亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN0516.jpg
(ソニーやパナニックのバッテリーは互換モノも高い場合が多い)

 ジャンクカメラ拾いも込み入ってくると、明らかに使い物にならないのだがアクセサリーや付属品が欲しくて買ってしまう場合が多くなる。デジカメだと典型的なのはバッテリーである。ロワの互換モノとかは安いし概ね使い物になるので、わざわざ使い込んだジャンクに入っているモノを拾わなくてもイイのではと思うかもしれない。しかし、ソニーやパナソニックの物は互換モノでも結構高いし、やはり目の前で200円で転がっていたら拾ってしまうのではないだろうか。それに、円安の影響かロワのブツも徐々に高くなっている気がする。

DSCN7399.jpg
(これもダメなバッテリーだがマシな方である)

 バッテリーの話を広げると、旧世紀時代の設計にもかかわらずそこそこ使い物になる物件と、経年劣化でスグにダメになる物件がある。経年劣化どころか新品の時から欠陥品同様のブツも少なくないな。純正のバッテリーがダメだと互換モノもダメの可能性が高い。多分、作っているのは同じ大陸の内陸の工場なのだろう。全く使い物にならない規格のバッテリーも多いのだが、個体差で使えるものに当たる場合がある。そうなると、アタリを引けば使い物になる個体かもしれないので拾ってしまう。
 それで今更、ミノルタのディマージュG400を積極的に使うかというと使わないのだが、ジャンク駕籠で200円で転がっていると拾ってしまうのだ。ソニーのサイバーショットTシリーズも拾っちゃうんだよなあ。キヤノンのNB-3LとかNB-4Lくらいダメなバッテリーだと流石に使い物にならないから、いくらスタイリングが好きでもIXYデジタルLを買う訳にはいかないな。

DSCN1804.jpg
(高額なxDピクチャーカードが刺さっていると心が躍る)

 もっと嬉しいのはメディアが刺さっている物件であろう。特にxDピクチャーカードとかメモリースティック系シリーズは高額だから、ボディのコンディションなんかどうでもよくなる。先日、定期偵察先のキタムラのジャンクコーナーにファインピクスZ10fdが転がっていた。かなりクタビレた代物だったのだが、レンズカバーを兼ねたスライドスイッチを開くと、ひとまず動くのである。ということはバッテリーは入っているのだ。しかし、フジフィルムのNP-45系バッテリーはニコンやオリンパスやカシオなど多くのメーカーが採用しており、拙僧の師団でもダブついているのだ。試しに店内を撮影してみると、撮影ユニットは正常のようなのだが記録が出来ない。液晶ビュワーに表示する撮影可能枚数が減らないのだ。そういうジャンクなのかもしれないのだが、メディアとの相性かもしれない。そこで電池蓋を開けると2GBのxDピクチャーカードが刺さっていたのだ。プライスタグは200円。無論、速攻でレジに走った。

DSCN1873.jpg
(一見、何の変哲もないケースなのだが)
DSCN1876.jpg
(中にはコンパクトフラッシュが2枚入っていた)

 稀だがリサイクルショップでメディアケースの中に本当にメディアが入っている事がある。やっつけ仕事のリサイクルショップだと、開け方にちょっとコツが必要なケースは開けるもの面倒だし、何用のケースかもわからないから適当に100円とか200円とかで転がしておくのだ。その中にスイートなブツが入っている時がある。そのスイートなブツは100円とか200円とかはありえないんだけど、別に拙僧がケースに他の商品をつめた訳じゃないから何の問題もないだろう。そういえばHオフで映写機用ランプを1ダースくらい21円で拾ったこともある。店員も8mmフィルムなんて知らないから適当な価格を付けたのだろう。それは数千円の物件だったのでネットオークションで捌いて、赤貧時代の拙僧の生活を支えたのだ。

DSCN0386.jpg
(これは比較的新しいトイデジカメでパチンコ屋の景品だったようだ)

 時代が古くなるとPC接続用のアクセサリーが欲しくて拾うケースもあった。Hオフでボディのみのジャンクで拾ったリコーDC-3は、接続キットはDC-2L用の物が使えたのだが、画像転送ソフトが対応していなかった。それで困ったものだと思っていたのだが、別のHオフでたまたまDC-3用の画像転送ソフトが入ったCD-ROMを見つけることができた。それもむき出しだか、辛うじて保護フィルムに入っていた状態のジャンク品として105円だった。

DSCN1684.jpg
(意義があるかどうかは兎も角、こんな怪しいトイカメを使うこともできる)

 今でも35万画素級のトイデジカメが流通しているが、大抵の場合はボディシェルが違うだけでチップセットが同じだから、PC接続キットを使い回すことができる。ただ、数種類の規格があるらしく同じように見えても必ずしも使えるとは限らない。画像転送ソフトもイイ加減だから動作が不安定で新しいバージョンのWindowsだと動作しない場合もある。ドライバーを公開している海外のサイトもあるのだが、かなり怪しいし、リスクを背負ってまで使う意義は無いだろうな。

DSCN5993.jpg
(こうなってしまうとクラシックデジカメの趣味も帰ってこれない領域になる)
IMGP2209.jpg
(なかなか恐ろしい古代文字が書いてある)

 昔のデジカメは内蔵メモリ式でPCへの画像転送のルールもまちまちだったから、PC接続キットが無いと撮影できてもPCへの画像転送ができないことになる。ところが、初期のデジカメはTVで鑑賞するのを想定しているからAV端子がついている物が多い。なのでビデオキャプチャーで読み込むことも可能だ。もっとも、その為に高い金額を払ってビデオキャプチャーを買うのは馬鹿らしい。幸い(?)なことに、Hオフのジャンクコーナーで旧式の安い物件を探すのは容易である。但し、その旧式モデルを使うには旧いOSを搭載したPCを押入れから引っ張り出すか、再びHオフのジャンクコーナーで旧式のPCを確保しなければならない可能性が高い。
 また、稀なケースだがPCキットの無いシャープのデジカメが、どういう訳かカシオのデジカメに無線で画像転送することが出来て、カシオの接続キットは有るから経由して転送できたことがある。そこまですると、撮影よりも環境構築というか、時代の流れに逆らい見えない敵と戦うのが目的になってしまうな。

DSCN1272.jpg
(こういうイージーセットを安く売るのは北米だと普通のセールスではある)

 コダックが苦しくなり始めた頃に安デジカメと安プリンタをセットで販売していた。EasyShareというブランドというかデジカメとプリンターをダイレクトに接続する規格を立ち上げ、それ自体は日本製のデジカメも採用してそこそこ広まったようである。しかし、肝心のコダックのデジカメとプリンターが売れたかというと、皆さんもご存じのとおりである。こういう、何も考えずにセットになった安物を買って、呑気に使うのは北米では普通である。多分、ドラックストアやDIYショップのレジに近いところに山積みになっていただろう。しかし、日本人は大衆車のフットカーペットまでカスタムするくらいだから好まない。実際に安いと思って買ってもロクに使わず、いつもの如く家族に叱られるお父さん像が描けるな。

DSCN1278.jpg
(カメラは使った形跡があるのだが、プリンターは全く使った形跡がない)

 それで何時か怒られて処分するのだが、もともと安物が旧式なので二束三文で引き取られることになる。それを二束三文で拾ってしまう拙僧も如何なモノかと思うのだが。でも、ちょっと怖いもの見たさとか興味がわくじゃないですか。
 この物件はコダックのEasyShareC330である。カメラはひとまず使った形跡があるのだが、プリンターは全く使った形跡がない。リボン式インクカートリッジやプリント用紙の未開封である。リボン式インクカートリッジというのが笑ってしまうのだが、いつの時代の代物なのだろうか。付属というかメインのカメラは、ひとまず400万画素級なのだが。それで拙僧がプリンターを使ってみたかというと、面白がって付属品の封を解いただけで電源も入れずに市のリサイクルセンターに捨てに行った。

IMG_2868.jpg
IMG_2869.jpg
(これも一部の限定した地区だ)

 拙僧は拙僧でこういう状態なので師団長兼小紅旗に怒られまくっているのだ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
DSCN1078.jpg
(春季名古屋中古カメラ大バーゲン市戦役の戦利品の一部)

 このところ、カメラやレンズの新規確保のペースが落ちている。先日の春季名古屋中古カメラ戦役でも、カメラやレンズよりはアクセサリー系の大量確保にモチベーションが上がってしまったな。ビスカワイドを手に入れた充実感と比べちゃったら、500円だろうか750円だろうがペンタックスMEとかキヤノンAE-1なんて感心がなくなっちゃうよな。結局、電池をつめたら動いたので買っちゃったけど。

DSCN0959.jpg
(書籍系も最近割と買ってしまうな)

 師団装備も充実どころがオーバーフローして師団長兼小紅旗が深刻にご立腹で粛清の嵐が吹き荒れている。兌換性の高い高画素デジカメは処分が進んでいるし、残っているのはガラばかりが大きいフィルムカメラなので減ったよう見は見えないんだな。ネットオークションだってタマしか見ていないんだが。いや、履歴を見るとペンタックスSPが1円とかミノルタハイマチック7とかを1円落札しているなあ。それが、同じセラーだったりすると、相対的に送料を安くしたいから、マミヤEEとかリコーAD-1とか追加してしまうので、あっという間に増えてしまう。それでも、最近はカメラはあまり見ないのだが、暗室用品はちょくちょく見て、こないだは藤本の引伸ばし機であるラッキー90M用のガラスキャリアを落札し損ねた。落札時間が深夜だったのでリアルタイムに対応できなかったのである。何せ、家庭内小紅旗が起床なさっているから迂闊にPCなど開けない。ラッキー90MS用のガラスキャリアは、手持ちを割ってから探し始めて5~6年経つ。帰京の際に必ずフジヤカメラと日東商事を覗くのだが、全く発見できない。すでに確保は絶望的だが仕方ないな。

DSCN1176.jpg
(バックを整理していて入れっぱなしで忘れていたフィルムやバッテリーが出てくるのはよくあることだ)

 カメラやレンズは使い物になるものが幾つもあるが、カメラバックは意外とフィットするものが見つからないのではないだろうか。カメラバックもジャンクで300~500円で転がっているから、中古カメラ市などで大量のブツを確保すると、紙の手提げ袋で運ぶのが面倒でカメラバックも買っちゃうから、やっぱり数は増えるのだ。カメラバックにブツを積めておけば、家庭内ヤードでも移動が楽だしな。しかし、戦場に携帯するカメラバックは限られている。実際に使ってみて不満の無いカメラバックは少ないのだ。

DSCN1182.jpg
(このバックは状態はいいのだがサイドポケットが無いなど使い勝手がイマイチなのだ)
(なので移動式カメラボックスになっている)

 カメラバックもリュックサック型と肩さげ型のバックに2分できるな。ウェストバック型もあるが、どちらかというと登山とかツーリングとか、撮影とは別の目的から派生したものが多いと思う。アルミ製の丈夫なバックも今回のブログでは除外したい。拙僧の場合はトヨビュー専用で、苦労してしぶしぶ運ぶ時しか使わないからな。リュックサック型は両手がフリーになるので当初は重宝していた。拙僧は日常的に使うのもリュックサックで、手にセカンドバックを持ったりしない。これは常時、敵の急襲に備えるためだ。これだと、そこそこ重い機材でも歩けるのだが、海外では背後から奇襲を受け、中身を盗まれる可能性がある。実際、拙僧が海外でリュックサックを使う場合も、バック側を前にして使っていた。特別おかしな使い方ではなく、バンクーバーでは普通に白人もそうしていた。日本ほどセキュリティーがしっかりした地域は無いのだ。また、リュックサック型は、拙僧のように1ダースのカメラ・レンズを場面ごとに使いまわす場合には、背後のブツを取り出すために一度バックを下さなければいけない。これは運用上の脆弱である。リュックサック型も3~4個は転がっているのだが、現在の稼働は殆どない。

DSCN1171.jpg
(リュックサック型も幾つもある)

 拙僧の装備で多いのは肩さげ型である。小さいのは一眼レフ+レンズ2本とフィルムが入るくらいの大きさから、マミヤRB67+レンズ2本とライカ判一眼レフカメラ+レンズ3本、それにコンパクトカメラ2台と十分なフィルムを詰め込むことが可能な大きなものもある。前者はブランドは様々だが、大型のカメラバックだと、春季の中古カメラ市戦争で「f64」ブランドの物を手に入れてチョット嬉しいのだ。今では知らないけど「f64」ブランドのバックは大判カメラのキャリーを考慮したバックとしてフィルム時代には知られていた。比較的高額なカメラ雑誌の裏表紙に本気度の高い広告があったものである。大判カメラのレンズがF64まで絞ることが出来て、シリアス写真家の中でムーブメントになったらしい。そういう経緯があり、「f64」ブランドは高級ブランドだったのだが、かなり使い込んだ物が1500円だったのだ。拙僧は北京や上海以外では滅多に値引き交渉をしないのだが、その時は1000円に負けてもらったな。中古カメラ市戦争も末期で、そこのセラーで大量の残り物のアクセサリーやジャンクカメラを買ったのでサジ加減をしてくれたのだろう。お蔭で帰りのフェリーも楽になった。

DSCN1153.jpg
(f64のバック。中判一眼レフや多くのカメラを積みこめるが、フルに活用したら重くて拙僧だと動けなくなるな)

 バックの肝心は幾つかある。まずはポケットだが、やはりそれなりに多い方が良い。ビジネス用文具ホルダーや衣料品だと、スリットを切ってジッパーがついているだけで使い物にならない場合があるが、カメラバックでは少ない。しかし、ポケットにジッパーやベルクロ(面ファスナー)でロック出来ない物が意外と多く、そういうのは必ずバックが逆さまになった時に、ポケットに入れていたアイテムをばら撒いて後悔する。撮影に夢中になると、バックの向き何て考えていないし、海外旅行やツーリングでは様々なシチュエーションが考えられる。だから、ポケットのロックは必須だ。シグマやタムロンの小型のバックで適度なサイズのモノがよくハードオフなどで格安で出るのだが、ポケットのロックを満たしていないモノが多いな。また、バックの前面にポケットがあっても側面に無い物がある。これはかなり重要な要因なのだが、カメラバックはカメラやレンズを入れることしたか考慮していない。なので、食べ物とかガイドブックを入れようとすると、途端に入れ場所が無くなってしまうのだ。特に、ペットボトルの入れ場所は重要であり、大抵の場合はバックの側面に設置したサイドポケットに入れる。これが有ると無いでは大違いである。ここを省略したデザイナーは夏の海外旅行の撮影経験がないのだろう。

DSCN1169.jpg
(この程度の小型バックがスマートだと思うのだが、拙僧はやたらとカメラの数を増やしたくなるので足りない)

 忘れがちなのはバックの内側のメッシュ部分である。ここのコンパクトデジカメの予備記録媒体とか予備バッテリーを入れておく。場合によっては小型コンパクトデジカメを入れる場合もあるな。そんなこんなでカメラバックは意外とニーズにパーフェクトに応えるモノがないのである。

DSCN1187.jpg
(このバックは割と考えてデザインしており、稼働率が高い)

 今回、カメラバックを真剣に検証したのは7月に発動するイタリヤ上陸作戦の装備である。拙僧も妻も欧州の経験がない。とにかく気をつけなければいけないのはスリや掻っ払いが多いというのだ。そんなのは北京もウルムチも同様なのだが、連中の仕事は手が込んでいるらしい。複数の欧州経験の多い方から、かなり真剣に助言を頂いたのでシリアスなのだろう。とはいえ、拙僧も好き物だからコンパクトデジカメ2台という訳にはいかないよな。しかし、師団長からも厳命を受けているのだが、今回の装備は軽量にしなければならないだろう。

DSCN1174.jpg
(こんな若気の至りのワッペンが)

 それで露骨にカメラが入っていると分かるようなカメラバックではなく、カジュアルなモノを探していた。しかし、前述のように気の利いたカメラバックは少ないし、あっても新品は普通に1万円くらいするから拙僧の調達能力を超える。そんな時にハードオフで見つけたのがタムラックである。これなら一見、普通のバックに見える。価格は2980円と拙僧にしては痛い出費だったが、妥当な線だろう。

DSCN1195.jpg
(ちょっと色あせているけど、しっかりした物件)

 イタリア上陸作戦でのカメラ・レンズ編成はまだ決めていない。中判カメラは諦めたのだが一眼レフカメラも難しいかもしれないな。このバックで無理なく運用できる編成を検討中である。

DSCN1209.jpg このページのトップへ
dscn1654.jpg

 フジフィルムのプレスト400の終了で、我が師団の将兵は動揺している。今のところ戦意を維持しているが備蓄したプレスト400が尽きるとどうなるかわからないな。6月に供給が終わるとしてたプレスト400だが、5月中旬にキタムラネットで注文したら既に工場出荷分は底払いしていた。行きつけのキタムラが三河近隣の在庫をかき集めてくれたので数回の作戦は維持できるが、何れ戦略の変更が必須である。

dscn1426.jpg

 そうは言っても、現段階では戦闘意欲は旺盛であり、この3週間ほどは毎週10~12本のフィルムを現像している。先週末もモデル撮影会があり半ダース+αほどのフィルムを消費したのだが、10数年ぶりくらいにバルカーを焚いたので、拙僧の下手な現像で全てパーにするのは惜しくて、数本はキタムラに出した。拙僧は不器用だし、手間もかけたくないのでベルト派だ。

image58_20140608105735404.jpg

 ベルトならではのトラブルもないことは無いのだが、拙僧がリールを巻くよりも遥かに失敗は少ないし、ベルトで下手な写真がリールだったらお上手になるなんてありえないと思うな。困ったのは、拙僧は雑なので頻繁にちぎってしまうのだ。特に洗浄後にタオルで拭くときに引っかかるのだが、上手いやり方があるのだろうか。概ねトラブルも、千切れたベルトを拙僧が無神経にテープで補修しているからという気もするのだが。

dscn5227_2014060810575839b.jpg

 暗室用品はあれば捨て値だから速やかに確保している。問題は出物が無いのだ。東京なら中野の日東商事やフジヤカメラの用品館で確保できるのだが、名古屋だと出現率は稀である。中古カメラ市だと少しは期待できるのだが、セラーだって売って儲かるブツを並べたいから、場所ふさぎの暗室用品は少ない。ネットオークションだとコンスタントに出品があるのだが、妙に値付けが高いし、送料が別途かかるから実勢価格を知っていると買うのに勇気がいる。

dscn1630_2.jpg

 意外と地方のリサイクルショップでデットストックが転がっている場合がある。そういう物件もかつては強気の値付けをしていた気配があるのだが、流石に21世紀も10年以上過ぎているから諦めて捨て値に変更しているようだ。なので、ツーリング先でもリサイクルショップを見つけるとマメに覗くことにしている。

dscn1625.jpg

 理屈はよくわからないのだが、新品のデットストックのベルトよりも、使い込んで変色したベルトの方が柔軟性があって安心して使える気がする。ベルトに限らないが、程よく使いこんだものの方が、使いもせずに死蔵した物よりもコンディションがイイのだろう。

 人間もそうだと言いたいところだが、人間の場合は経年で硬くなって使い物ならない可能性は低くないな。拙僧も気をつけないと。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

05 « 2014/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR