亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「ジャンクなどと言っても、実際には露出計も動くし、ちゃんと撮影できる物ばかりではいか。」と不満な方もいらっしゃるだろう。もっと自分の欲しているのは退廃的で危険な香りである。そういう方にはペトリという選択が残っている。
 ペトリは大正8年に栗林写真工業として興った。カメラメーカーとしてはコニカ(小西六)に次ぐ老舗カメラメーカーである。もっとも、戦前は自社ブランドのカメラは生産していなかったようだ。インターネットでメーカー直販も当たり前な現在では想像が難しいのだが、かつては流通業者の方が力が強く、トプコンのような一流メーカーですら大沢商会のプリモブランドを冠している。言わずと知れたプリモフレックスである。ペトリ(栗林写真工業)も皆川商店のファーストブランドでカメラを製造していた。ファーストブラントと言うとファーストシックスやファーストフレックスが知られるが、これらは(大部分が)常盤精機によるものである。戦前のセミファーストなどはペトリ製らしいのだが、戦前の皆川商会が販売する全てをペトリ1社に任せたいたとは限らない。但し、戦後早々にペトリが自社ブランドでの発売に切り替えたのは確かのようである。初期には「クリ」「カロロン」銘の120判カメラを発売したが、1950年代からペトリ銘を与えている。50年代半ばからはライカ判距離計連動機に主軸を移し、60年代からは本格的に一眼レフを展開している。独自のスタイリングとメカニズムが異彩を放ったが、信頼性の不備や労使抗争への対応の失敗で1977年に倒産している。その後、労働組合の手で再建したものの、カメラの電子化に対応できず消滅したとされていた。ところが、最近になって今でも会社は現存しているとの情報がある。カメラの生産は行っていないが双眼鏡などの光学系を手掛けているらしい。公式HPは存在せず、生産規模などは不明である。
 ペトリは様々なジャンルのカメラを送り出し、そしてそれらはペトリらしい独自性を隠そうとしない。本稿では、一眼レフカメラにターゲットを絞ろう。ペトリの一眼レフカメラはプラクチカマウントのペトリペンタで始まったが、速やかに専用スピゴットマウントのペトリペンタVに移行している。スピゴットマウントと言っても分からない方もいらっしゃるだろうが、簡単に言うとカメラ側のマウント部に回転するリングを設け、レンズ基部を締め付けることによって装着する物である。レンズ側が回転する一般的なバヨネットマウントと異なり、装着時にレンズは回転しない。キヤノンのFL/FDマウントもスピゴットマウントの一種だが、これらはレンズ側に回転するリングを設けている。レンズ本体が回転しないため、自動絞りのような連動機構に向いているとされるが、大型のレンズの装着に難があり(強度的な問題より、片手で大型レンズを支えながらの操作性に問題が有ったのではないか)、キヤノンもNewFDへの移行に至って、外爪のバヨネット式とも言える方式に変更になった。スピゴットマウントはペトリの一眼レフカメラのアイデンティティを形成するのに重要なポイントである。しかし、末期にはプラクチカマウントに戻っている。
ペトリペンタV


 ペトリの歴史についてはこの辺にして、我々が物色するネットオークションで転がっている物件に話題を移そう。ペトリの魅力は、独自色にある。共通点として、前述のスピゴットマウント、前方に張り出したペンタ部、斜めに押し込むレリーズボタン、総じて大柄で押しの強いルックスなどである。しかし、ペトリブランドの持つ大まかな印象は「安かろう悪かろう」であろう。何でも「ニコンの半値」が売りだったそうだ。中野や新宿のジャンクコーナーで複数のペトリを手に取った方はご存じだろうが、大抵の場合はスローがダメになっている。具体的には1/30はバルブになる。ただ、ケーブルレリーズを使うと、何故かそれなりにスローシャッターが切れるのがお茶目だ。多くのペトリは最速が1/500だが、1/1000を搭載したモデルでも1/250より速い速度は使い物にならない可能性が高い。画面半分が真っ黒のネガはペトリフリークには馴染みである。1/60~1/250の3速が満足に動けばよいと考えるのがペトリとの上手い付き合い方である。
 初期のペトリペンタVは、ただでさえアクの強いペトリの中でも一層怪しい光を放っている。張り出した軍艦部に浮き出した「Petri PENTA」のロゴを黒枠で囲むセンスは並みの日本人デザイナーの仕事ではない。オデコに鋭角の逆三角形を描くのは、完全にスーパーロボットの発想である。ちょっとただ事でないなと思わせるのは後頭部で、波平さんの後ろ髪のように中途半端に貼り革を貼ってある。印象的にはヒールであり、鉄人28号の敵である。ネットオークションでも頻繁に登場するが、所有するカメラが1ダースに満たない正常なカメラ人民の方は手を出さない方が無難である。その、蔵の土ぼこりを纏った妖艶な姿に魅かれるのだが、完全なジャンクの可能性は高い。コンディションについて質問しても、大抵の場合は「亡くなった叔父のカメラなので使い方は分かりません」と返答があるのみである。「ローラや道重だってレバーを巻き上げてシャッターボタンくらい押せるべえ」と怒っても仕方がない。拙僧も何度か完全ジャンクを掴んだのだが、やはり毒牙にかかる方は少なくないようで、それなりに処分できるので、損をしたのは送料くらいで済んでいる。勿論、拙僧はフェアな商売が身上だから「完全ジャンク」若しくは「不動」を断っている。
ペトリペンタV6


 比較的安全で出没頻度の高いのはペトリV6、ペトリFT、ペトリFT-EE、ペトリFT-Eである。ペトリV6は1964年に55F2のレンズ付き23800円と驚異的な低価格で登場したモデルである。現在なら、型落ち中古のレンズ付きデジ一眼(レフでない)が買える価格帯であるが、何しろ半世紀前の話である。例えば1962年登場のペンタックスSVが55mmF1.8付きで34900円であった。その差は11100円。しかし、これは60年代半ばの11100円である。大学の初任給が13000前後で、映画が200円で見れてカレーライスが50円で食えた時代である。ニコマートFSなら50mmF2付きで37800円である。あと3100円だしてニコマートFSにするか、ペンタックスSVで妥協するか、当時の標準的な所得層の方は悩んだことだろう。ペトリの選択者に選択肢はない。ペトリV6はそれまでの過激なルックスをひそめ、やや保守的なスタイリングとなっている。しかし、軍幹部には花文字を施しており、大柄なボディと共に「ゴージャス」な雰囲気(高い質感ではない)を漂わせている。右肩には外付け式の露出計のマウントが生えていて、外観的なアクセントになっている。稀にその露出計を見ることは有るが、確保しようなどとは思わない方が健全だろう。シャッターの最速は1/500である。ペトリペンタVから踏襲した最後にVを与えたモデルになるが、基本的には廉価モデルとしてシャッター速度の1/1000を省略したペトリペンタV2を踏襲している。プリミティブなカメラなのでスロー以外は使い物になる可能性が高い。
ペトリFT-EE


 ペトリFTで絞り込み測光式の露出計が付いた。しかし、外観はペトリV6の軍幹部にあった段差もなくなり、扁平で面白味は減っている。ペトリFT-EEでシャッター速度AEを搭載した。これは機械式シャッターで、多分露出計のカムを挟んで絞り込みを制御する方法だろう。レンズの最少絞り値やストローク量を検知・統一する方法があるので、EE-AUTOシリーズに以降する。ニコンの非AiとAiでは中古・ジャンク価格でも明確に変わるのだが、ペトリだとたいした差は無いようだ。露出計の精度も怪しいので気にしなくていいだろう。使用する電池はMR-9で、現在はアダプターを噛ますかLR-44にアルミホイルをはさむ必要がある。ペトリFTとFT-EEのルックスは似ておらず、内部機構も異なるようだ。ペトリFTでは白抜きの「PETRI」のロゴがペトリFT-EEでは常識的な凹み文字になっている。しかし、ペトリFT-EEの方が両端で絞り込むデザインになっていて精悍に見える。ペトリFTの遊びの無いボディラインはトプコンユニも髣髴させ、ちょっと安っぽさを感じるな。しかし、シャッターは1/1000を搭載するFTに対し、FT-EEは1/500に抑えている。
 拙僧のお勧めはペトリFTEである。ペトリの採番は素直でなくて、1967年にペトリFT、1969年にペトリFT-EE、1973年にペトリFT-Eが登場する。1970年にペトリFT-IIが登場するのだが、これはペトリの特徴であった一軸カムシャフトでシャッターのチャージやらクイックリターンミラーを制御する方式を廃止し、従来のペトリとは構造的に大きく異なる。拙僧も露出計の壊れた物を一台確保してあるが、ろくに使っていないため、信頼性は未知数である。ペトリFT-Eの長所は高年式なこと。ペンタックスだとSP、ミノルタだとSRT-101とメーカによって時期は異なるが、信頼性が飛躍的に上がる世代交代となるモデルが存在する。それがペトリFT-Eかというと、そこまで話を断定するほど自信はないのだが、拙僧の確保した固体でいうとペトリFTなどに比べて安定感を感じるな。そしてこれが一番肝心なのだが、ペトリの特異性の高いデザインが復活しているのだ。いや、復活しているというのは正しくない。かつての悪役スタイルは抑え、スマートかつユニークになっている。軍幹部の張り出しは押さえ、ペンタ部は上部に向かって絞り、小顔になっている。特徴的なのはペンタ部前後に張り革を張っているのだ。これが、従来のペトリの押しの強さから一転して丁寧な仕事ぶりを感じるのである。実際にはシャッターダイヤルのクリック感の頼りなさや、景気のいいシャッター音は従来のものなのだが、上から見た感じもスマートで構えると楽しい。なんかできの悪いボクシングの兄弟の中で末っ子がまっとうなパーソナリティを持っている感じだ。ペトリの一眼レフカメラは、1975年に登場したFA-1を最後にスピゴットマウントを止めてしまう。以降、プラクチカマウントに移行し、1980年あたりまではカメラを生産していた形跡がある。
ペトリFT-E


ネットオークションの価格帯であるが、大体、レンズ付で1000円前後で普通にある。ケースやフードがついていても価格は変わらない。但し、ペトリペンタVの動きそうな物件とFT-EやFT-IIは高めの設定になっている。ペトリペンタはちょっと遠慮しておくとして、FT-E/FT-IIの綺麗な固体でも2000円あたりがコアの価格帯だと思う。普通の中古でもレンズ付のペトリV6やペトリFT-EEが5000円くらいだから深追いは禁物である。繰り返すが露出計やスローが駄目なくらいでめげてしまうようだと、ペトリとの付き合いは難しい。
ペトリ28mmF35.


ボディを確保したら交換レンズも欲しくなるのが人情である。吊るしの状態でついているのは55mmF1.8かF2であろう。前玉に細かな拭き傷がついている固体が多いのでコーティングに少々問題があるのかもしれない。ほかの焦点距離だとあまり目立たないのは使用頻度の問題だろうか。標準レンズに限ると曇りは科学的な変化よりも蒸発したグリスの可能性が高いので、分解清掃で直る場合がある。但し、それが焼きついてしまう状態も考えられる。55mmF1.7も稀に見るが割とイイ値がついている。ただ、北利喜の未亡人が演技でなく本当に価値が分からず抑え目の値付けをしたり、或いはさっさと処分したくて廉価で出没する場合もあるので、急がず探すが吉だ。なお、初期のレンズはペトリ名でなくクリバヤシ銘の物が有る。数は少ないがプレミアムがつくようなものではない。
標準以外だと割りとよく見かけるのは28mmF3.5と135mmF4である。200mmF4もそこそこ見かける。28mmはコーティングにムラがあるとかフィルタ枠が歪んでいるとか、ささいな問題はあっても、ひとまず撮影できるコンディションの場合が多い。絞りやヘリコイドの動作を確認し、1500円くらいまでなら挑戦してもいいだろう。135mmは大いに危険である。大抵の場合は向こうが全く見えないほど曇っている。曇るのは中玉で、どうも材質も他のレンズと異なる気がするのだが、どうなのだろう?こいつはアルコールやベンジンで拭いたくらいでは何ともならない。どうしても透明度を取り戻したいのであれば、酸化セリウムでバフ掛けするしかない。光学製品純潔保守派の方々が引きつるような行為だが、そういうカメラの傷が人生の傷のように痛む方々と仲良くするのは、ペトリに関心を持つ以上諦めた方が良い。35mmF2.8は少ないが、あれば綺麗なブツが転がっている。外観チェックは伸長を必要とするが、そこそこ纏まった金額を検討すする価値がある。ズームレンズは望遠系はたまに見る。拙僧は名古屋の中古市のジャンク駕籠で1000円も満たない投げ売りで拾ったが、ネット出品物も似たような価格帯だろう。あまり期待をしなければビットを入れても良いだろう。但し、ペトリのファインダーはよっぽどコンディションの良い物でない限り、精密なフォーカシングは難しいから、開放値の暗いズームレンズの稼働率は限定的となる。
バフ掛け

ボディは大柄で工作精度も雑であるが、大体な感じで何とか撮影可能というのは魅力にもつながる。斜めに押し込むレリーズボタンは、そうでない市井のカメラと取り換えて使うと混乱するのだが、そこが荒々しい沈殿濾過の不十分などぶろくの魅力がある。ポジで露出をバラシテ撮影する様な真っ当な道を進む方は手を出していは行けない。しかし、ペトリを一台だけ携帯して、旅をしたいと妄想するのもカメラの楽しみである。旅の途中で中国国際航空で隣り合った外国人と国際結婚まで至って、もう何年も飯を食わせてもらっているへっぽこ夫もいるのだから、不完全さがどんな意外な展開に結びつくかは分からない。
御花畑
スポンサーサイト
このページのトップへ
 8mmシネ文化が終わろうとしている。シングル8の供給が今年の3月に終了し、現像サービスも来年の9月に終了である。残念だが、フジフィルムも、よくぞここまで慈善事業を続けてくれたものだと思う。メジャーメーカーのコダックからはスーパー8の供給が続くようだが、何しろコダックはああいう状態なので流動的だ。シングル8が完全に消えてしまうのではなく、プライベートブランドのシネビアなどの利用が可能だが、キタムラで簡単に入手・現像が出来るわけではないので、気楽に使うのは難しいだろう。
 それで8mmシネカメラの価格帯は暴落している。いや、既に何年も前から一部の高級カメラ以外は二束三文で底値停滞である。なのでフジカP300を出品してみたのだが、180円でも誰もビットを入れないと思っていた。ところが「4000円で即決をお願いします。」という依頼が来るのだ。無論、拙僧は生娘ではないから、どうせ「モルドバの叔父があなたのカメラを求めています。代理で下記のメールアドレスに連絡を。」という、フィッシング詐欺だと思っていたのだが、調べてみると、他に信じられないような価格が付いているフジカP300もある。どうも、アニメにフジカP300が登場する様なのだ。丁度、「アニメで町おこし」をテーマにクローズアップ現代が取り上げていたのでピンときた。8000円台の入札もあったが、拙僧は儲けすぎるのもヤバいと思っているので4000円で成立した。
DSCN8668.jpg


 フジカP300なら他にも家庭内ジャンク駕籠に転がっている筈である。ヤードをひっくり返すと新型のP300が出てきたので、早速、出品した。更に思いついたのは、定期偵察内のキタムラのジャンク駕籠に転がっていたフジカP300である。1000円のプライスタグを冷笑してスルーしたのだが、翌日には空中機動旅団を差し向け、確保に走る。ブツは値を下げて500円のプライスタグを付けていた。無論、即効ゲットである。
 結果的には満足な価格帯で処分が出来た。これで応急処置で誤魔化していた主力自転車のGIANTのクランクを交換できるなあ。たまにはいい思いをしないとね。
DSCN8669.jpg


 それにしても、アニメの力は凄いなあ。もっと、キヤノンAE-1とかコニカC35とか、ガンガン登場してほしい。 このページのトップへ
「1円スタート!売り切り」という踊るタイトルに皆様も注目したことはあるだろう。勿論、ニッコールレンズや偽ライカだったら、たちまち価格は上昇して相応の価格帯になってしまう。出品者もそのつもりで値付けをしているのだ。一方でAFコンパクトカメラなら100円かそこらで普通にキタムラのジャンク駕籠で転がっているので、網膜が自動的にスルーして記憶にも残らない。ところが、金属製ボディーの距離計連動機だったらどうだろう?無論、実際には送料が別途かかるから1000円近くにはなるのだが、掲載画像のブツがそこそこ綺麗だったら、「仮に行きつけのキタムラのジャンク駕籠に1000円で転がっていたら拾うだろうな。」と、回りくどい納得をしてビットを入れそうになるのではないだろうか。しかし、聡明な皆様なら「日産ローレル・メダリスト2.0lH10年6.7万km黒真珠9.8万円」などという「やばい物件」に手を出すのは慎重になると思う。そこで、拙僧が実際に1円で落札したブツがどうだったかを報告したい。

コニカJポートレイト

拙僧の記憶の限り、最初に1円で落札したのはコニカJだ。拙僧も本気で欲しいというよりは「刺激を求めて」ビットを入れたに過ぎない。そして誰とも競ることなく1円で落札した。拙僧も当時はウブだったから、安物買いの銭失いをしたのではないかと戦々恐々だった。確か九州のリサイクルショップが出品主で、送料も1000円近くかかった。しかし、梱包は丁寧でプロらしさを感じた。何せ、拙僧の初の1円物件だったから、記念に梱包の状態も画像で記録してある。

コニカJ梱包

ブツは外観はかなりくたびれていたが、レンズは綺麗でシャッターもちゃんと切れるようだった。問題はファインダー周りで、汚れが多く特徴的な「J」のネームプレートも剥がれてずれていた。このカメラはシューの裏に隠しネジがあるくらいでプリミティブな構造だったから、簡単に分解清掃して、それなりのコンディションに持ち上げることが出来た。1000円なら満足な拾い物だと思っている。

コニカJファインダー


では、他に無難な1円物件はどんなカメラがあるだろうか。拙僧がお勧めするなら初代のキャノネットは如何だろうか?キャノネット19QLなども、ちょいちょい1円スタートで見つけるが、どうせならキワモノ狙いでサークルアイにチャレンジして頂きたい。娘さんの幼稚園の運動会では園児に注目されること受け合いである。拙僧の経験では露出計の不具合も少なく、ダメだったとしてもマニアルで撮影できる。機械的な故障は少ないと思うが、その点は出品主に空シャッターが切れるかどうかは質問しておこう。トリガー巻き上げが特徴的で、キヤノンをしても経験で学ばなければ、理想は空論だと思わせる緩さがある。上手くいけば丈夫な革ケース付きが見つかる。この際、100円でもいい。恐らく110円で落札可能だろう。

DSCN4089.jpg

「ヤの字が大きいとか小さいとかで文句を言う連中を相手にするのは嫌だ」という平和主義の方にはヤシカという選択肢はどうだろう。定評のある富岡のレンズが楽しめる。頻繁に見かけるのはヤシカミニスターだ。ミニスターは意外と派生モデルが多いらしいのだが、拙僧は把握していない。これは機械式シャッターなので、空シャッターが切れる物件だったら、大抵の場合は撮影に堪える。もっと頻繁に見かけるのはヤシカエレクトロ35である。後年のコンパクトなモデルはそこそこ人気があるが、大柄な初代の系列は人気が無い。いや、人気が無いというよりも、タマ数が多くて安く転がっているので、欲しい方には既に行き渡ったと見るのが正当であろう。これも、ひとまずはシャッターが切れる物件なのを確認したい。ヤシカエレクトロ35は電子シャッターだが、電池が無い場合は1/500で切れるようになっている。

ヤシカエレクトロ35初代

ヤシカエレクトロ35の難点は電池の入手だろう。アダプターも発売されているが、1円物件に見合わない程、高額である。なので100円ショップのLR44を4個直列につないで、ガムテープなりで直径を増し、長けはアルミホイルで下駄を履かせるとよい。厳密には1割くらい本来の電圧よりも大きくなってしまうのだが、ネガのレベルでは大した問題ではない。部屋の暗い所にレンズを向けてレリーズボタンを押し、「ちううぅぅぅ~」とスローシャッターが切れる音がすれば成功である。どうしてもスローシャッターが切れない場合もチャンスはある。かなりの確率で電子室の接点が腐食している場合が多い。これは半田ごてがあれば簡単に解決できる。拙僧のような数々のZ80を葬ってきた不器用者でもできるのだから安心していただきたい。それも面倒だというのであればシャッター速度1/500の固定で絞りを操作して撮影可能だ。ISO400のネガでも詰めれば、大抵の場合は撮影できるだろう。

ヤシカエレクトロ35電池室1
ヤシカエレクトロ35電池室2

リコーのブツなども良く見かけるが、オートハーフとかリコーオート35のような特徴的な物件は、1円のまま展開することはまずない。もっとも、ハイカラー35辺りを100円で落札したこともあるのだが、ハイカラー35にはヘリコイド固着という厄介な癖が有るので、ある程度気合が必要である。無難なところではエルニカFは綺麗な個体が多い。絶対に手を出していはいけないのがスーパーショット2.4である。このカメラのシャッターの信頼性の低さは知られるところであり、拙僧はまだ完動品にあったこともない。
 ミノルタならハイマチック7と派生モデルなら無理なく1円で確保できる。EEはダメになっている可能性は大きいが、マニアル露出で撮影可能だ。そういう意味では初代ハイマチックは避けた方が良い。これは基本的にはプログラムEE専用機で、露出計が不良の可能性が高い。また、どういう訳かファインダーのコーティングが弱いらしく、安易に拭くとハーフミラーがただのガラスになって距離計が使えなくなる。レトロモダンなルックスが魅力なので、拙僧もついついビットを入れるのだが、4台確保して満足に稼働するのは1台だけだ。

初代ハイマチック

気を付けなければならないのは、一見、出品価格が安くても送料は法外に高い場合があるので注意が必要だ。拙僧が見た中で酷いのは送料が3000円というのが有った。ウクライナから取り寄せるより高い。くれぐれも気を付けて頂きたい。
時の運が支配するネットオークションだが1円物件は更に精錬度が高い。しかし、稀に本当にラッキーな星がつくこともある。最近ではミハマシックスが1円だった。ミズホシックスやゼノビアなどと並ぶ、「目測廉価蛇腹カメラのメジャー」が手に入り嬉しい。皆様も果敢にチャレンジしていただきたい。勿論、入札価格は180円が無難だ。

ミハマシックス

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

02 « 2012/03 » 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。