亜熱帯ジャンクカメラ・オートバイサーフィン

ネットオークションのカメラ・レンズの相場を知り安く買って時には売ってホットな写真ライフを楽しもう。気分はもう亜熱帯! 追記:オートバイ(バイク)・ツーリングの話もあり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
DSCN3275.jpg
(偉大なる中華人民共和国製)

以前からドライブレコーダーは欲しかった。なんてったって三河の土着ドライバーは赤信号無視も一時停止無視も日常茶飯事だからな。拙僧のロードスターNA級ミサイル艇はともかく、妻が通勤で使うレガシイ級強襲揚陸艇にはドライブレコーダーはつけたかった。かなり逡巡したのだが、やっと重い腰を上げてアマゾンの人になる。

ちょっと高くても聞いたことのあるブランドにしたかったのだが、1~1.5万円のものが35~130万画素級の撮像素子だったりして実運用には躊躇した。実際に前の車のナンバープレートは鮮明に撮影してもらえなければ困る。とは言え、パナソニックのモノに手が届くわけではない。なので必然的に聞いたこともない中華ブランド物以外には選択肢はなくなった。そういう物件なら1万円も出すのは嫌だから、それ以下で使い物になるモノを探す。そこで値段と性能を比較した結果、「Skygenius」という未知のブランドをチョイスしたのである。価格は8000円+α。かなりの広角レンズを搭載し、レビューの動画で見る限り夜間でも、そこそこの認識能力があるようだった。もっとも、アマゾンのレビューというのも怪しくて、実際に買った方とアクティブレビュワーの方にメーカーが無料に配布した提灯記事があるようだ。それでも、この辺が価格的に妥当だと思われたのだ。

DSCN3276.jpg
(非常に簡素な梱包とマニアルがついてきた)

それで「Skygenius」だが、セラーが中華っぽかったので2週間は届かないと思っていたのだが、実際にはブツは1週間も経たないうちに届いた。レビューで指摘されていたように、GPSや速度記録などといったオプション機能は皆無だったが、拙僧はどこをどんなスピードで走ったかなんて全く記録してほしくないから構わない。肝心の記録機能は満足だった。なので、拙僧のロードスターNA級ミサイル艇にも同じものをつけようと考えたのだ。しかし、ここで拙僧は致命的なミスを犯してしまう。

アマゾンでは履歴が残るので、同じ「Skygenius」を選択した。前回と比べると500円ほど高かったのだが、そういうことはアマゾンではよくあることなので気にしなかった。しかし、それは後にひどく後悔することになる。ブツはアマゾンで購入ボタンを押下して1週間経っても10日経っても全く届かなかった。流石におかしいとアマゾンの購入履歴を見ると発送が4/18で到着が5/2と書いてあった。4/18といえば注文から1週間以上経っている。隣の中華から発送すると思っていた拙僧は混乱した。そして気づいたのだ。ブツは同じだったがセラーが別だったのだ。拙僧はロクに確認もせず、同じものだろうと別のセラーの出品物を注文してしまったのだ。すごく嫌な予感がしたのだが、それでも5/2まで待つことにしたのだ。

PAP_0003.jpg
(モノのクオリティは満足している)

案の定、5/2にブツは届かなかった。拙僧はクレームのメッセージをセラーに送ったのだ。日本語と英語でだ。それで、返信がスグに返ってくるとは思わなかったのだが、意外に返信はあっさりと来た。そこには若干怪しい日本語で「GWのために発送が遅れます」というような内容だった。拙僧は怒っていたので「日本ではGWでも郵便局は配達をする」とクレームを返信したのだ。この時はてっきりセラーも中華だと思っていたので、日本語と英語と中国語でメッセージを投げた。しかし、事態は予想以上に複雑になる。

