亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

 資金的に苦しいが、舶来ものが欲しくなる。それは日常的な責任ある社会生活の重い空気から解き放たれ、思いがけない春風のような心地よさを求める一種のフラストレーションから来るものであろう。そういう爽快感は、人生の痛みを分け合った国産カメラでは、その痛みを思い出して空想の恋から冷めてしまうのである。勿論、70年代の英国ライトウエイトスポーツカーやべベルギアのドカティでもポケットマネーでポンと買えれば最高なのだが、まあ、ちょっと足りないなというのが実際のところだ。これがカメラが相手なら、ぐっと可能性は高まる。ありがたいのかどうだかわからないのだが、デフレの世の中で落札価格で3000円も出せば、そこそこ外観のやれて機関好調のレチナIaを買うことは容易である。しかし、家庭内紅衛兵に昼食代として500円を請求し、実際には280円の牛丼で済ませている身上としては、1000円+α程度の価格帯で勝負をかけたいところである。
 そういうターゲットとして有効なのが東西ドイツ製の普及~中級機である。実際に、廉価で安心感のある舶来機と言うと、ドイツ製しか選択肢はない。ソビエト物はモデルを選べば信頼性は言う程低くないのだが、ロモ系に含まれて結構いい価格帯を形成してしまうのだ。無論、アメリカ物やイギリス物は更に価格帯は高い。ここで言う中級機とは距離計を搭載しないビューファインダーのレンズシャッター機で、シャッターの最速も1/300程度の物件である。無論、レンズは3枚玉が基本となろう。読者殿には「そりゃ安物じゃん」とおっしゃるかもしれないが、拙僧からすればシャッターがB+3速でレンズが3枚玉なら立派な中級機である。普及機と言うと、620判で単玉のボックスカメラとか、そういうカテゴリーになる。
レチナIa


 ドイツで中級機のメジャーブランドと言えばアグファであろう。フィルムメーカーのアグファは、他のフィルムメーカーと同様に販売促進の意味もあってか、廉価でよく写るカメラで知られる。ネットオークションでも頻繁に見かけるが、安易にビットを入れるのはお勧めできない。特に「xxセンサー」とか「xxエレクトロニク」とかが名前に付く電子シャッターの物は避けた方が無難だろう。少なくてもシャッターの切れるコンディションの物でないと、まず、撮影できない完全ジャンクだ。どうも、拙僧はアグファとは相性が悪く、随分と金をドブに捨てている。同じようにコーワとも相性が悪い。ソビエト物は大丈夫なのだが、逆に対ソ戦では惨敗している方もいらっしゃるから、やはり相性があるのだろう。金属製の初期のオプチマ辺りなら1000円台でシャッターが動くブツを確保できる可能性もあるが、あれも基本的にはEE専用カメラだし、そもそもアグファの中級機は新宿あたりに行けば、綺麗で保証付きの物件が3000~5000円で転がっているのでネットオークションは割に合わない。アグファは2005年に一度消滅しているのだが、資本系が変わって現在は復興している。イタリアのフェラニアと密接な関係にあり、トイカメラやトイデジカメの方面で一定のブランドを維持している。資金面で恵まれたロモ系連合軍に支持があるため、値付けも強気だ。なので、我々のような賢者の人民戦線は、あえて中古屋も相手にしないようなマイナーな物件に狙いを定めたいものである。それなら、ネットオークションで気張って落札したノークレーム・ノーリターンのブツが、より安価に中古屋で保証も付いているのを発見し、地団駄を踏んで悔しい思いをしなくてすむ。
 例えば、キングのレギュレッテ「Regulette」などは如何だろうか。
レギュレッテ

 キングは戦前に興ったドイツのブランドである。当初は電気関係のサプライヤーだったが戦争中に操業を停止した。戦後復興したが、幸運だったのは西ドイツに含まれたことだろう。かつての東西対立も、デジカメ世代の若い連中には伝え辛いものがある。我々に関係があるところでは、1950~1980年にカメラを製造している。キングブランドのフィルムも供給していたので、イルフォードやフェラニアに似たビジネスモデルだったのだろう。意外に多くの機種を輩出しており、中には距離計連動機も存在するが、多くは目測ビューファインダーの普及機~中級機である。全盛期は1950~1960年であり、1970年に入ると急速にラインナップを縮小し1980年代半ばには消滅している。1970年代には一眼レフカメラの開発を試みるものの、パテント問題でライカと対立し、結局実現しなかった。丁度、日本の電子化したEE(AE)カメラの躍進と重なる。日本でもタロンやペトリが消滅し、カメラの電子化は思いのほかハードルが高かったのだう。世界的にはキングのブランドは一定の評価があったらしく、その後も香港からキングブランドの110判簡易カメラが登場した。キングというと日本では浅沼商会だが、ブランドの特許申請が1918年だというから直接関係は無く、浅沼商会の方が先輩になる。「キング」などというブランド名は「プリンス」だとか「インターナショナル」だとか、誰でも思いつくので世界中に数多とあるだろう。
 スイートポイントはレンズがカッサー45mmF2.8なのである。テッサーではない、Cassarだ。これは我が国の「ライラ」や「ロールコンター」に迫るとぼけたネーミングだが、メーカーであるシュタインハイルはミュンヘンに位置するメジャーなメーカーである。テッサー銘にあやかったのかは、よくわからない。カッサー銘のレンズは戦前・戦後にかけて、ドイツに留まらず国際的に流通していた。フェラニアの安カメラにも搭載していたが、カッサー付きはグレードの高いモデルとなる。もっとも、本カメラが搭載する「REGULA-CASSAR」を低く評価する方もいらっしゃるようだ。これはヤマハのブレンボをヤマンボと呼ぶようなもので、数十万もかけてブレーキ一式を交換したグットルッキンな方からすれば、容易に認めたくないのも人情と言う物だ。とにかく、戦前の蛇腹カメラから、戦後の安コンパクトカメラにも搭載したレンズだから、特定のレンズ構成は良くわからないのだが、本カメラの物は、まず3枚玉と言っていいだろう。モノクロを通してみたが、ハイライトの滲みや絞っても緩いアウトラインなど、甘い描写が魅力的である。
カッサー45mmF2.8


 もっとも、この個体は結構高く買ったのだ。まだ、拙僧の欧州製の中級機の値読みが甘かった頃にビットを入れたのである。記憶違いでなければ、3000円でビットを入れて、無論競争者は現れなかった。コンディションはパーフェクトで、何故かツアイスの革ケース付き。損をしたとも思わないのだが、デットストックの格安ユーズドチノパンGetの快感は薄い。
 むしろ熱いのは、つい最近落札したADOXであろう。こいつは600円で落札した。そもそも、欲しかったのは同じ出品者のプラクチカやレンズだったのだが、相対的に送料を安くしたくてビットを入れたのである。届いたものはミントとは言わないが、文句のない物である。ADOXは世界最古の感材メーカーであり、やはり普及~中級カメラを製造していた。ADOXのカメラを真面目に取り上げた日本のコンテンツは殆ど無く、本カメラの正体も不明である。気を吐いているのはシュナイダー製のラジオナー45mmF2.8を搭載するのだ。シュナイダーの玉が付いているだけで600円を払う価値はある。撮影に必要な最低限の機能しか付いていないすっからかんのカメラである。
 システム手帳程のマニアルを読まないとどんな機能を搭載しているのかさっぱりわからないモダンデジカメに飽きた方はチャレンジしていただきたい。くれぐれもレンズだけ取り出して、デジ一眼につけるような暴挙はご勘弁を。
ADOX
スポンサーサイト
このページのトップへ
 随分と前の話になるが、新宿方面にヴィトン柄のオリンパスOM-1やマミヤ6が相次いで発見された。確か、まだドイが新宿の店舗で中古カメラを扱っていたと記憶していたから随分前だ。だから、オリンパスOM-1も巻き上げレバーがゴリゴリ言うくらいでジャンク1000円で転がってはいなかったから、その1万円というプライスタグには魅かれるものが有ったが、青年期の拙僧が手にするには視覚的なインパクトが強すぎて自分自身が影になる気がして手を出さなかった。そういうキワモノは人間は恥ずかしいままなのに、神経が衰退して恥ずかしさが気にならなくなったアラフォーにならないと負けてしまうのだ。デコ携帯なんてのも好んで熟年女性が使っているのを目にする。
 ペンタックス純正のワニ革のLXゴールドなどは今でも高価安定なのだろうが、それがハンドメイドの物だと格が下がる。同じペンタックスでもこちらはプラクチカスクリューマウントのESである。ESは結構人気があるカメラで、口上書きに良好な動作状態を記載してある物件は、保証なしでもイイ値段になるのだ。ましてや電池を詰めて露出計が動くとあれば、まず、拙僧の手には届かない。なので掲載画像をみるからに怪しげなESやESIIを落札したものの、実際に動作もやっぱり怪しいので実戦に耐える個体は確保できずにいた。そんなESを511円で確保できたのは、そのハンドメイドによる際立ったキャラクターに負うと言えよう。プリズムに薄い腐食が有るのだが、これは口上書きにも記載されていたことで問題にはならない。それで、戦場で使えそうなESを確保できたのだが、やはり負けないようなファッションが相応のようだ。今年の夏はバリ島で買ったアロハを着て、本カメラで地元商店街系七夕祭りでも撮りたいものだ。
 出品元はハローカメラというショップである。ネットオークションでは頻繁に見かけるので、ご存じの方は多いだろう。拙僧は何度か利用しているのだが、対応は迅速で梱包も丁寧、程度もフェアである。無論、我々の狙うブツは2000円以下の物件なのだから、あまり高望みは禁物である。ハローカメラだってパーフェクトなコンディションだったら1円スタートにはしないだろう。

