亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCN0854.jpg
(はたして動く物は幾つか?)

第一次次会戦と第二次会戦はメインブログで報告している。なんで第三次会戦だけ本ブログで報告することにしたかというと、ブツがジャンク物件ばかりで花が無いからだ。そいうと本ブログを軽視しているようだが、本ブログの趣旨はジャンクカメラのトホホサーフィンなので、本ブログの方が適切と判断したのである。
どうかお付き合いいただきたい。

DSCN0855_20150422090209f58.jpg
(ニコンL135 ”ピカイチメイト”に一番期待していたのだが)

作戦の発動は最終日の午後であった。既に敵の大陸軍と神聖王国連合は撤収に入っており、戦闘は散発的で閑散としていた。拙僧も特に関心のあるブツは無かったのだが、200~300円のジャンクコンパクトカメラが半値のコーナーがあり、ヤシカ35MFとニコンL135を求めたのだ。そしたら店員将校がジャンクコンパクトカメラは5台で200円だという。そうなると拙僧の師団も少しは色めき立つよな。
戦果は下記の通りである。

・ニコン L135 ”ピカイチメイト”
・ヤシカ 35MF
・オリンパス AFL-S
・オリンパス 35DC
・フジフィルム ワークレコード

DSCN0857_20150422090212c8f.jpg
(まずお亡くなりになっている”ピカソ”)

実は一番欲しかったのがニコンL135AFなのだ。これはニコンL35AFピカイチ(初代)の次に登場した廉価機で、その3群4枚のレンズに関心があったのだ。しかし、こいつは完全なジャンクであった。電池室の蓋が破損しているのが原因ではないと思うのだが、モーターがたまにしか回らない。合焦のランプ(多分)が点灯しているところを見ると電源は生きているのだが、モーターが不良なのであろう。残念である。

DSCN0858.jpg
(300円は奢り過ぎだ)

これは絶対に動かないだろうなと思って覚悟していたのがオリンパスAFL-S”ピカソ”である。これは電池交換ができないAFLの電池交換を可能にしたモデルだが、全てのAFLが壊れて不動なのと同様、やっぱり不動であった。AFLもAFL-Sもウントモスントモ言わないのが憎たらしい。しかし、レンズが日東光学らしいので「よもや」と思ってしまうのだ。
300円だったら絶対に手を出さない危険物だが、5個セットで200円なら冒険してもイイだろう。

DSCN0856.jpg
(唯一光るのが、このオリンパス35DCか)

幸いなことにオリンパス35DCとフジフィルムのワークレコードは生きていた。これだけでも200円の価値はあるだろう。
問題は本当にこのような安カメラに、今や高価なフィルムを通すのかなのだが。

DSCN0912.jpg
(新旧の工事カメラ)
スポンサーサイト
このページのトップへ
DSCN0721.jpg
(10年近く、ロクに管理もしていなかったアクリル塗料は何とか使えそうだった)

手持ちにピースコンがあるのだが、今更ながらガスボンベを買うのはコスト高だし、そもそもアマゾンでも見つからない。なので簡易コンプレッサー付きのキットを買おうと思った。ネットで見ると中華なブツは2000円くらいからあるのだが、ちょっと気が引けるよな。タミヤのベーシックセットも気になったのだが、見た目が樹脂製でプアなのはイイとして、常にエアが抜けてトリガーを引くと塗装を噴く仕様が間抜けで気に入らない。そこで目を付けたのがエアテックスのメテオという簡易コンプレッサーとスプレーガンのセットである。これならアマゾンで7000円くらい。アンダーパワーや耐久性の不安なども聞くが、コンプレッサー単体に1万円も払えないんだから選択肢はないよな。妻に隠れてぽちっとしましたよ。結局、カード会社からの明細でばれるのだが。

DSCN0719.jpg
(真鍮製で立派なスプレーガン)
DSCN0720.jpg
(コンパクトなコンプレッサー)

翌日の午前中には便が届いた。流石、アマゾンだなあ。妻が帰ってから届くと厄介だと思っていたのだが。
スプレーガンは思いのほかちゃんとしてにんまりである。タミヤの樹脂とビニールのガンだと興ざめだからなあ。いや、あれはあれで使い物になるのだろうけど、モチベーションの問題だ。
コンプレッサーのエア放出口が樹脂製で確かに耐久性に一抹の不安が残る。樹脂製のカメラ側レンズマウントが欠けているのは見たことがないが、レンズのマウントが欠けているブツはちょいちょい見るからなあ。頻繁に抜き差しするモノでもないが気になるな。
肝心のエア圧は確かにパワーは無いモノの、一定のエア圧を維持しているらしくアテになりそうだ。あまり高望みしなければ満足であろう。所詮、拙僧が気の迷いで使う代物だしな。

DSCN0722.jpg
(シンナーの型番に注意)

届いたら早速使ってみたいと思うのは人情というものだ。手持ちの塗料ではトーネードに合う物が無かったのでデザートブラウンとエアグレイ、それに「うすめ液」であるシンナーを買ってきたのだ。雨の合間にGIANTでな。ところが、買ってきたのはエナメル塗装用のX-20だったのだ、ガーン。アクリル塗装の場合X-20Aを買わなければなのだ。
タミヤも分かりやすい型番にしてくれよなあ。全国で同じ悲鳴が何度も聞かれただろう。

なので、メテオはまだ実戦デビューしていないのだ。

(つづく、のか?) このページのトップへ
DSCN0663.jpg
(”ザ・模型”の文言で素性が分かる)
DSCN0664.jpg
(結構、ちゃんとしたキットである)
(今でもあれば揃えようかなあ)

最近、プラモデルに熱だ。集めているだけのコレクターでは収まらなくなってきた。なので、随分前にリサイクルショップで80円で拾ってきた「パナビア トーネード」から始めることにした。ちなみに、あっしはトーネードのマジな英語のパンフレットを持っているよ。その筋の友人からもらったのだ。

DSCN0685.jpg
(わりと真面目に作り始めてしまう)

キットは機首が欠けているくらいで欠品は無いと思ったら、組立説明書が無かった。見れば大体、想像がつくほどのキットなのだが、降着装置はめんどくさいから組まないことにした。あっしは飛んでる姿の方が好きだしな。実は、このキットは甥と作ろうかと思っていたのだが無理っすね。一つ一つの部品が小さいものだから、接着に器用と精度が必要なのだ。接着剤が乾くまで時間がかかるしな。一通りくみ上げるまで半日くらいかかった。

DSCN0709.jpg
(なかなかよくできている)

拙僧が前回プラモデル熱にかかったのは10年くらい前だ。なので、接着剤も塗料もダメになっていると思っていたのだが、一部を除いて使えそうだった。実際に接着剤は使えたしな。ほとんど未使用のサーフェイサースプレーも見つかったので噴いてみた。
最初は未塗装で済ますつもりだったのだが、そうなると塗りたくなるよな。
しかし、筆塗だと何となく不完全燃焼なのだ。
やはりエアブラシが欲しい。

一応、手元には20年くらい前に友人からもらったピースコンがあるのだが・・・
(つづく)

このページのトップへ
DSCN0623.jpg
(チノンの二焦点レンズってだけで、無視はできないじゃないですか)
DSCN0625_20150413171842174.jpg
(ところが、見るのも辛いパーフェクトな液漏れ)

先日、Hオフでチノンの二焦点レンズ機を見つけたのだ。価格は324円で安くはない。しかし、チノン独特の怪しい魅力に負けて拾ってしまったのだ。ところが駐屯地に帰還後、電池室がパーフェクトに電池が液漏れしていた。そういえば店頭でも電池蓋が外れなかったのだが、何かしらのネジで固定しているのかと思ったのだ。

DSCN0659.jpg
(電池室を破壊して取り出した液漏れ電池)
DSCN0661.jpg
(アルミ箔で下駄を履かせて通電を試みる)

それで速、家庭内ジャンク籠行きにしようとも思ったのだが、ダメもとで電池を抜いてみることにした。液漏れと錆の酷い電池は、電池室を破壊しないと抜けない程だった。その後、電池室奥側の接点を磨き、アルミ箔で下駄を履かせて単三電池を詰めてみると上手い具合に動くようになったのだ。腐食は基盤にまで浸食していると思われるので、何時まで動くか分からないが、動くうちに試すのが吉だろう。

DSCN0675.jpg
(破壊した電池室をガムテープで固定する)
DSCN0676.jpg
(満身創痍の力士みたいだ)

電池室は破壊してしまったのでアクロスを詰めたうえでガムテープでで固定してしまった。これでもボディ上下をつまむように電池室を押さえないと稼働しないのだが、それはそれでよい。気になるのはDXコードを読み取る接点も腐食していたのだが、本カメラはどういう訳か裏蓋にもISO設定スイッチがある。どっちが優先なのだろうか。

仕様上はDXコードが読み取れない場合、ISO100と認識するらしいから、アクロスなら何とか使えるだろう。
今や高価なモノクロフィルムを吹けば飛ぶようなジャンクカメラに投入する快楽である。 このページのトップへ
DSCN0600.jpg
(2こセットで950円だった)
DSCN0606.jpg
(F8クルーセイダーとジャガーのセットである)

今回もジャンクプラモデル(絶版プラモデル)の話である。全くカメラの話にならないのが申し訳ない。
拙僧はカメラを数百個持っているがコレクターだと思っていない。何故なら、それらは時間がなくて使えないだけで待機中であり、何時でもスタンバイ状態なのだ。使う気があるのでコレクターではないのだ。しかし、ジャンクプラモは作る気が殆どないのでコレクターと言われても仕方ないな。
別にコレクターが悪いとは言わないが、何となく戦闘的なイメージからは離れて好ましくないのだ。

DSCN0609.jpg
(ビニールで中が見えるのも子供向けを感じる)

「MATCHBOX」というブランドの物件を鹵獲したのだ。クタビレタ箱のF8クルーセイダーとジャガーのセットである。他にA-10とジャガーのセットもあったが、F-8の方が興味があったので選択。価格は二箱セットで950円だった。元の箱には1800円のプライスタグが付いていた。バブルだなあ。これも新宿のイエローサブマリンか荻窪の喜屋に並んでいたのだろうか。

DSCN0615.jpg
(珍しく、中を出してみた)
DSCN0616.jpg
(意外とまともに出来ていたが、1箱1800円のキットとは信じたくないクオリティ)

拙僧はコレクターなので買ってもビニールの包装も解かないのだが、今回は箱を空けてキットを出してみた。
「MATCHBOX(マッチボックス)」はイギリスはロンドンのメーカーで、そもそもはマッチボックスサイズのミニカーから興ったようだ。実際に、このプラモを買ったリサイクルショップには「MATCHBOX」のミニカーも置いてあった。
3色で成形したキットはどぎつい色でいかにも子供向けのおもちゃ然としていたが、意外とまともというのが印象である。
勿論、タミヤやハセガワのクオリティを求めてはいけない。簡単なキットなので、そのうち作ろうかと思っている。
もっとも、これが実質1箱500円だから優しい気分で見ることができるが、1800円だったら怒りがこみ上げるだろうな。

DSCN0617.jpg
(かさっかさのデカールは今でも使い物になるのだろうか)
「MATCHBOX」はそこそこ成功したようで、アメリカのプラモデルメーカーを買収してスタートレックのキットも発売したようだ。それはちょっと興味があるな。

DSCN0618.jpg
(旧世紀の東京在住時代、怪しい魅力を放っていたTa-154である)
DSCN0605.jpg
(なんと当時は6800円もした)

今回の目玉は「KARO AS(カロアス)」のフォッケウルフTa-154である。懐かしい西ドイツ製。この手作り感溢れるパッケージは拙僧が東京在住だった90年代には異彩を放っており、近づきがたかった。近づきがたかったのは、これはプラモモデルではなく、バキューフォームキットであり、しかも6800円もしたのだ。とても、初心者が手を出す代物ではない。それが新世紀も干支を一週すると1500円になったのだ。拙僧にしては高い買い物だが、やっぱり怖いもの見たさって有るじゃないですか。つい
、鹵獲してしまいました。

DSCN0620.jpg
(空けてビックリスカスカの中身)
DSCN0621.jpg
(これは拙僧の手には負えないなあ)

バキュームフォームキットだから覚悟はしていたが、実際にスカスカの中身をみると脱力するものである。これが1500円だからジョークアイテムとして笑えるけど、当時6800円で買った方というのは、どの程度の病気具合だったのだろう。もっとも、そんなに病気の方がいらっしゃらなかったから、ここ三河まで流れ着いたわけだ。
流石に拙僧も、これにチャレンジする気力もスキルも無いので、これはコレクションに落ち着きそうだ。

DSCN0624.jpg
(チノンの二焦点カメラに興味があったが・・・)
DSCN0625.jpg
(これではどうにもならないなあ)

ジャンクカメラも買っているのだが、どうも完全ジャンクを掴んだりして脇が甘いようだ。
気を引き締めなければならないだろうな。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

03 « 2015/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。