突然、郵便局から電話が来たのだ。なんでもオランダから拙僧の駐屯地の電話番号だけが書かれた小包が届いたというのだ。最初のオペレータは拙僧の名前と住所を伝えたら届けてくれるようなことを言っていたのだが、オペレータが変わるとインボイスに名前が書かれていない以上、届けることはできずオランダに送り返すといってきたのだ。拙僧の怒りは頂点に達し、郵便局に対して怒鳴り散らすことになる。しかし、怒りは郵便局員に伝えても仕方がない。問題はダッチのセラーだ。すぐに怒りのメッセージをダッチ野郎に送った。お前のミスで私が買ったアイテムが届かない。このままではアイテムはダッチに戻ってしまう。お前は1/18にアイテムを発送したと伝えたが、実際には発送は4/28になっている。お前は嘘をついた。私は非常に怒っている。

ダッチ野郎は女性名を名乗っていたがフィクションだろう。難しい日本語ははぐらかされるかもしれないから簡潔な日本語と英語でメッセージは送った。多分、英語の併記が相手を弱気にさせたのか、「中国から直接送るから1週間待ってくれ」という返信が返ってきた。怒りはまだ収まらない。今度は郵便局にクレームを言う番だ。さっきの電話では満足な答えが得られない以上、30分おきに電話すると言ったからな。さっきの電話でも「担当者から連絡します」なんて言っていたから1時間でも2時間でも待っているから電話を切るなと言っておいたのだ。逃げるように切られたからきっちり30分おきにサポートダイヤルに電話をした。詳細は略すが結論から言うとブツは無事に拙僧の駐屯地に届いた。郵便局にもクレームラインがあるのだろう。配達員は恐縮していたが、別にブツさえ届けば拙僧は文句はない。問題はダッチの蛆虫野郎だ。

ダッチに怒りのメッセージを送った。私は全ての日本人にあなたの不誠実な商売を報告しなければならない。I must find you、call you、haul you。不思議とダッチ野郎は弱気になって謝罪し返金の申し出をした。本当に返金するかは怪しいものだったが、ひとまずブツは届いたので謝罪を受け入れる返信を投げた。

しかし、話はこれで終わらなかった。数日後、ダッチのナメクジ野郎から「あなたの買ったアイテムが返送される。あなたに直接電話をしていいか。」などと、返金のことなど忘れたようなメッセージが届いた。拙僧の怒りは再沸騰した。私は怒っている。あなたは何度も嘘をついた。あなたは私と全ての日本人に誠実な商売をしなければならない。実際にはもっと激しい表現だったが、ちょっとここでは書くことができない。ダッチは今度こそ弱気になって本当に返金の手続きをした。

ネット通販ではあり得る話だろう。多分、少なくない日本人は泣き寝入りしちゃうんじゃないかな。しかし、クレームは頑として伝えなければならない。それは外国人に対しても日本の郵便局に対してもだ。
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

このページのトップへ
Pict0029.jpg
(早いもので5年目の付き合いになるロードスターNA8”AT”)

先日、ユーノスロードスターNA8の2度目の車検を通した。
前回の車検でタイヤを交換したから今回の車検はそれ程高くつかないと思っていたのだが、結局13万円強もかかってしまった。
妻の顔が引きつるぜよ。

DSCN2797.jpg
(税金が高いよなあ)

拙僧はロードスター専門店で中古を購入し、メンテナンスもそこで行っている。メンテナンスと言っても車検くらいしか世話にならないけど。
その車検代が中々の痛手である。その店はワコーズのオイルを使っているし、作業も安心できるので高いとは思わないのだが、実際に数字に直面するとビビるよな。妻も、ロードスターNA8が今では代えがたい四ツ輪だと認識しており、保守メンテナンスにそれなりのお金がかかるのは了承してくれているのだが、実際に明細を見ると、やっぱり顔が曇るのだ。

でもロードスターNAというのは特別な車だし、最近では中古価格が底をついてまた高くなっているようだ。マウントアダプターでMFレンズが高くなっているようなものだろうか。

拙僧の個体はATだし、探すと少ない。何しろ、絶好調なので良いコンディションを維持したいものだ。

Pict0030.jpg
(工賃込みで7000円也)

それはそれとして、妻に内緒でリアキャリアをつけてしまったりして、火に油を注いでしまうのだが。

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ
P1020682.jpg
(まだ納車当初のレガシイの雄姿)

