亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

IMG_0004_201612241021475cf.jpg
(ちなみに、フォントが細くて円弧を描いているプレートの個体は残している)

こちらのサブブログを読んで下さる方はとても少ないと思う。更新も非定期だし、内容もアレな感じだからな。
それでも、お付き合い頂き、ありがたい話である。来年も気が向いたらご一読頂きたい。

本年最後のブログなので、ちょっと熱を入れて書かせていただいた。本年のお礼とさせて頂きたい。

何度も繰り返して申し訳ないのだが、師団装備の大粛清の嵐が暴れ巻いている。師団長兼妻の逆鱗が大きな発端となっているのだが、拙僧も最早全ての装備にフィルムを通す見込みが無くなった。今のところはアクロスが3本で1500円なので機動的な運用が可能だが、これが2000円まで値上がったら運用は困難になるだろう。既に120判のフィルムはアクロス以外は選択肢が無く、それも運用は限定的になっている。なので、粛清も中判カメラから手を付け始めた。勿論、程度がイマイチな物件を優先している。

アイレスフレックスは、かなり惜しかったのだがレンズの状態がイマイチだったので粛清の対象となった。アイレスフレックスは、更にフォントの古臭いアンティークなブツが残っているので、それは使ってやりたいものだ。

DSCN8865.jpg
(ネットオークションでもよく見かけるアイレスIIa)

アイレスのカメラはネットオークションでも比較的容易に見かける。実際、1950~60年代のカメラ雑誌を見ると、それなりの市場を確保していたようだ。しかし、メーカーであるアイレス写真機製作所については不明瞭な点が多い。取り上げている記事は多いのだが、少しずつ説明が違うし明らかに誤認か他社との混同が見られる。既に消滅したメーカーの紹介が時系列やライターによって変わっていくのは珍しいことではないのだが、東側のカーテンの向こうのカメラではなく、国産メーカーでそれなりにモデルを展開していたメーカーとしては不思議である。

ひとまずWikiと拙僧の過去の見聞から報告すると、創設者は陸軍造兵工廠で技術館をしていた技術士官「三橋剛」であり、光学機器を担当していたようだ。敗戦後は、その人脈から岡田光学精機のカメラを販売していたらしい。そこで中古の二眼レフの「コンタフレックス」が高額で売られているのを見て、自分でカメラを設計・製造し、販売しようと設立したのがヤルー光学である。

よく知られていることだが、アイレスの前身であるヤルー光学の設立の際、岡田光学精機の社長によるコネクションで韓国人実業家から資金を得た。設計したのは「ヤルーフレックス」で、確かにシルエットは「コンタフレックス」に似ているが、あくまでも独創的なカメラである。多分、「コンテフレックス」のような金のかかるカメラは作りたくなかったし、当時の敗戦後の日本では資材調達もままならなかっただろう。韓国人実業家によるコネクションは当時は極めて重要で、GHQは被占領国民である朝鮮・韓国人に対して食料や資材の分配を優先していたのだ。しかし、結局、「ヤルーフレックス」は試作に終わってしまう。アサヒカメラに広告を出してパンフレットまで用意したらしいのだが、当時の日本のインフラでは生産資源や資材調達が上手くいかなかったのだろう。

それ自体は珍しい話では無い。拙僧が気になったのは、なんで「ヤルー」なのかだ。一般的に知られているのは韓国人実業家に敬意を示して朝鮮半島と大陸を隔てる「緑鴨江(ヤールージャン)」から命名したとされている。しかし、「ヤールージャン」は北京読みだ。朝鮮読みだと「アムロッカン(アムノッカン)」である。別に「アムロフレックス」でも何の問題もなかったと思うのだが、何故だろう。むしろ、今なら「アムロフレックス」の方が「アムロ=レイ」さんや「安室奈美恵」さんを彷彿して注目される気がするな。

これを取り上げている雑誌記事やコンテンツは拙僧の知る限り無い。この辺はそのうち、真面目に調べて見るつもりだ。
メインブログで取り上げたいのだが、なにせアイレスのカメラを、まだまともに稼働させていない。基本的にメインブログは実際に使ったカメラを紹介することにしているからな。

