亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCF0001.jpg
ホンダの新しいCB250Fを試乗した夢を見たのでご報告したい。あくまでも夢なので速度とかは架空だ。
絶滅寸前だった250ccロードスポーツ車を開拓したのはニンジャ250なのは間違いない。ニンジャ250も乗ってみて、それなりの単車だったが、スクーターばかりでは面白くもなんともないから功績は大きいな。やがてホンダからCBR250Rという単車が登場して、ちょっとトキメイテしまった。勿論、今更DOHC16バルブ4気筒のハイパースポーツが登場するほど大らかな世の中とは期待していなかったが、流石に単気筒とはがっかりしてしまったな。勿論、単気筒だからスポーツ車が成立しないとは思っていないが、どう見ても拙僧のCRM250Rよりもキビキビ走るようには見えなかった。そのCBR250Rをカウルレスにしたのが、このCB250Fである。この種のジャンルをストリートファイターというようだが、ちょっと大げさな気がするな。そうえいば旧世紀ではオフ車に17インチのオンロードタイヤを履かせてスーパーバイカーズなどといった物だ。

もっとも、今どきの250ccロード車がスカかというと、そんなことはない。そもそも排ガス規制無用の90年代後半の2st250ccのCRMと比べるのはアンフェアだろう。それに、意外と走る。特に驚いたのがスズキのGSR250であり、中国製の1気筒あたり2バルブのSOHC2気筒の24馬力ながら60~90km/hオーバーのするするとした加速は大したものだった。ただ、GSR250は貼りだしたバルジが邪魔で取り回しが悪く、スタイリングが致命的にカッコ悪い。なので販売店も売るのに苦労しているようだ。

さて、CB250Fはどうだろう。スタイリングは今どきの爬虫類か深海魚系だがフェイス回りがすっきりしているので取り回しがよく感じる。単車屋によるとフロント周りとタンクが違うだけで、肩からリアにかけてはCBR250Rと全く同じだそうだ。これも生産の合理化だろうな。ハンドルがコンチネンタル系バーハンドルなのにステップはスーパースポーツ系のCBR250Rのままだから、ライディングフォームには違和感を感じる。こういうのも新感覚なのかもしれないな。
ホンダの250cc単気筒と言うとXR250やディグリーを思い出すが、トルキーでも高回転型でもなくニュートラルである。ニンジャ250の唐突に飛び出して一息ついてしまう様な癖は無く、適度なパルスを感じながらするすると加速する。GSR250の取り回しが重い割に気付くと60km/h後半までスピードが出ているのに対し、CB250Fは適度なエンジンからの入力が有りつつの加速なので自然である。逆に言うと意外性は無いな。試乗コースがほぼ幹線道だったので寝かすような走りはしていないのだが、いずれにしろハンドルをねじ伏せたりリアステアを意識して走る単車ではないだろう。80km/h台まではストレスなく加速したが、それ以上では悩むようになる。何れにしろ、試乗コースが普通の街の幹線道で車も多かったからそれ以上にアクセルを開けることはできなかった。バイブレーションはニンジャ250やZ250よりも抑え気味でホンダらしいスマートな味付けだ。唯一、登りのコーナーで軽くアクセルを開けてみたのだがレスポンスはダルだった。

総じて悪い単車ではないと思う。初めての単車が本単車だったら、別に不満を感じないだろう。昔だとゼルビスに似た単車だ。しかし、ストリートファイターというのは盛り過ぎだろうな。タウンランナーといったところだろうか。

CB250Fを返してCRM250Rに乗り換え、いつものようにアクセルを開けると圧倒的な加速に痺れるな。しかし、それは凄まじいバイブレーションとノイズと引き換えである。今どきの標準所得の20代の若者が125ccを超える単車を買うというのはそれだけでチャレンジだし、燃費も良いCB250Fは良い友になるだろう。
スポンサーサイト
このページのトップへ
DSCN5746.jpg

どうもミリタリー+萌えキャラというのは定着したカルチャーのようだ。拙僧はよくわからないのだが「艦コレ」という第二次世界大戦の艦船を萌えキャラ化したブツがあるらしい。よくわからないがポケット戦艦ドイツッチュラント娘とか重巡洋艦青葉娘とかいらっしゃるのだろう。

その走りがこのカードゲームなのだろうか。これは高校生時代擦り切れるほどやった。イラストは沖由佳雄氏。なぜ?って感じだが、氏がレモンピープルで連載を持っていたことを知る方は、既に多くが鬼籍だろう。

DSCN5747.jpg

ちなみに、帰省時にこんなものも出てきた。これも擦り切れるほどやったが、別に拙僧が妙な趣味を持っていたのではなくて、イラストが竹本泉氏だったのだ。それに、拙僧が現役の高校生の頃だから、他校の制服に興味を持ってもおかしくないよな(?)。

それにしても東京は素敵と思わせたものだ。今でもフェリスと慶応義塾には軽く幻想を抱いている。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

12 « 2015/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。