師団長兼妻のレガシイ級通勤強襲揚陸艇が8年落ちとなった。妻の会社の試験車両落ちの中古で5万kmは走っていない物件を60万円くらいで購入。4WDで2lのDOHC16Vターボ260馬力は拙僧の師団では出来過ぎたもので、100馬力くらい低くてイイからレギュラーガソリンにしてほしかったと思う程だった。早々に室内灯が付かないとかパワーウィンドウが息継ぎをするとか諸般の問題が発生したが、拙僧夫婦は頭がザルなので「ふーん、そうか」という程度で直すつもりは毛頭なかった。

ところが、そろそろレガシイも8年落ちである。最近ではハザードランプのスイッチの樹脂基部が破損するなど、なにかと稼働に心配を感じるようになった。折りしも来年は消費税が10%に引き上げとなると聞く。なので、装備更新計画が実体化したのだっが。

IMG_5206.jpg
(砕けた樹脂製のハザードランプ基部をクッションテープでやっつけ対応)

当初は中古のレクサスCT200にしようと思っていたのだが、レクサスと聞くと「レクサス!今すぐ買っちゃいなよ買っちゃいなよ!」と、ハアハアする連中がいるのに霹靂して嫌になった。田舎もんにハアハアしながら眺められるのは嫌だしな。そこでトヨタのハリヤーかマツダのアテンザにターゲットを絞る。そこで、まずはハリヤーに試乗することにした。

「ハンドル軽いでしょ、静かでしょ。」

最初に試乗した妻は、ディーラーの営業マンのトークとは裏腹に渋い表情である。次に拙僧が試乗する。確かにハンドルは軽い。しかし、路面状況をダイレクトに感じられず不安だなあ。営業マンは「静かだ」と連呼するのだが、それほど静かか?致命的なのは路面のギャップを踏んだ時で、レガシイと同じくらいの衝撃を感じる。いや、レガシイは低重心で足回りもしっかりしているから、比べるとハッキリ言ってふわふわして不愉快だ。これで430万円。高いね。430万円を払った幸せ感が全くない。

妻も概ね同意見だ。走りはレガシイの方が遥かにイイ。それに妻はちょいちょい役員と一緒にクラウンに乗ったりするから、「静か」という基準はクラウンなのだ。無いねハリヤーは。

考えてみたらハリヤーのプラットフォームはカローラと大して変わらないのだ。金がかかっているのは上物だけという事だろう。
例えハイオクガソリンが値上がりしても、当面はレガシイからの装備更新は無いなあ。

DSC_0019.jpg
(まだ、壊れていないコンソールパネル。リッター6kmってのが泣けるなあ)

一方でスバルのディーラーにも行ってみた。要件はコンソールパネルの修理代の見積とコンピューター系のチェックだったのだが、折角なのでスバルのクルマも見せてもらったのだ。スバルのラインナップは少ないから試乗車はレボーグとフォレスターとXVだけだった。試しにシートに座ってみるとイイ感じなのである。妻も好感触だった。折角なので試乗をしてみる。サイズ的にXVがスイートに思えてXVだけ試乗した。

試乗したXVはハイブリットである。スバルのハイブリットは燃費というよりも低速時のモーターによるアシストに重きを置いているらしい。なのでガソリン車がリッター16kmなのに対し、ハイブリット車はリッター20km。これはトヨタやホンダのハイブリットよりも押さえ目な数字だろう。
しかし、乗ってみるとイイ感じなのである。XVという車は知らなかったが、要するに2lのインプレッサの車高を上げてSUV感覚にしたものらしい。確かに視点が高いので運転しやすい。とにかく、好感触だったのは接地感があるのだ。確かにハンドルは重いがロードインフォメーションをちゃんと伝える。エンジンノイズは大きいが回転数が分かりやすい。ギャップを拾っても低重心で安定性が高い。確かに150馬力だからレガシイの260馬力に比べると遅いのだが、拙僧夫婦には十分だ。妻も概ね同意見である。これで乗り出しが300万円ちょっと。安いねえ。

妻もかなりノル気だったのが、今回は控えることにした。何しろ北海道ツーリングに行ったばかりだし、来年は妻が甥と姪を連れてバンクーバに行くしな。2~3年以内に北海道を10日間くらい妻とオープンカーで旅をしたい。妻には内緒だが単車の修理代やキャンプ用品で様々な出費をしている。とにかく入用なのだ。

XVは魅力的だが当面はレガシイの運用が続くなあ。でも、何か重大な故障があったらXVは最有力候補だ。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ
Dsc03552.jpg
(写真だけでもクタビれ具合とIQのなだらかさが伝わってくるな)

NA8AT(’96)の車検がやってきました。2年というのはあっという間ですね。走行距離は6000km位ですから、殆ど下駄ですね。

DSC03535.jpg
(なんでこの位置にサブスピーカーなのかねえ)

拙僧が買ったのは三河のロードスター専門店なんですが、代車を無料で貸してくれるっていうんで、何を貸してくれるか聞いたんですよね。そしたら、何かしらのロードスターを貸してくれるっていうんですよ。なので1.6LのMTを用意してくれっていたんですが、本当に用意してくれたんですよね。個体は拙僧の好みにストライクするヤレた物件で更にいい気分ですわ。なので、ちょっと流してきました。いや、拙僧の腕ですから大したスピードは出していないですよ。そもそも、数値的なスピードを楽しむ四ツ輪ではないでしょう。拙僧はかつてホンダのビートに乗っていたので、それとの比較になります。

Dsc03548.jpg
(この角度のNAってのも気が抜けてイイ感じだなあ)

個体は平成2年式って言いますから、初期のタイプですか。拙僧はロードスターのサブタイプとかほとんど知らないので特定はできません。色はブルーなんですが塗り直したような気がします。ボディラインに怪しい点があるので、板金したかボディ回りに大掛かりなスワップをしたのかもしれないですね。エンジンは大丈夫のようです。ミッションも形式の割には悪くないのではないでしょうか。1速と2速の変更が硬いのが最初は気になったのですが、90年代のMT車のミッションはこんなものだった気がします。サスペンションは純正で、それなりヘタっていますが、拙僧のNA8よりはマシですね。妻もそう言っています。エンジンルームにバーを追加していますが、純正なのかどうかは分かりません。それなりに効果はありそうです。プラグコートが赤で「ULTRA POWER SLICONE IGNITION WIR・・・」と書いてあるんですが、大した代物なのでしょうか。これは抜いてみないと分からないですね。拙僧のNA8にはスプリットファイアのプラグコードが付いていて、ロードスター屋には本当にスプリットファイアがついていたか教えてくれって言ってあるんですが。アルミホイール(多分)は6本スポークで純正じゃないですね。「INTER MILAND」ってブランド(メーカー?)なんですが、お値打ちのクラスのようですね。有名国産メーカーにホイールを一次納入している妻から言わせると辛辣な評価をするか相手にしないでしょうね。マフラーも交換しています。そこそこイイ音がしますよ。ハードトップがついていますが、個人的にはこの種の四ツ輪でハードトップをつけるくらいなら、同じ価格で他の選択肢があると思いますね。経験はしてみる物なので、その点ではちょっと得した気分です。インテリア系も手が入っているのですが、ドアに付けたサブスピーカー位置がダメで、膝が当たって壊しちゃうような残念なポリシーです。前のオーナーが相当に足が短かったのかなあ。ペダルにプレートを張り付けてあるのは、シフトチェンジの時にブレーキングしながらアクセルを踏む様なテクニック(?)の為ですかねえ。足の位置をチェックしておかないと、制動時にアクセルを誤操作してしまって不愉快ですね。クラッチを踏んでいるから大丈夫なのですが、精神衛生的にいやな感じです。

DSC03567.jpg
(このペダルのプレートも足の幅が小さいと問題ないのだろうか)

コースは「R248を大樹寺で右折して県道からR301に出てからコンビニの先の交差点を左折して、旧い銀行(?)の建屋がある三叉路を右折してから左折して広域農道を登った」といえばお好きな方はご存じだと思います。

DSC03541.jpg
(シンプルなエンジンルームが好ましい)

拙僧のNA8は割ともっさりした四ツ輪で、そこが気に入っているのですが、もっさり感はATだからだと思っていたんですよね。なので1.6LとはいえMTはきびきび走るもんだと思っていました。結論から言うと、総合的にはATが顕著にMTよりも顕著に遅いということは無いですね。勿論、「速さ」という概念によって評価は分かれるでしょう。確かにシグナルダッシュで3速3000回転までの加速は明らかにMTの方が速いです。しかし、半日程度の工程でツーリングを想定した場合、MTでは必須となる集中力がATでは不要になり、疲労を感じずにコンスタントに走れる気がします。アベレージは大した差にはならないでしょう。ただ、ATの4速は3速とかなり離れているので、ATポジションを3速を上限にするとか工夫は必要でしょうね。

DSC03564.jpg
(このタイヤはハッキリ言って怖いですよ)

それでMTがツマラナイかというと、そんなことは全くないですね。理想的なギアポジションの加速とサウンドは官能的であります。ただ、3速でそこそこイイ音だなあと思ってスピードメーターを見ても50km/hくらいを指していますね。これはユーノスロードスターNAの欠点ではなく、スイートな点だと思います。ハンドリングでネガティブを感じるような走りはしなかったのですが、概ね従順ですね。Gを感じながら3速3000回転からの加速をしながらコーナーを処理してもみましたが、人間の腕以上の問題は感じなかったですね。ただ、タイヤのコンデョションがかなり悪かったので、コーナーで4000回転以上を回すのは怖かったですね。何かしらの入力があった訳ではないのですが、ビビりリミッターです。入力と言えばサスペンションがヘタっているので、ダイレクトにギャップを拾うのですが車体がちゃんと吸収しますね。ビートだったら、どこかしらがミシっというところです。ビートと比べてもアレですけど。単純に走りならビートの方が楽しいですね。スピードは大した物でないですが、サウンドやバイブレーション、或いはタイヤやハンドルからの入力系のトーンが官能的です。しかし、ビートは何かと無理がある四ツ輪なので2014年の現在だとシンドイですね。本当に新城みたいな田舎に住んでいて、片側2車線の幹線道に出ないのなら素敵ですが、縦横無尽に暴走重トラックが蔓延する幹線道も走らなければならないとなると、ビートだと不安です。環境因子は兎も角としても、拙僧はNA8を20年は乗るつもりなのですがビートだと、工業製品の寿命的に難しいと思います。不可能ではないでしょうけど。

DSC03549.jpg
(ユーノスロードスターのナンバーはこの位置ですよね)

MTが素晴らしいなと思ったのは下りですね。理想的なエンジンブレーキを選択できるのはATでは不可能な芸当です。この種のライトウェイトスポーツ(としては若干重いか?)の官能はヒルクライムだと思っていたのですが、本当にパフォーマンスを感じるのはダウンヒルと言う気がします。本当に走ろうとしたらブレーキに手を入れるでしょうね。その気が無くてもパットをリッチにしたくらいで効き具合がダイレクトになるなら換えますね。平地を走っていてもブレーキはちょっと不満です。デザインがプアだと思っているわけではないのですが、拙僧の感覚だとちょっと足りないですね。NA8も足りないと思っているのですが、ここまで不安ではないですね。個体の問題でしょうか。ローターを強くしてエンジンルームとキャビンにシンプルな補強をしただけでも、イイ具合に走ると思いますね。軽量化とかパワーアップの必要は感じないです。何れにしろ首都高で限界走行するような四ツ輪ではないですし。拙僧が400cc4気筒16バルブの単車を転がしていた頃、正丸や奥多摩周回や箱根でそれなりに並走した走ったロードスターNAがいらっしゃいましたが、あの方は素晴らしい腕の持ち主でショウね。拙僧だったら、とても400ccマルチの単車には勝てないです。

DSC03537.jpg
(ハンドルのネームプレートもはげちゃってイイ具合に黄昏ている)

MTのNA6はとても楽しい四ツ輪でした。拙僧が車検毎にお借りするとしたら、こんなに素晴らしい四ツ輪は少ないですね。勿論、下駄にツーリングに常備するとしたら1.8LのATです。

DSC03565.jpg
(面取りが怪しい)

しかし、今回はパーフェクトにカメラと無関係ですな。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

Rikkie
  • Author: Rikkie
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

Rikkie

Author:Rikkie
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。