Image18_201612241021463f6.jpg
(何となく混乱した戦後日本の雰囲気があって悪くはないが)

アイレスのカメラを全く使ったことが無いわけでもないのだ。ネットオークションで珍しくない「アイレスIIa」は実戦に導入している。
しかし、かなり程度の悪い個体でネガの殆どは鑑賞に堪えるものではなかった。アイレスのカメラは他にもあるので試すつもりだが、拙僧の資金力で買える物件はかなり程度がよくない。これは、生産時の生産資源や資材の問題もあるだろうが、あまり大切にされなかったのではないだろうか。例えば、特徴的な「アイレスII」のフォーカシングレバーは、大抵の場合は壊れている。レンズシャッターなので、シャッターレバーを直接操作すれば、ひとまずシャッターは切れるのだが。

だからなのか、アイレスを紹介したコンテンツは少なくないが、実際の撮影結果を掲載したコンテンツやブログは少ない。というか殆ど見かけない。拙僧も、1~2回フィルムを通して同じ結果だったら、「そういうカメラ」としてコンテンツを作成するつもりだ。

人民女子1a
(大粛清と大躍進は道理一帯の悲劇)

最後は本ブログらしく、勝手な画像を貼り付けて閉めさせて頂きたい。
メインブログは、ありがたいことにロクなSEO対策もしていないのにヒット率がそこそこいいのだ。なので、逆にツマラナイことが描けない。

本ブログは影のブログとしていい加減なことを思う存分書かせていただきたい。

来年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
DSCN5245.jpg
(ひとまず光学系は綺麗に見えるのだが)

まずは、現在、かなり酔っ払っているの乱筆をご了承頂きたい。

メインブログではまだ紹介できていないのだが、コンタックスマウントのゾナー50mmF2を確保したのだ。他にも様々なつまらないモノを確保しているのだが、酔っ払っているので整理ができない。

コンタックスマウントのゾナー50mmF2といってもヤシコンではない。ヤシコンはプラナーだけど、とにかく戦前から続くコンタックスマウントだ。

DSCN5246.jpg
(こういうカメラが手元にあるのが不思議な気もする)

話はメインブログで展開したのだが、盆前に傷だらけのゾナー50mmF2付きのコンタックスIIを確保したのだ。無論、それで真面目に撮影するつもりはなかったのだが、帰省時にアクロスを通したらそれなりに写ったのだ。何の問題もないかというと、勿論、そんなことはなくて、巻き上げノブをゆっくり回さないとフィルムがジャムってしまう。逆に言えば巻き上げノブをゆっくり回せばシャッターも大丈夫だし、距離計も概ね合っているようだった。

ただし、傷やカビに鷹揚な拙僧でもゾナーの傷はちょっと無視できない程度だった。
撮影結果では、よっぽと光線状態が悪くなければ、それなりに写っているのだが、やっぱり気持ちよくない。

DSCN5247.jpg
(割と自分が間違っているのではという自覚がないわけではない)

それで間違いでもあったらゾナー50mmF2かゾナー50mmF1.5でも拾ってもイイなと思ってはいたのだ。だが、思ったよりもはるかに早く間違ってしまった。名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争である。
そこで2万円のゾナー50mmF2を発見したのだ。

DSCN5248.jpg
(カニ目の傷がきになるが)

そうは言っても、拙僧も少しは常識人だ。コンタックスIIなんて何時壊れるか分かったものではない。なので、軽率に拾ってしまうのは抵抗があった。2万円は拙僧の師団としては大出血である。そこで共闘したniconico殿と寿がきやラーメンで戦局に対し協議したのだが、コンタックスIIが壊れてもキエフで使えばよいのではという、建設的なアイデアが浮かんだ。熟考したのだが買わず後悔は避けたい。niconico殿と分かれ、再び戦場に向かうのである。

ブツは光学系は綺麗に見えた。2万円ならスイートな感じだと思ったのだが、とてもプロがつけたとは思えないカニ目の傷がある。うーむ、これはちょっとなあとマルエイの1階までエスカレーターを降りた。しかし、やっぱり気になるのだ。再びエスカレーターを上がった。

店員氏に再び出してもらうと、2.4万円のLマウントニッコール5cmF2よりも遥かにコンディションが良いように思える。問題のカニ目の傷だが、店員氏の「50年前のレンズですから、いろいろとありますよ」という言葉に傾いてしまった。半世紀前のレンズを使うのは某共和国の半世紀前のIl-28(もしくはH-5)を使うがごとしだが、これも縁であろう。なのでナケナシの2万円を払った。

兎に角、ピントが合えばよいのだが。


テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
DSCN3297.jpg
(我ながらよくよく運のない男だな。ツーリング先でこのような大物と出会うとは)

旅先でカメラやレンズを買ってしまうというのはよくあることだと思います。

しかし、R1-Zで1泊ツーリング中にマミヤユニバーサルプレスは悩みますよね。
キタムラ駒ケ根店の方が親切にクッション材を多めに入れた段ボール箱でパッケージングして下さり、翌日の天候不良を考慮して大きなビニール袋で包んでくれたので助かりました。

R1-Zという単車とマミヤユニバーサルプレスというカメラをご存知の方は、相当ロックな行動だとご理解いただけるでしょう。

P4120016.jpg
(ひとまず積んでみたが、やっぱりネットだけだと不安)
P4120017.jpg
(ホームセンターでゴムバンドを買って補強した)

マミヤプレス(初代)やスーパー23は持っているんですが、この個体はファインダーにカビがあるものの気にはならず、距離計イメージのハッキリ具合が手持ちのモノよりずっと良かったんですよね。

レンズは薄くカビがあって5000円は標準かなあ。でも、外観は凄く綺麗で、多分、死蔵モノだと思います。

帰りは高速道路も使って、通行止めの国道の迂回路で舗装林道を走ったり、開けたワイディングでは、相当寝かせたりしたのですが、帰ってきたら距離計もシャッターも無事でした。

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

このページのトップへ
DSCN2023_20140710045854c4c.jpg
(アルミテープで補修)

 これといった成果を得ることのできないママ、板面に運用費ばかりを消耗するトヨビュー4x5である。いや、こいつを車から撮影場所に移動するのだって体力を消耗する。イイこともあるので、図々しく三脚にトヨビューを構えていると、子供ずれの家族も全く眼中にないらしく、大っぴらに撮影しても文句は言われなかった。なので三河某市のアイドルである「象のふじ子」と、家族スナップを2枚撮ったのである。
 以前からの光線漏れの問題点は、どうにも蛇腹とは思えないのでグラフレックスホルダーの接続部をアルミテープを張り付けて遮光を試みた。

DSCN2146.jpg
(腰が砕けるねえ)

 その撮影結果がこれである。一枚はオーバーで一枚は未露光。本当に泣きたいよ。幸いなのはポジの現像料は350円くらいらしくて、支払いは700円弱だった。拙僧がホルダーの表裏を間違えて二重露光してしまった可能性は大いにある。それにしても盛大なオーバーなのでシャッターが不良なのかもしれない。シャッターも1/8以下はバルブになってしまう代物なのだ。f64を気取って1/15で撮ったのだが、もっとマシな高速側で撮るべきだろうな。

DSCN2137.jpg
(マイナーオーラを隠しもしないパッケージ)

 それとは別にネットオークション戦線で作戦を展開していた。MOD54という4x5フィルム用のアダプターに注目ていたのだ。パターソンのリール3本用のタンクで使用するもので、これなら4x5フィルムが自家現像できる。幸い、パターソンの該当モデルは去年の東京遠征でフジヤカメラ用品館で確保済み。あっしは現像液をケチるので、3本も同時に現像しないので未稼働だったが、これも縁による幸いだろう。

DSCN2139.jpg
(個体は非常に綺麗で未使用かも)

 写っているかどうかも分からないネガやポジをキタムラに出すのは抵抗があったが、こえで自家現像が可能であるアズだ。アクロスの4x5だって安くはないのだが、気分的には楽になるな。

IMG_3891.jpg
(これが3リール用のパターソン)

トヨビューのシャッターももう少しましなモノをてにれたいものである。
ネットオークションでもシャッター単体よりはレンズの方が安いくらいで話にならない。ボードだって5000円くらいする。中野で転がっている価格帯を想像するととてもビットを入れる気がしないな。
しかし、拙僧も大判には詳しくないので、トヨビューボードを理解していないから、つい違うボードのレンズを買ってしまう。シャッターの穴さえ合えば使える筈なのだが、特殊工具が必要のようだな。

DSCN2143.jpg
(最後の生命線になるな)

 アクロスも安くはないのだが、別メーカーの4x5フィルムはひっくる変えるほど高いから、是非、フジフィルルには頑張ってほしい。 このページのトップへ
Image1_20130517173416.jpg
何となくついている日、という物があるのだ。例えば、どういう訳だか朝から気分が良かったり、落札したくもない物が落札できなかったり、売れないと思っていたものが売れたりとかだ。そういう、ついている日は運気が上がっていると思って活動する様にしている。まず、嬉しかったのが、レガシイのドアを凹まして板金屋に出してあったのだ。当然、ドア以外にも他の部分も何かと部品が脱落していたり傷が合ったりして満身創痍なのである。今日、引き取りに行ったら部品(新品)が余っていたというので脱落していた部品をつけてくれたのだ。塗料も余っていたというので傷を塗ってくれた。それで見積もりは当初と同じなのだから、これは大サービスだろう。

「本当だと3万円くらいの作業なんだけどね。」

というのも、営業トークには間違いない。しかし、兎に角、得をしたと思えば吉である。
そのまま、夕食の食材を買いに行ったら5%オフセールをやっていた。こういうのも地味ながら、ラッキーの範疇だろう。そしていつもの「カメラのムラサキ」で出会ってしまうのだ。

DSCN4525.jpg
ブロニカS2である。しかも、ニッコール7.5cmF2.8付き。探すと貴重なストラップも付いているぞ。フィルムバックも付いていたが、残念なことに遮光板が無いのでフィルムバックが外せない。ブロニカS2はフィルムバックを外さないと空シャッターが切れないのだ。それでも、プライスタグは4500円。レンズとフィルムバック、ストラップをばら売りしても元を取れるだろうな。隣にはブロニカ用のニッコール200mmF4とFマウントのオートニッコール200mmF4(Ai改)が転がっていた。これは一種のジョークなのだろうか。両方とも500円。無論、速攻で確保ですわ。ちなみに、ブロニカS2こんなプライスタグがついていた。

DSCN4529.jpg
一瞬、本当にECかと思って、電池室を探したのだが。

「これは今日、入ったんですよ。」

顔見知りの店員が言うのだ。ちなみに、これはECじゃないよ。

「そうなんですか。詳しい人が壊れているって言っていたのですが。」

そうなの?このカメラは遮光版があれば空シャッターが切れるんだけどねえ。

「これですか?」

っと、奥の引き出しから出すのだ。おお、有るんじゃン。フィルムバックをはずすと、ほらシャッターが切れた。見たところ、壊れているとも思えないのだが。て言うか、さっき引き出しの中に、予備のフィルムバックとかルーペとかが見えたんだけど。全部出しちゃってよ。買うからさあ。全部でいくら?

「アクセサリー単体で出しても売れないから、全部で4500円でイイですよ。」

とおっしゃる。やはり、持つべきものは行きつけの「カメラのムラサキ」だなあ。

DSCN4530.jpg
と、言う次第で手に入れたのは下記の通り。

ブロニカS2(ひとまずシャッターが切れる)
ニッコール7.5cmF2.8
ニッコール200mmF4
フィルムバックx2
遮光版(ケース付き)
専用ルーペ
レンズフード
レンズキャップx2

ううむ、これが全てで5000円は安いなあ。ちなみに、こんなのも混ざっていたんだけど。

DSCN4531.jpg
サンパックのストロボのアクセサリーである。サンパックのストロボなんて、いくつも転がっているから該当があるかもしれないな。

帰還中、不意にカーCDを操作したら、妻が詰まらせて出てこなかったCDが出てきた。残念ながら、CDにディスクの回転軸が刺さったまま出てきたから、カーCDの方はダメなのだが、このCDは妻が図書館で借りてきたものなので、出てきただけでもありがたい。

DSCN4513.jpg
チョークを戻したらエンジンが止まる、というコンディションだったジェベル250XCも安定してアイドルするようになったので、今日はいい日だったなあ。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

08 « 2017/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR