亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Dscn0500.jpg
けっこう名古屋の中古カメラ事情をけちょんけちょんにゆっている拙僧である。こういうのは叶わない東京への帰属願望なのでみっとも無いのだが、それでも4万円に極めて近い価格で中古のFM10+標準ズームを勧められている若い衆を見ると、「一度、フジヤカメラに電話した方がイイですよ」と言いたくなってしまう。いや、別に相場より高くても物が良ければよいのだが、そこんちは程度に大いに問題があるのだ。兎に角、相場並みの物件はどこかしら壊れている。まあ、それでも足を延ばすのは安物の委託品に稀に美味しい物件が有るのだ。但し、予算は2100円まで、出しても3150円までが妥当である。それ以上だすくらいならネットオークションの方が生還率が高いくらいだ。

DSCN1862.jpg
それで、拙僧が長期偵察に向かうのは、その食わせ物のTカメラと大型リサイクルショップのコメ兵くらいだったのだが、最近、mixiで新たな漁場を発見したのである。仮に名前はHカメラとしよう。そこんちも露出計不動のパクセッテオートマチックが2000円等ということは無いのだが、ほとんど国産物とはいえ、相場はフジヤカメラ並みである。それでも、プリズム腐食のOM-1とかミノルタA2とか価格的には妥当な物の、既に持っているものが多く、スルーした。しかし、3回目の偵察策戦で遭遇してしまった。マミヤ645用のセコール55mmF2.8が2000円である。マジいっ!と思いながら調べてみるのだが、どう見ても不具合が見つからない。軍資金は極めて厳しい状況だったのだが、これは確保に向わないと後悔するだろう。店に小額紙幣を押し付けて脱出した。

DSCN1864.jpg
それにしてもマミヤはRZやマミヤ6(新)・マミヤ7を除いて今は底値なのではないだろうか。こないだ4000円で撃破したセコール45mmだって、他の店でも6000円くらいで売っていた。これがペンタックス645だったらしんじられない価格帯だ。お蔭でマミヤ645用のレンズは4本そろってしまった。マミヤRB67だって、店を選べばびっくりするほど安くシステムが組める。今年の春の名古屋大中古カメラ市戦役ではマミヤプレスを確保したし、そういえばマミヤシックスやマミヤフレックスだって師団の配下にある。後はCシリーズ位か?いやいや、まさか。
スポンサーサイト

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
拙僧の誕生月である6月を迎えた。これでとうとう齢40を数える。まさかこの年でポニーテイルのねーちゃんイラストを描くとは思わなかったのだが、これはこれで結構パンクなのではと勘違いしているのだ。
既に前線は崩壊しており、「専属モデル運動会戦役」では満足な輜重もままならず、フィルムは期限切れのアクロスを使っていた状態だ。孤立した部隊がツマラナイ「ジャンク扱い」にビットを入れているのも、指揮系統の乱れである。大低、「ジャンク」より「ジャンク扱い」のほうが始末に悪いものである。一方、定期偵察でキタムライガで大物と遭遇してしまう。ペンタックス6x7だ。

DSCN1091.jpg

既に兵を割く余力は無く、キタムラハネやキタムラアンジョウはノーマークなのだが、キタムライガだけはマークしていたのだ。それは105mmF2.4をつけていた。ボディは3000円、レンズは2000円である。レンズは惜しいが早々にあきらめて、ボディに狙いを定める。ブツはノーマルファンダーとストラップが付属する。外観は相応に使い込んであるが、大きな傷も無く年式の割りには綺麗に思えた。ファインダーをのぞいら真っ暗だったのはミラーが中途半端状態でとまっていた。ご存知のとおり、ペンタックス6x7は電池が消耗すると、こういう状態になるのだ。綺麗なファインダーとストラップ金具だけでも3000円の価値があると思ったのだが、何しろ輜重乏しい状態である。交戦は慎重にならねばならない。同じ、ジャンク籠に転がっていたキヤノンAE-1から電池を抜いて装てんすると。バッテリーチェックランプも付かない。やはり完全ジャンクなのであろうか。巻き上げてみるが6x7はフィルムを装てんしていないとシャッターがチャージしないのだ。うなりながらあれこれいじっていると、不意にミラーが正常な位置に移動した。おや、っと思って巻き上げれてみるとフィルムも未装填なのに空シャッターが切れるのである。試すと高速も低速も一通りそれなりの速度で切れるようだった。拙僧麾下の将兵は色だった。現在、6x7は稼動状態の1台の他にスロー不良の予備が存在する。この際だからスロー不良のブツは放出して、ブツを本予備に昇格することを考え立ったのだ。禁断のマジックカード独立戦車大隊を動員して確保したのだ。

帰還後、ダミーフィルムをつめると、ちゃんと動きそうである。後はスロー不良の固体にそれなりのビットが入ればよいのだが。

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
二眼レフカメラは独特な魅力がある。拙僧などは年代的に「ボトムズのアーマードトルパー」を思い出すのだが、若い連中は「ラピュタのロボット」だろか?いや、ラピュタだって新しくは無いなあ。拙僧が知らないだけで、最近の萌えアニメにも二眼レフ風のレトロモダンメカが登場するのだろう。実際、若い連中にガッケンフレックスは良く売れたようだし、ホルガファミリーにも二眼レフ風がある。拙僧などは信じられないのだが、そういう二眼レフ風トイカメラに1.5万円も、払える連中はいるのだ。拙僧などは1万円のちゃんとした中古のヤシカフレックスでも手に入れた方がよっぽど幸せと思うのだが、そういう事を言うと「うざいオヤジ」と思われて遊び相手がいなくなるので言わない。せいぜい、「それは素敵なブラックバードフライ(マスク抜き)だね。僕は貧乏なので送料込み2000円のピジョンレックスしか使えないんだよね。」と無意味な抵抗を試みるのみだ。
とはいえ、ネットオークションにはそれなりにリスクがある。ライカ判のカメラと違いシャッターチャージが必要だし、オートマットのモノだって北陸の旧家のお孫さんが空シャッターを切れるとは限らない。しかし、拙僧が小額紙幣を何枚も出血し続けた経験によると、メーカーやモデルによって難易度の高いモデルが存在するようだ。

DSCN3960.jpg
まずはクリスタルである。これは捨て値の二眼レフとしては出現率が高い。見てくれはリコーフレックスに範を取ったと思われる、ビューレンズとテイクレンズをレンズ前玉に施したピニオンギアで連動・回転してフォーカシングを行う物である。二眼レフらしいルックスのカメラだし、クロームの面積も多くて、見てくれのコンディションが悪くなければ、それなりに魅力的である。なにせ価格が安く、21~1000円程度で転がっている。ビットを競うようなカメラではない。1000円を超えるようなら「保証付き」や「実写済み」、あるいは特定の美品の部品を手にいれるつもりでなければ撤収がお勧めである。こいつはまず、肝心のピニオンギアを兼ねたレンズが固着して回らない可能性が高い。質問して不明瞭な回答が返ってきたら、例外なくそういう物件だと思った方が無難だ。
DSCN3963_20120511165347.jpg
(この画像はモータードリルが写っているので、何かややこしい問題にぶつかったのだろう)
原因はヘリコイド(本カメラは前玉回転だが)のグリスが劣化し、硬化して固着するのだ。恐らくグリスが安物だったのだろう。二眼レフなので前後のレンズが両方ともダメになっている可能性は高い。固着したグリスはベンジンを染み込ませたコットンで拭く程度ではダメで、半日くらいドブ漬けしないとスムースには拭きとれないかもしれないな。拙僧の個体だと焼けついた2stのピストンみたいにガッチリ隙間なく固着したものが有って、これは何日アセトンにつけても無駄である。そうなったら素直に諦めるか安い部品取りを探すしかない。

頻度は知れないのだが、拙僧のリコーフレックスVIもグリスが固着していた。リコーはハイカラー35のジャンクの殆どがフォーカスリングが固着しており、レンズは手抜きが無いようなのだがグリスはケチるようだ。クリスタルもそうなのだが、この種の二眼レフは組み付けの際に上下のレンズのリンケージが意外とナーバスなので、神経を使う。この点レンズボードを繰り出すタイプの物は、ファインダーでピントが合っていれば、レンズを開けていない限りピントは問題ない可能性が高い。
DSCN5694.jpg
ちなみに拙僧はピントの精度を確認する際は、ペンタックス645のフォーカススクリーンをフィルムガイドレールにあてがい、ハクバの安物の15倍ルーペを使用する。無論、シャッターはバルブだ。もう少し倍率の低いちゃんとしたフジフィルムのルーペも持っているのだが、ピントを合わせるだけだから情緒よりも倍率である。
DSCN5693.jpg

ワゴーフレックスも危険なハイティーンである。詳しくはコンテンツに譲るが、拙僧も数年越しでやっと稼働状態に持って行った。日東光学がどのような写りを見せるのか楽しみだ。
IMG_2341.jpg


特徴的なルックスが魅力の二眼レフなのだが、不思議なことにデジカメはローライ(ミノックス)のものしかない。21世紀を10年も経過して、今だに光学ファインダーのみのトイデジカメは生き残っているのだから、ウェストレベルの光学ファインダーを搭載したトイデジカメとかイイのではと思うのだが、どうだろう?
少なくても露骨にμデジタルやサイバーショットTを真似た3000000ピクセルデジカメよりも冴えていると思うのだが。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。