亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

DSCN2050.jpg
(10円ジャンク箱で必死に探したバルブキャップ。新品は高いっすよ。ホンダのプレートはおまけ)

最近、1カ月くらい忙しかったので体力もメンタルも消耗しきっていた。なので、先週から行動を師団長兼妻から制限されている。それでも、こんなボリュームのコンテンツを書いているんだから、粛清は免れないかもなあ。実際に商品にするDBの基本構造をさっきまで作っていたしなあ。Accessだから大した手間じゃないんだけど。

DSCN6785.jpg
(まあ、安ワインですよ。しかし、ブルーチーズは効くなあ。)

れで何をしているかというと、国産カマンベールチーズとデンマークのブルーチーズと南アフリカのカルベネソービニオン組み合わせているのよ。ブツ―チーズなんて臭いだけなんだけど、好きでねえ。でも、味が濃すぎるから当日の4種類のチーズは役に立たず、生ハム位でないと戦えなかったまあ。

DSCN6806.jpg
(精密ヘキサゴンレンチだって、戦争は準備を待ってくれないから確保しないとな。@50円だし。)


最近、鍛冶屋殿のブログに勝手に影響を受けているのだ。その素晴らしい知識と戦場で培ったテクニックで、信じられないような安トイガンに侵入し調査し、カスタム化するブログは関心深い。勿論、トイガンに留まらず、ちゃんとしたモデルガン(という言い方も旧いみたい)やトイデジカメの関心深い物である。

DSCN6800.jpg
(なぜかクタビれたリサイクルショックにホンダ純正部品が混ざっていた。耕運機用らしいのだが、NSF100のホイールもロックするらしい。夢があるなあ、50円で夢を買うなら安い。)

拙僧はガン物はやらないのだ。ナイフとか時計とか万年筆もやらない。きりがないじゃないですか。せいぜい、単車2台とユーノスロードスターNAとカメラ・レンズ4グロスほど。それだって、並みの出来の妻なら逃げ出しているわなあ。ところが、鍛冶屋殿のブログで掲載する画像に写っているツール(工具)・パーツに脆弱を曝してしまったようだ。増えているのだ、ジャンク工具・パーツが。


DSCN6794.jpg
(手作りらしいプラグレンチを、心意気だけを買って購入。)

 拙僧の航空識別圏内に、民族系のやれた感じのリサイクルショップが幾つかある。勿論、セットで揃った綺麗なブツは法外に高いが、単品サビ物はジャンク価格なのだ。大抵は50~500円で30円のブツもあれば1000円オーバーの物もある。無論、拙僧のターゲットは500円以下だ。大抵の場合はボロボロだが、イイ物は違うらしく山が残っている場合がある。そうなると、200円とか300円とかなら拾ってもイイかなと思うのだ。拙僧はお脳がプアだから、持っている工具を把握していない。買って駐屯地に帰還して、既に持っていたことに気付くことはママある。しかし、既に単車を程度ばらし始めた段階でサイズにあった工具が無くて絶望的な気分になるくらいなら、保険で買った方がマシなのだ。

DSCN6797.jpg
(下のが本物のスズキの特殊工具のプラグレンチ。)


 中には怪しいブツがある。例えば、これ。どうも単車の車載工具のプラグソケットに車載工具のドライバーの軸を溶接したものだ。プロの仕事とは思えない、いや、正確にはプロがプライベートな用途で自作したのだろう。大抵の場合は車載工具なんてのは酷いクオリティなのだが、プラグレンチだけは別だ。DOHCの谷間に突っ込むプラグは専用の車載工具がフィットするのだ。しかし、車載工具なのでプラグレンチとはいっても、実際にはソケットレンチとドライバーの軸の組合せだったりして、使い勝手はスマートとは言えないな。なので、工具の前の持ち主が自作したのだろう。実際に使ってみては無いないけど、その心意気に惚れて買ってしまった。

DSCN6901.jpg
(本来の車載工具のプラグレンチはこんな具合。それでもプラグレンチだけは車載工具がベスト。)


 ジャンク工具・パーツにも使いまくってすり減ったブツとデットストック物と買ったはいいけど使わなかったねって物と幾つか生い立ちが異なる。拙僧はプレートレンチって言っているのだが、板状のレンチがある。実際には硬く固着したボルトやナットには無力だし、使い勝手も悪い。しかし、単車や自転車などの積載量が制限されるマシーンには「もしもの時に」という感じで装備に加えたいものだ。実際には、「もしもの時に」使い物にならなくて、ちゃんとした物を買うことになるのだが。先日はこんなカワイイ、プレートレンチを確保。8mmと10mmなので、本当に緊急時を救ってくれるかもしれないな。キーホルダーとしても気が利いている(いない)のがイイ。
DSCN6894.jpg
(30円のプレートレンチ。こんな物でも、無いと有るでは大違いだ。)


 先日、イイ感じでジェベル250XCを転がしていたらライトカウルが剥がれて焦った。ボルトを探すなんて無駄だからやめたけど。手持ちのステンレスボルトがハマったのでOKとしよう。そういえば、ジェベル250XCは車載工具の蓋が欠損していたのだ。車載工具そのものはあったんだけど。随分前にオートバイ屋で注文したんだけど、これが樹脂の柔軟性でパコってハメるだけなのよ。外れないかねえ、ハード走行で。KDX200SRの工具箱はテイルカウルの上に袋状の工具箱(袋)があったんだけど、あれもファスナーが徐々に剥がれて、結局、車載工具を2度ほど落失して、諦めた。

DSCN6895.jpg
(こんな感じでプレートレンチは常備携帯する。)


 三河のリサイクルショップに工具類が豊富なのは製造業が多く、頻繁に解散するから工具が余るのだろう。そういう意味ではセット物は鑑賞目的のもので、実用に耐えるのは錆物とも言えそうだ。
 写真館も少なくなっているし、フィルムカメラなんてプロも使わないから、プロ流れのカメラやレンズはネットオークションでも頻繁だ。口上書きをどの程度、信用していいかは微妙だが。
 使い込んだレンズと言うのはイイ物だ。カメラもそれが定期的なOHをしたものなら、凹みも減りもイイ感じだが、大抵は「そろそろダメだろうな」って段階で処分するんだと思うよな。
 カメラの場合はプロのヘタレタ物はちょっと怖いなあ。ああ、でもクタビレテ汚れた「プロスト」に高い金を払う方もいるのか。一種のコスプレなのだろうか。

DSCN6896.jpg
(こんなものでも、走行中に剥がれると焦るよ。)
スポンサーサイト
このページのトップへ
P1000495.jpg
 こないだ、名古屋の女性とランチ+カフェーをしたのだ。また、その手の話かよとうんざりなさるかもしれないな。別に、イロッポイ話ではない。拙僧に浮気はありえないしな。それに「定期的に連絡を確保して、1年に1度は一緒に呑む妻公認の女子」はちゃんと東京で確保しているのだ。その位、物理的な距離が離れていないとストーカーよばわりされてしまうかもしれないからな。世知が無い世の中だ。それで自分は結婚して幸せなのに、アチラには「オトコなんてロクでもないしアテニならないよ~」と結婚を遠ざけるように悪意のある攻撃をしているのだ。アホかと思われてもしかたがないのだが、そういうのが好きなのだ。単車で知り合って15年経つが10年以上も単車で一緒になったことは無い。なのに、ほぼ毎年、新宿で呑んでいるのよ。そういう人脈維持ちょっと感心して頂いていいのではないだろうか(?)。妻は「アラフォー男と遊んでくれる女子は大切にしなさい」とワインのボトル1本くらいの小遣いをくれるよ。世の中シングル女子(アラフォーなら最高)が増えるのはちょっといいニュースだな。幸せ何ていう目に合うのは拙僧だけで十分よ。「自称フェミニスト」としてはどうかと思うのだが、別に拙僧がモテているわけじゃないしね。マメなだけ。

P1000505.jpg

 そんな事よりも名古屋の女性だ。拙僧としては来年からボランティアで始める「パソコン周りの仕事」の広告を作ったので、意見を頂きたいと思ったのだ。何しろ、拙僧は広告は素人だから評価をしていただきたい。妻は10年以上の付き合いなので、拙僧の創作物を客観的に評価できないのよ。よく国際結婚だと夫婦で外国語を勉強できると思われるのだが、全く不可能だな。大抵の場合は不十分な言語で相手に伝わってしまい意味をなさないか、その逆で喧嘩になる。それで拙僧の広告なのだが、ちゃんと不甲斐なさを指摘していただいたよ。勿論、それが目的なので大変にありがたい次第である。実は、その広告はパワーポイントで作ったプレゼン資料を大幅に抜粋した物なのだ。そういう中途半端な仕事を彼女は敏感に察し、軽はずみな拙僧を叱責してくれたのだろうな。彼女の知的センスと探究心、それに傾聴スキルはそれだけに留まらない。拙僧の仕事のマーケットとマーケット拡張のストーリング。理想的な業務範囲の展開。地方自治体の助成金の申請の予定までベラベラと話してしまったよ。そのあたりも、そのうち報告させていただきたいのだが、現段階ではとても人様に披露できる代物ではないな。

P1000517.jpg

 今回報告させていただきたいのは拙僧の「全く至らないビジネス意識」ではない。拙僧が彼女を誘ったのも彼女がコンピュータの専門家ではなく、コンピュータに関心のないターゲットに、コンピュータに関わる面倒な仕事や仕組みをどうやったら理解していただけるか、模索する意図があったのだ。勿論、カフェに誘うくらいだから、彼女が人間として魅力のある人物のは言うまでもない。話題は拙僧の想定よりも遥かに広がり、自分で言っていることの収拾がつかなくなってしまった。それでも、ひとまず会話として成立したのは彼女の傾聴スキルのお蔭だろう。その中で拙僧が「SNSは全て信頼できず、フェイスブックとアンドロイドは全く信頼できない」と断言した。拙僧は通常の会話では「xxxは如何なものかと思うな」とか「xxxなんて、そんな訳ないっすよね」と間接的な表現をする。断定的なのは特別に強調したいからだな。フェイスブックは拙僧も使っているが、かなり不安定である。例えば、拙僧のコンテンツは無暗に長いから「メッセージ」ではなく「ノート」を使うのだ。「ノート」の方が長い文章を想定していると思ってほしい。普通にコンテンツを入力しても、フェイスブックは不安定で、ウィンドウが突然お亡くなりになる。これは拙僧の端末が不安定なのかもしれないのだが、フェイスブックを使用時に顕著なので無関係ではないだろう。普段使いの7とは別に、XPの端末も立ち上げているので、そのうち調べるつもりだ。なので、コンテンツはテキストエディタで編集し、コピー&ペーストで「ノート」に貼りつけていた。長いコンテンツを入力してブラウザがお亡くなりになるとショックがデカいからな。ところが、ペースト時に必ずブラウザがお亡くなりになるのだ。何度もトライして気づいたのだが、コピーしたバッファに改行コードを含んでいると「ノート」を表示しているブラウザがお亡くなりになるのだ。なので、コピー時に改行コードを含まないように工夫している。いや、原因がIEかその設定に存在し、フェイスブックは無罪の可能性は否定できない。しかし、拙僧はOSインストール時のIEをきめ細かく設定してはいない。面倒だしな。そういうプレーンな状態のIEで動作が不安定なのは、やはりフェイスブックに問題があると思うな。
(追記:本ブログの執筆は11月初頭であった。諸般の事情で公開が大幅に遅れたが、その間にフェイスブックのルールが変わり、コピーしたテキストがペーストできなくなってしまった。それはそれで憤慨ものなのだが。普通の「つぶやき」にはペーストできる。なので、ノートは使わなくなってしまった。)

P1000518.jpg

 フェイスブックの至らない点は「所詮、ラボ上がりの素人仕事」として見逃してもイイのだ。ユーザーにアナウンスが一切無く、かなりセキュリティ上の重要な仕様が勝手に変わっているのも、SNS的な世の中では普通の事なのだろう。困ったのは、フェイスブックにセキュリティ的な脆弱性があるのだ。確かに、イキナリ外から攻撃をするような悪質なアプリを作るのはテクニックがいる。しかし、フリーソフトとして供給するアプリをインストールしたら、あなたの個人情報や友人の情報は無防備だ。あまり細かく説明するのは支障があるのでしない。基本的にフェイスブックのアプリはJavaScriptなどのスクリプト系言語とAPIの組合せである。悪意のあるフリーソフトをターゲットがインストールしたら、ターゲットの個人情報を特定するのはたった2行である。「xx/friend」のテーブルをフェッチして、SQL文で「SELECT」するだけであなたの友人リストは特定できた。実際には20~30行のコードが必要だが、それはオンラインでも印刷物でもサンプルコードを使えばいい。特定した情報を、どうやったら転送できるかは伏せるが、基礎的なコーディングスキルをお持ちの方なら動作も無い。なので、フェイスブックで公開する情報、友人の選択は気を付けた方がイイ。なによりもアプリケーションのインストールは極めて慎重が必要だ。アンドロイドは更に悲観的だ。実は、拙僧はアンドロイドは詳しく調べていない。なので伝聞なのだがアンドロイドはOSだがパソコンではない。なのでウィルスソフトによる悪意のあるソフトのインストールや攻撃に大して無防備だ(後日談:Auに行ったらオプションだけどウィルスバスターを用意していた)。いや、メーカーがちゃんとしていると思われるかもしれない。しかし、アンドロイドを作っているのはグーグルである。サムソンも「白犬バンク」も、いつアンドロイドの脆弱性が発覚し、グーグルがそれに対応していたのか全く把握していない筈だ。グーグルは公開もしていない。そもそも、総合カタログで端末毎にバージョンが違うってどういうことよ。ショップの店員に聞いても何が違うかわからないしねえ。楽観的には常時OSのアップデートを行って、端末は細心に更新していると思うのだが、工場出荷時のままかなあ。拙僧の知る限り、スマートフォンのOSの脆弱性や情報の漏えいを公に保証する機関は無い。確か、パソコンは世界的なウィルスの発生を公にする機関があるはずだ。アンドロイドは信用できない。なので、拙僧夫婦がスマートフォン化は有りえないな。

P1000534.jpg

 そうやって風呂敷を広げておきながら、今回のブログの主話題はフェイスブックやアンドロイドの脆弱性ではないのだ。確かにフェイスブックで悪意のあるアプリを作るのは簡単だ。これは調べたから分かる。しかし、アンドロイドの脆弱性は推測にしか過ぎない。この話を名古屋の女性に展開したのは名古屋の喫茶店だった。拙僧もビジネス街の喫茶店は気をつけるので、面倒な客がいないことを確かめて入ったのだ。ところが、いつの間にか「白犬バンク」の腕章をつけた客がいたのに気づいたのだ。その時にはキャリアーの販売くらいにしか思っていなかった。ところが、かなり込み入ったアプリかシステムの仕様を煮詰めていたのだ。気づいた時には、「白犬バンク」の営業かエンジニアがガチで仕様を煮詰めているいる隣で、拙僧はスマートフォンを全否定してしまったな。向こうも面倒な客がいると悟ったらしく、最初は店内で行っていた携帯電話のコミニュケーションを店外で行うようになった。帰り際にテーブルに置いた仕様書か企画書のタイトルを見ようとしたら、手でブロックされたよ。そりゃそうだわなあ。向こうの仕事をかなり滞らせたよな。拙僧に悪意は無かったのだが、向こうは悪意の塊だと思ったろうな。フェイスブックのアプリよりもよっぽど迷惑だ。

DSCF0067p.jpg


 エジソンの発言として「発明は99%の努力と1%の閃きである」が有名である。努力好きの日本人に好ましい文言である。しかし、実際の意図は「発明は99%の努力があっても1%の閃きが無ければ全く意味がない」が近いらしい。アメリカン人には、こっちの方がフィットするよな。なので「コミュニケーションは99%の善意があっても1%の無理解があれば全く意味がない」ということだろう。

DSCF0088.jpg

 ちなみに、名古屋の女性とは13時に待ち合わせの予定で、彼女が最寄駅に着いたら拙僧の携帯に連絡をくれる予定だった。ところが14時近くになっても連絡がないのだ。拙僧は彼女の連絡先を知らなかった。女子にイキナリ連絡先を聞くのは無礼だと思ったしな。女子にドタキャンされるのはよくある話だ。なのでスナップ撮影に切り替えることにした。それで見慣れた子連れ親子を見つけるかもしれないしな。そしたら、本当に1ブロック先にいらっしゃったよ。なので「フレンドリーシップは99%の段取りが悪くても1%の縁があればそれなりに成立するかもしれないな」と文言が浮かんだのだが、如何な物かしら。

P1000764.jpg

 特定のメーカーやブランドを辛辣に批判していたら、隣に関係者がいらっしゃったということは過去にもよくあった。単車のチームや特定の個人の時もあったな。つまり、拙僧の個体に悪意があるのだろうな。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

11 « 2013/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR