか心配しましたね。
それでもところどころ迂回路を促す看板があったので安心材料にはなった。しかし、これでは午前中に自宅に戻り予定は難しいな。
随分長いこと迂回路を通りR257に出ることができた。

P4130024z.jpg
(出発時に駒ケ根YHにて)

R257は快走路なのですが、路面がセミウェットなのでペースは慎重。それでもアッサリ「どんぐりの里いなぶ」にて11時からのNHKの15分間のニュースを見ながら昨日買ったおむすびを食べる。

後はR157を南下するいつものコース。県道39を通ってR248に出たのが12:00弱で、やっぱりう回路を通らずに済めば午前中には家についていましたね。

P4130026_20160414192457201.jpg
(おお、いい具合)

退院したばかりのR1-Zですが、絶好調。懸念であった2stオイルの排出量も常識的な範囲で収まり、九州・四国キャンプツーリングにも明かりが見えてきた。

天気予報では悲観的でったのですが、雨には降られずラッキー。
しかし工事は多かったですねえ。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ
DSCN3297.jpg
(我ながらよくよく運のない男だな。ツーリング先でこのような大物と出会うとは)

旅先でカメラやレンズを買ってしまうというのはよくあることだと思います。

しかし、R1-Zで1泊ツーリング中にマミヤユニバーサルプレスは悩みますよね。
キタムラ駒ケ根店の方が親切にクッション材を多めに入れた段ボール箱でパッケージングして下さり、翌日の天候不良を考慮して大きなビニール袋で包んでくれたので助かりました。

R1-Zという単車とマミヤユニバーサルプレスというカメラをご存知の方は、相当ロックな行動だとご理解いただけるでしょう。

P4120016.jpg
(ひとまず積んでみたが、やっぱりネットだけだと不安)
P4120017.jpg
(ホームセンターでゴムバンドを買って補強した)

マミヤプレス(初代)やスーパー23は持っているんですが、この個体はファインダーにカビがあるものの気にはならず、距離計イメージのハッキリ具合が手持ちのモノよりずっと良かったんですよね。

レンズは薄くカビがあって5000円は標準かなあ。でも、外観は凄く綺麗で、多分、死蔵モノだと思います。

帰りは高速道路も使って、通行止めの国道の迂回路で舗装林道を走ったり、開けたワイディングでは、相当寝かせたりしたのですが、帰ってきたら距離計もシャッターも無事でした。

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
DSCN3095.jpg
(既に持っているものと同じブランド)

既に持っているレンズを買うというのは一定の理由がある。拙僧の趣向である古いレンズは個体のコンディションもまちまちだし、気づいたらカビやクモリが発生している場合があるので、お値打ちな価格帯だと一先ず確保してしまうのだ。

しかし、ナイフ。それも実用に怪しいナイフとなると、ただの散財だろう。

DSCN3096.jpg
DSCN3097.jpg
(これを実用しようとは思わないが、一種のジョークとしてキャンプ装備するかもな)

それで、またバタフライナイフを買ってしまった。理由は安かったからだ。送料無料で落札価格は1110円である。トレードマークからして、先のタイから直輸入した物件と同じブランドのものと思われるが、一応、日本国内からの発送だった。インボイスに「工具」と書いてあった気がするが覚えていないな。

ひとまず切れないことはない。しかし、切れ味は送料込みで499円だったセラミクスナイフの方が切れる。実際のところ、セラミクスナイフはペーパーナイフとして実用化している。しかし、このナイフは実用化しないだろうな。ブレードの薄さからして研ぐのもためらうほどだ。

しかし、こういう実用性から程遠いナイフでチャラチャラ遊ぶのはたった一人のキャンプ場では意外と癒しになるかもしれない。雰囲気だけでもロックを気取れるしな。

DSCN3053.jpg
DSCN3056.jpg
(黒と銀が揃ってしまった)

肥後守をまた買ってしまったのは、手持ちのモノよりブレードが長いと勘違いしたからだ。届いた物は手持ちのモノとブレードの長さは同じだった。しかし、グリップが金に近い銀色なのである。これがカメラだと黒ボディと銀ボディを揃える意義はあるが、肥後守だとなあ。勿論、これは実用としては何の問題もない。

それにしても早くキャンプツーリングの季節にならないかと悩ましい。こういう要りもしない物を買ってしまうのは、実際のキャンプツーリングができないからだ。欲求不満で散財してしまうのである。

桜も散ったし、そろそろデビュー戦を飾らなければな。

テーマ:キャンプツーリング - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ
P4030001.jpg
(すっかり綺麗になったR1-Z)

2stオイルの排出量が半端なく、入院していたR1-Zが2週間ぶりに退院した。整備内容はチャンバーとマフラーのグラスウールを徹底的に洗浄してくれたらしい。オイルだらけだったテイル周りも綺麗にしてくれて嬉しいなあ。保証期間は過ぎていたのだが保証対応でタダ。いい店だなあ。やっぱり選ぶはお店だ。

ひとまず近所で様子を見て、来週中には駒ケ根あたりに1泊ツーリングするつもりだ。基本は山道や峠道だが、チェック走行も兼ねるので高速道路区間も設ける。いつ出発するかは天気次第だが、2stオイルの排出量はマシになっているといいなあ。

P4030004.jpg
(官能の2stサウンド)

ところで、ふと店員氏にヤマハMT-07に話をふったら乗せてくれるというので試乗しました。いやあ、最近の単車も楽しいですわ。出発時にR1-Zのつもりでスロットルを開けたら反対車線に突っ込みそうになった。低速からのトルクフルで速い。

一瞬で90くらい出ている。簡単に寝てステップは擦れるし、これはいい単車だなあ。拙僧の趣向であるくねくね峠もイケそうだな。

5年くらい2stのビートを楽しむつもりだが、R1-Zの修理にくじけたら、この単車はありうる選択だな。
21世紀の単車も十分楽しいなあ。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

03 « 2016/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。