Dscn7578.jpg


 ヤフーオークションではショップ系の出品主はオーダーフォーム制度を利用している。通常のコンタクトは「取引ナビ」で行うのだが、オーダーフォームだと住所などをヤフーコンテンツ内のフォームに入力した後は、メールによる取引になるので、成りすまし詐欺だったらどうしようと、若干不安ではある。それでも、ショップ系の出品主から買うのは、一定の安心感があるので、イマイチ不安な方は利用の甲斐があるだろう。 このページのトップへ
 ネットオークションで「撮影もできるジャンク」を狙うならコアな価格帯は開始価格で1000円だということは既に述べた。しかし、往々にして既にビットが入っているケースは多いだろう。そこでどこまで争うかは肝となる。上限はやはり2000円未満だろうが、少しでも安く買いたいのは人情だ。むしろ、数百円のさじ加減こそ、ホットカメラの熱い亜熱帯の一戦なのである。
 さて、多くの物件の終了時間は21:00~24:00である。やはり、平日よりは休前日・休日の方が物件は多い。ネットオークションの戦術は大きく分けて、リアルタイムにじりじりと値を上げて競る方法と、予め出せる金額の最大値を入札して勝機を祈る方法がある。読者殿が独身で、残業や勤務時間帯にある程度の自由が有るのであれば、やはりリアルタイムの戦闘が効果的で勝率も高い。しかし、妻帯者で、そうでなくても棚からはみ出たカメラがリビングに転がっている方にとって、おおっぴらにPCの前でビットを入れるのはリスキーであろう。書斎を持っている方でも、不意に後ろから「何を見ているの?」と覗かれる危険性が高いのはご存じの通りだ。そういう時に限って、モニターには「入札を受け付けました。あなたが現在の最高額入札者です。」の文言を表示しているものである。なので、比較的安全で自由な時間帯に期待値を入札し、翌日に戦果を確認する方法をとらざるを得ない。では、どの程度の金額が適切だろうか?本当に欲しい物件であれば上限値ということになるだろう。ただ、本当にちょうど上限値の価格で落札となると、「自分の目利きは大したもだ」と思うより「これは一杯喰わされたか?」と敗北的な気分になるのが人情だ。もし、物件が「安ければ買ってもいいな」という程度なら目利きは一層シビアである。拙僧のお勧めとしては、現在価格が1000円以下の場合は1180円を入札することだ。この段階で既にライバルが入札している金額が高ければ諦める。それでもボルテージが下がらない場合は1580円まではビットを入れていいだろう。これで500円の物を510円、1000円の物を1100円で落札できる可能性は高い。拙僧の経験では50%はこの価格帯で落札している。
 ネットオークションの肝心は引き際である。レアなブツでどうしても落札したいのなら話は別だが、中級機がもう一台あってもいいなという程度の熱さであれば、同じようなブツは近いうちに必ず現れる。どういう訳かネットオークションにはタイミングがあって、拙僧は結構人気が高いペンタックスSL(ボディのみ、ケース付き)が530円で落札できたが、たちまち3000円台になることもある。臥薪嘗胆とチャンスを狙おう。間違ってもボディのみペンタックスSPに1280円以上の入札は禁物である。勿論、それが撮影済みで高いクオリティが評判の出品者から安全できれいな物件を押さえたいのなら話は別である。

ペンタックスSL
このページのトップへ
 もし、あなたが使い物になる標準レンズ付きMFフィルム一眼レフカメラをネットオークションで確保しようとしたら、どの程度の予算が適切だろうか。2012年2月現在で言えば、送料を1000円と見込めば、合計で3000円の線が相場だろう。これはグレードとしては「ひとまず撮影に支障はない」レベルの話である。つまり、露出計が怪しいとかファインダーにやや埃が目立つとか、少々の不具合は目をつぶる覚悟が必要である。露光やフォーカシングに一定以上の不愉快が無ければ良しとしたい。本ブログの趣旨をひっくり返すような発言であるが、綺麗でパーフェクトなコンディションの物件が欲しければ中古カメラ屋で5000~7000円のブツをお買い求めになるのを強く勧める。1万円を切る価格帯の物件でも、1週間程度の保証が付く店は多いだろう。但し、お住まいが首都圏や大都市に近ければ、そういう店に足を運ぶのは負担も少ないが、なかなかそうはいかない事情もおありだろう。そういう場合にはネットオークションの怪しい光に魅かれるのも致し方ない。くどい様だが、カメラは一台きりにしたいとか、お子さんの誕生をフィルムカメラで撮り綴りたいとかクリティカルな用途を想定していらっしゃるなら、キタムラのネット中古をご利用をお勧めする。
 さて、2000円をカメラ代として想定するのだが、これは2000円のカメラを買いなさいということではない。これがネットオークションの難しいところなのだが、1000円のカメラより2000円のカメラの方が綺麗だとかリスクが少ないとか、そういう事は全くないのだ。むしろ、比較的珍しいブラックモデルとか、フィルムを通した撮影済であるとか、何かしらのオプションが付いているわけでもない標準レンズ付き一眼レフに2000円を付ける出品者は気を付けたほうが良いだろう。かつてのフィルム時代の一眼レフカメラの価格を覚えている方はピンと来ないかもしれないが、現在、フィルム一眼レフカメラは暴落しており、ボディのみであればちゃんと使える物件がジャンクコーナーで1000~2000円で転がっているのは珍しくないのだ。もし、あなたが通勤の途中で新宿だの中野だのに寄ることが出来るのなら、ネットオークションは全く割に合わない。勿論、ニコンFMとかペンタックスMXのような人気のモデルなら良い価格がつくだろうが、ペンタックスSPとかミノルタSRT-101のような供給過剰の物件は1000円でも値が付かない場合が多いのだ。これこそジャンクカメラサーフィンの狙い目である。タイトルに「ジャンク」の文言を含んでいても一見の価値はあるだろう。経験的に「ジャンク扱い」と書いてある場合は疑った方が良い。2000円まで幅をとったのは、たまたま綺麗な物件でライバルが現れた時に、その欲求の度合いによって2000円までなら争ってもいいだろうという目安である。値が上がったとしても、その物件がより綺麗になるとかカビが落ちるということではない。場合によっては530円で非の打ちどころのないケース付きプラクチカL2(ボディのみ)をGetできる可能性だってあるのだ。

 
プラクチカL2


 では、玉石混淆のネットオークションでなるべく失敗しないための知恵は無いだろうか。勿論、添付画像や口上書き、出品者の履歴の確認は肝心である。しかし、ここは一歩進んで出品者を想像していただきたい。つまり「東北の父の実家から出てきたものです。カメラのことは全くわかりません。」という妙齢の女性の文言を鵜呑みにしてはいけないのである。かといって、相手が嘘をついていると決めつけるのはご法度である。お勧めなのは出品者の立場に矛盾しない質問を投げるのだ。いくらカメラに詳しくない妙齢の女性だって、巻き上げレバーを手前に引いてレリーズボタンを押すことくらいできるだろう。なので「フォーカスリング(レンズのリング)は回りますか?」「巻き上げレバーを引いてシャッターボタンを押すとシャッターは切れますか?(精度は不問です)」「本体上部にある数字(1000~1)が1000の位置でシャッターを切った時と30の位置で切った時では音が違いますか」「ファインダーに腐食(黒い帯)は有りますか?」と言った簡単な質問を投げてみよう。返事が返ってこないときやはぐらかした返事が返ってきたときにはスルーしたい。だいたい、はぐらかすというのはそれだけの知識があるのだ。一方で「ファインダー(レンズ)は綺麗ですか」といった個人の裁量で決めかねる質問は避けた方がイイだろう。綺麗かどうかは個人の感覚にもよるし、売り手も1000円のカメラのファインダーにゴミが複数あるくらいで文句をたれる客は相手にしたくない。最も嫌われるのが「シリアル番号を教えてください」である。特定のロットに不具合があるケースもあるだろうが、ひとまずシャッターが切れる状態だと公表しているのに、シリアル番号なんて撮影に全く関係のない情報を聞かれるのは愉快ではない。まずは簡単に確認できる質問を投げかけてみよう。これだけで完全ジャンクを引く可能性は飛躍的に小さくなる。

 さて、適切なターゲットであるが、いわゆるメカニカルシャッター機がお勧めである。別に将来も修理が見込めるからではない。修理業者に出したら、ネットオークションのブツが2ダースは買える出費が必要になる。単純に電池が無くてもシャッターが切れるから、出品者による確認が可能なのだ。具体的にモデルを列挙するとペンタックスならSP以降、ミノルタならSRT-101以降のモデルなら、シャッター幕がよれているとか露出計の不良とか、ちょっとした不具合があっても撮影のできるコンディションの可能性は高い。キヤノンならFTbがお勧めである。恐らく、この世代で信頼性が飛躍的に向上したのであろう。今後、レンズを増やすつもりならミノルタMC/MDマウントやキヤノンFL/FDマウントは安く入手が可能だ。ペンタックスKマウントは値が上がりがちだし、ニコンFマウントは更に高くつく。どうしてもニコンというあなたにはレンズ付きのニコマートFTnが選択肢として有効である。これは信頼性も高いし、価格も手ごろである。カニ爪が付いていないレンズで露出計が連動しない制約があるが、ひとまず付いているレンズでお使いになるのはどうだろう。そもそも、1000~2000円程度のカメラの露出計をあてにするのは、ちょっと難しい。ニッコール50mmF2でもニッコール50mmF1.4でも価格帯は穂トンdの変わらないようだ。程度と縁で選んでいただきたい。
 レンズシャッター距離計連動機などでは1円スタートでそのまま落札する可能性も高いが、一眼レフだと1000~2000円くらいがコアな価格代だろう。まずは気楽に挑んでいただきたい。最悪、ボディはダメでもレンズ位は使い物になるはずだ。くれぐれも、一生を遂げような意気込みではなく、本当にフィルムカメラに投資する覚悟が出来た時にはちゃんとしたカメラを買う前座くらいの意気込みで挑戦していただきたい。

ニコマートFTn


このページのトップへ
 この度、本ブログ「亜熱帯ジャンクカメラサーフィン」を立ち上げさせて頂いくに至った。恥ずかしながら、拙僧はこの10年弱の間に2.5グロスはカメラやレンズ、映写機のような光学機器・カメラ用品を買っている。こういうみっとも無いことは、常識的なセンスの持ちの主なら公表などしないだろう。別に素晴らしい年収があるとか親が資産家で資金源が豊富なのではない。むしろ、結婚して10年、定期的な収入は殆どないのである。たまたま、タクラマカン砂漠のように心の広い妻が人並みの収入を得て、普段は霞を食べているだけである。普通の妻ならカメラの台数が3桁になる前に離婚だろう。カメラだけじゃなくて家も新築したし、車は4代目が来週には納車になるし、単車は2台だし(1台はレストア中)、自転車も6台あるしで妻の並外れた包容力には感心することしきりである。
 もっとも、高価なカメラ・レンズは1台もない。安い方では1台10円である。21世紀も10年も経過した現在では、かつては高級だったカメラも、フィルム市場の衰退で驚くほど廉価で手に入れる事が可能なのだ。入手の手段を割合で表すと下記の通りである。

・インターネットオークションによるもの 60%
・店頭のジャンク籠、ジャンクコーナーで手に入れたもの 35%
・店頭のジャンクではない、普通の中古として手に入れたもの 5%

 厳密には友人知人から貰ったものやレンタル中のものもあるのだが、割合としては僅かなので省略する。インターネットオークションでは売る場合もあるので、毎週どころか、毎日出たり入ったりが続くことは珍しくない。ハッキリ言って買うペースに撮影するペースが追いつかない現状だ。
 しかし、従来の拙僧のスタンスとしては決してコレクトが趣味の主要でないとしていた。あくまでも本筋は撮影や現像やプリントである。そもそも、カメラ・写真趣味の他にも、単車を転がしたり自転車を弄ったりするのも楽しみである。本来はカメラを買うなどはたまにでいいはずだ。拙僧も「ああ、また買ってしまった。」と後悔が無いわけではない。しかし、こう毎日カメラが届くと反省する暇もないのである。そこで、この際だからインターネットオークションでのカメラ・光学機器の買い物に特化したブログを立ち上げようと思ったのである。全くを持って開き直りである。何せ、毎日ネットオークションを覗いてコンスタントに買ってるので、相場なり旬の動向なりが掴めるようになってしまったのだ。
 本ブログ立ち上げの動機にこんな事が有る。近年のデジ一眼(レフ)の豊富なアダプターの流通や、若い世代のフィルムカメラの根強い関心からMF時代のレンズがSNSのコミュニティの場でしばしば話題になる。そこで、若い連中と同じレンズの良さで盛り上がるケースも多々あるのだが、どうも話がズレていると気付くのだ。つまり、彼が10000円以上のお支払いで購入したレンズを、当方は10分の一の価格帯で拾い上げているのである。拙僧も大人なので、そういう事をワザワザ言わないことにしているのだが、適切な(低い方の)相場を発信することが、新たにフィルムカメラに関心を持つ層にとって背中を押し、結果として衰退の一歩を辿るフィルム需要を底上げしたい思いに達したのである。これも一種の社会的な責務であろう。
 既に拙僧は自ら求めたカメラ・光学機器を紹介するブログとして「意してプラカメ拾う物なし」を立ち上げている。これは拙僧が拾った安カメラ(往々にしてプラスチック製のアウターシェルである)を紹介するブログなのだが、原則的に一度は使って、テーマとなるカメラの歴史的な背景や実際の使用感覚を報告している。拙僧の浅知恵で綴った文章だから、妙に過大表現で分かりづらく、勘違いも含んでいて資料性は乏しいのだが、密度の高い文章を心がけている。しかし、なにせ撮影するペースよりもお迎えするペースの方が速いので、拾い上げてから報告するまで随分と時間が経過してしまうのだ。これでは有機的に変貌するネットオークションの旬な相場や傾向を報告することが出来ない。そこで、本ブログではいち早く抑えた物件を取り上げ、落札価格や実際の程度を報告したい。一見動くように見えて、実際にフィルムを通したらダメだった、という可能性もあるのだが、速度性を優先したコンテンツ作りをポリシーとする。また、「買う」だけではなく「売る」方面のムーブメントやコツ、過去の経験などもコンテンツの副題としたい。「買う」以上に「売る」のも高いハードルを感じる方が多いと思う。当方の迂闊な失敗談が皆様に有益であれば幸いである。

 ネットオークション時代になって、個人売買は旧世紀では考えられない程、可能性を広げた。また、フィルム需要の衰退で、かつては入手は難しいを思われた価格帯のカメラ・レンズを捨て値で拾い上げることも可能なのである。皆様に安い出費でホットなカメラ・撮影ライフを楽しむお手伝いが出来れば幸いである。

ネットオークションの画面を眺めると、今夜も脳内は亜熱帯!! このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

02 « 2012/02 » 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

 

プロフィール

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR